商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
93 記憶が輝き始めるとき




後残すは、つれづれだけ。いつも第一第三の水曜日の夜から木曜日の昼まではペロルのHPの文章を書くために費やす。でも子どものころからの性分か、やらなきゃいけないことがあると、ついつい違うものに手が伸びてしまう。というか、今は、どうしてもほかのすぐにやらなきゃいけない仕事があり、気がついたときには、いつもぎりぎり、というか時間オーバー。いったいいつになったら期限がきちんと守れるのだろう。と思ってしまう(皆さんのんびりマイペースで良いですね、って言っていただくのですが)。

室見川河畔の小さな公園のベンチに座りながら、いそいそと文章を書く。目の前には、お弁当を食べる5人のおじさんおばさんたち。頭の上には、桜の枝。つぼみはいよいよパンパンにはれはじめ、緊張がみなぎっている。もう梅は咲いた。冷たい風の間から差してくる日の光、それは、遠く過ぎ去ったさまざまな思いを呼び覚ます。空気も日増しに、心なしか張っているよう。中には少し酔った春の妖精たちが―春の酔い?花酔い−もう漂っている。・・・彼らがへんな夢を見させるんだ・・・

旅行の思いは遠くに過ぎ去りつつある。いや、私がこうして、日々の暮らしに没頭しているときも、この日差しに乗って、その思いが流れてくる。不思議なことだ。私がこうしている間に、私が出会った場所では、それぞれの営みが続けられていく・・・





不思議な日々だった。そう今思う。過ぎ去った日々は、あたかも遠くの山が途中の空気の層によって青く輝くように、時間という層を通して不思議な色に輝きだす。それは、あたかも印象が時間という私の心の空気を通して色づいているかのよう。いつだって今は、物質的過ぎて、リアルすぎて、皮をむかれた皮膚のように、あっけらかんとしている。

ノーザンライトを探して、戻る日。なんとなく、世界は悲しみに包まれていた。帰りの飛行機の中で、話した日本人は、最後の日にハッキリとオーロラを見たとのこと。私が諦めて、ホテルの部屋の中から、窓の外を眺めていたときだったんだろう。とたんに、後悔に変わる。残念さと口惜しさが押し寄せる。どうして、私は、メルヘンの小人さんの言うことを聞かなかったんだろうかって(こんなメルヘンあったっけ?探さなきゃ!)。「昼間は何をされていたんですか?」と聞かれ「仕事。」って答えた。相手の目が点になっていても、私の心、此処にあらず。

いつになってもそう。新たな出来事に対しては、今まで積み上げてきた経験がもろくも崩れ去る。そして経験の衣服の中に隠れていた、本当の自分が顔を出す。そして、気づく、いったい自分は、自分の何を鍛えてきたんだろうって。自分のどこが育ってきたんだろうって。そのときに相変わらず見え隠れするのは、小さいころから付き合ってきた自分の性分。傾向性。

まっ、いいか。新たなことを通して、自分の未発達のところを知るのは。少なくとも傲慢にはならないかもね。



一人だけの星空。真上に見える北極星。一人だけのオーロラ探し。凍った湖の上をずーっとずっーっと歩く。人の住む場所の上にかすかに輝く夜空。うーん、これって自分の傾向なんだろうなあ。一人で出会ってみたいと思うのは。

昼間、凍った川の上(端のほう)を歩きながら散歩。途中に、小学校らしきところで子供たちがたくさん遊んでいる。昼休みの時間なんだろう。手に手にそりを持って、小山のうえから滑り降りては歓声を上げる。ラップランドもこの九州も人の住む場所には違いない。それぞれ違う言葉を使いながら、お互いが理解しあっていることがとても不思議だと思う。当たり前のことだけど。

違うのは、朝の通勤時。朝食を食べる窓の外では、時折足けりの橇(二枚のスキーの板が固定され、手で支えるところがあり、足で蹴って進む−図がないとわかりにくいだろうな)

とスノーモービル。携帯は圏外、やっぱりラップランドは違う(実はペロルも圏外になることが・・・)。

やっと、ドイツ行きの飛行機の中。ヘルシンキまでの日本人の波はまた去って、フランクフルトまではまた一人。フランクフルト空港からニュルンベルクまでの列車は閑散としている。ドイツの誇るICE、新幹線、正確無比な列車が止まる。ただでさえ遅く着く列車が、夜の11時過ぎに到着。

前途多難だったなあ。


08.03.07    井手芳弘 ide@perol.net