商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第83回 ウサギたちの驚き 後編




どれだけの時間がたったでしょうか。真夜中のように真っ暗となった空の下で、ウサギたちは右往左往しています。いつもの夜ならば青白い光に満たされるのですが、このときはオレンジ色の不気味な色が月面一帯を覆っているのでウサギたちの狼狽もひとしおです。

「ああ、なんてこった、おしまいだ、太陽が消えてしまった。」と絶望するウサギ。ああ、「あの時、こんな暑い太陽なんて消えちまえばいい。なんて言わなければよかった。」と後悔するウサギ。「お前が仕事をサボりすぎたから神様が怒って世界を終わらせたのだ。」とほかのウサギを攻めるウサギ。恐怖に恐れおののき、ただひれ伏しているウサギ。もうおしまいだ、とばかりに今搗いたばかりの団子を口の中にたらふく詰め込み苦しんでいるウサギ。「ああ不思議だ、不思議な光景だ。」と大喜びしてそこらを歩き回っているウサギ。

そのとき子供のウサギがいいました。「おじいちゃんがいない。」ほかのウサギたちもそれに気づいて、「そうだ長老がいないじゃないか。」と口々に言いました。そして、「長老に聞けば何かわかるかもしれない。」と歩き回っていたウサギが言うと、みんなで長老を探しました。




ウサギたちは洞穴の入り口のところで静かにたたずんでいた長老ウサギを見つけると「これは一帯どうしたことだろう。」と聞きました。「この後世界がどうなるのか知りたい。」とも言いました。

長老はそれを聞いて、静かに言いました。「これは日食というものだ。なんでも、あの青い地球に太陽が食べられてしまうそうだ。しかし心配することはない。太陽は地球に食べられた後すぐにまた出てくるからの。」と言い、みんなを安心させてくれました。

「そうさなあ、あれは40団子(1団子は月の一日の単位で、地球の時間にすると約一月)ほど前のことになるかのう。」「今日と同じように、真っ暗になってのう、オレンジ色の地球のリングができたんだ。わしも若かったからそりゃあ、ぶったまげたもんだ。」

それを聞いて、ウサギたちの中から安堵した歓声があがりました。そして口々に「よかった、よかった。」という声が上がりました。





「そう。」「わしゃ見てみたいものがあるんじゃよ。」長老は続けました。「あの知恵の谷に書き記されていたことなんじゃが・・・」

知恵の谷とは伝説の谷で、長老に選ばれたものだけがいくことのできる谷です。ほかのウサギたちはその存在があることさえ知りませんでしたので、話を聞いてとても驚きました。

そこは高い崖に周りを囲まれ誰一人としてその中に入ることができない谷なのです。
そこには、長老になったときに一度訪れることが許されるところで、谷底の砂地には代々書き続けられた文字が整然と並んでいました。月の表面では、時折小さな地震がある以外は、雨も降らなければ風も吹かないので、一度書いた文字は消えずにずっと残り続けるのです。

しかし、ウサギが歩けばすぐに消えてしまうので、文章の間にはきちんと道が作られていて、そこを辿ってさまざまな文章と出会うことができるのです。その文章は長老交代のときに二度目に訪れたときに、それぞれの長老が自分の経験の中でとても大切な一文を書き記すことが許されるものです。

「その中に、満地球にことが書いてあってな、煌々と青く輝く満地球に突如真っ黒な丸い怪物が現れてゆっくりとその上を歩いていくのだそうな。」「もしあの地球に生き物が住んでいるとしたらさぞかし驚くだろうて。」「あの青い地球になんか生き物が住んでいるなんて迷信だ。」と一羽のウサギが叫びました。

そうこうしているうちに、オレンジのわっかだった地球が再び虹色の輪に変わり明るく輝くオレンジ色の部分から眩い太陽が顔を出したとたんに、辺りは一瞬に昼間の世界に変化しました。ウサギたちは歓声を上げ、また洞穴の仕事場に戻っていきました。

後には、一匹のウサギが、消えてしまった地球のわっかを一生懸命に探していました。


おわり


07.10.05    井手芳弘 ide@perol.net