商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第87回 たどり着いたらそこは残り火


今日は迎え火。いそいそと店を閉め、宅急便に荷物を届け、高速を飛ばしてやっとたどり着いた・・・

・・・そこは、残り火・・・



私を待っていたのは、

神社の鳥居と、社と、木々と

そしておきになった残り火。

・・・空には満天の星たち・・・

去年お話をした人々は家路についてしまった。

昨年聴いたお話を懐かしく思い出す。

ちょっぴり、いや、かなり、さびしーい



でも自分にも責任がある。

時間は気になっていたんだ。

たどり着いたときは、確かにここには赤々と焚き火の火が燃えてた。

でも、ほかを探したんだ。そこを通り過ぎて、どこか他に迎え火を焚いていないか。

一箇所は見つかったけれど、そこは煌々と電灯で照らされていたので敬遠。

ずっと走った。

ほのかな明かりと煙とそのにおいを探して

でも、見つからなかったんだ。

・・・どうして、どこも 迎え火をたいていないんだ?・・・

その代わり、時々闇の中に輝く、クリスマスイルミネーション。

まるで、スモールラスベガス

探し疲れて戻ってきたら、誰も居なかったってわけ。

誰もいなくったって仕方ないさ。自分の責任なんだから。





そのかわり、私を待っていたのは、

神社の鳥居と、社と、木々と

そしておきになった残り火。

・・・空には満天の星たち・・・

すべてはチョーー質素

でも、いつもそうだったんだ、そこの人たちが居なくなった後に一人残って二次会やってたし。それはそれで、望んでいたこと。

ただ、二次会から始まったから少し調子狂ったけれど、宴は(間違った祭りは最高潮)

祭りを見守るのは

神社の鳥居と、社と、木々と

そしておきになった残り火。

・・・空には満天の星たち・・・

そう忘れていた。地面の暖かさ(かなり熱い、靴底焼けそう)

空気はかなり冷え込んでいる

身をかがめ、残り火に手をかざす。

大地の暖かさと顔に当たる残り火のほのかな照り返し。そして、懐かしい香り。





どこを思い出すんだろう?

いつを思い出すんだろう?

それは、子供のときの風呂焚きのにおい?

大人たちがたてるペッタンペッタンという小気味いい音に目覚め

うきうきしながら丹前を着て蒸篭のところに腰をかけ、嗅いだ煙?

大学の時によく通った山小屋のストーブ?

ネパールでトレッキングしながら、嗅いだにおい?

・・・すべては過ぎ去っていった・・・

 

いかんいかん、感傷的になってしまった。



残り火のおかげで分かったことがある。

それは、どうして羊飼いが焚き火の前で眠っていた時に天使たちが現れたかということ。


どうしてかって、焚き火の壮観な炎では、そこに居る人たちや身近なものは見えるけれど、遠くの木々や田んぼや、そして、空に輝く星たちは敬遠して遠くで見守っているいるんだ。

そして、その背後に居る天使たちも。息を潜めて見守っている。

でもね、その炎がなくなり、おきになったとき、

木々はゆっくりと語り始め、星たちは空から降りてきて語り始めるんだ。もちろん、その背後に居る天使たちも。

 



・・・そこは、残り火・・・

私を待っていたのは、

神社の鳥居と、社と、木々と

そしておきになった残り火。

・・・空には満天の星たち・・・

そう忘れていた。地面の暖かさ

(かなり熱い、靴底焼けそう)


07.12.07    井手芳弘 ide@perol.net