商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第81回 風呂敷の空




前回直島の自己研修について書く、と言っていましたが、そうこうするうちに美しい月食が現れ気持ちはすっかりそちらのほうに奪われています。

とりあえず、直島での体験の報告をします。

前回訪れたときは、南寺という安藤忠雄氏が設計した建物の中にジェームス・タレルが作った暗闇の世界にほのかに輝く体験をしました。そのときには、光を求めるということが、これほど根源的な懐かしい体験で、心を打つものなのか、と驚きとともに深い体験をしました。それは、まさにイニシエーション(成人式、元服式、秘儀参入などと訳される)と言う言葉にふさわしい体験でした。今回再度訪れて体験したのですが、残念ながら前回のような体験ができませんでした。たぶん、人が多かったこと、そこのガイドの説明に従ったからだと思います。たぶん、前回のような体験ができたのは、ある意味幸運だったのだ、という事がわかりました。(体験の内容に関して詳しいことは述べません、それは、これから訪れる方に、何かを探すという行為を奪ってしまうからです。

今回訪れたのは、地中美術館です。

こうやって書きながら、前回訪れたときもすでに地中美術館はあったのではないか、と言う気がしてきています。

そこには、ジェームスタレルの作品が三つ、モネの大作が一部屋に三つ、それに、もう一人の作家の大きな一部屋を占める作品が一つありました。

もちろん目的はただ一つジェームスタレルの作品です。本来、いろんなことに気が散る好奇心旺盛な私が、ジェームスタレルだけでいい、と思い切るのはかなりの惚れ込みようだ、とつくづく感心してしまいます。でも、それだけのものがそこにあるんですよね。

残念ながら、光の館とは違って全館撮影禁止なので写真をお見せすることはできません。

さて、一つは、壁の角に投影された光が立体的な直方体、もしくは立方体(サイコロの形)に見える、というもの。もう一つは8名ずつ入ることのできる、大きな青い光に満ちた空で(そこに入るときは入り口に青い壁があるように錯覚してしまいます)、中に入ると、さらにおくに青い壁があるけれども、実際は壁ではなくその先に空間が広がっていると言うもの。

さらには、光の館の構造と同じように、天井に四角い穴が開いたコンクリートの部屋。「この下に光の館のように畳が敷いてあればもっとくつろげるのだけど。」と、ついつい光の館をひいきしてしまう私です。ただ、利点は、雨が降っても開き続けているので、天気に関係なく空を眺められること、それと、昼間、好きなだけそこに居続けて観察をすることができることです。何度見たことだろう、この四角い開口を。
しかし、ずっと気になっていたこと、それは風呂敷現象(?)。そう、光の館を体験した誰もが感じる、四角い窓、というよりも、天井に青い、もしくは紫の風呂敷がはられているように見える現象。





しかし、今回は雲のたくさんある、さらには彩雲までたち現れている昼間の空。風呂敷がスクリーンに進化して、そこに空が映っているように見えていました。

なぜ、風呂敷、いやスクリーンのように見えてしまうのか。このことが気になりだし、長いこと考えました。四角い開口部の縁がとても薄いのは一因しています。なぜだろう、なぜだろう、と考えた挙句、はたと気がつきました。



<この空が平面だと言うことに気がついていなかったのです。>



私たちは、400m以上先にある対象物に関しては、立体視できない、つまり平面に見えていると言うことを、ことあるごとに、人々にさんざん言っていたのに、別の現象になると、まったくお手上げです。

「そうか、この切り取られた窓から見えているものは、立体感のある空ではなく、ほんとうは平面の空なんだ。空に奥行きがあるように見えている、ということは実は頭で作り出したことなんだ。だから、平面のスクリーンのように見えてしまうのだ。」

不思議な感覚の謎が解けた喜びとともに、今度は、空は平面なのになぜ立体としての実感を感じるのだろう、と今度はそちらのほうが不思議になってしまいました。



うーん、やっぱりタレルはたくさんのことを考えさせてくれる。





想像することの中には、実際にはそこに存在しているけれども見えないことを想像すること、それと実際にはそこに存在していないことを勝手に想像することの二つがあるんだよ。このことをはっきりとわかっておいてほしい。

できれば、私は、実際にはそこに存在しているけれども見えないことをたくさん想像できるようになりたいのさ。


07.09.07    井手芳弘 ide@perol.net