商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第72回 ライアの講座




先日ヴァイラー(東福)先生のライアの講座があったことは巻頭言にも書きました。参加されている方にお聞きしたのですが、ライアという楽器に出会ったことでさらにいろいろな方たちとの出会いがあったと言われました。本来なら出会えないはずの人たちと、ライアが結び付けてくれたそうです。もちろん、さまざまな体験もされたことだと思います。

ライアを演奏した途端に、それまで騒がしかった場が水を打ったように静まり、その音に耳を傾けてくれたり、本来童謡を歌うはずのない人たちがライアの音にあわせて一緒になって歌ってくれたそうです。

ペロルでライアを買っていただく方たちも、いろいろな思いを持って購入していただきます。それぞれに、ライアを自分の子供のように感じながら大切にしていただいているのを感じます。もちろんほかの楽器に関しても同じような話を聞きますが、ライアに関してはなぜかその結びつきが強いように感じるのは気のせいなのでしょうか。

もともとライアは療法用の楽器として生み出されたらしいのですが、やはり人との何か深いかかわりがあるのだろうか、と思ってしまいます。

私自身も、この楽器に出会ったことで、さまざまな人と深いかかわりが生まれたようでとてもうれしく思います。特に、ザーレムのニーだー氏の出会いはとても大きいものでした。

単に楽器を作っている、という以上にさまざまな深いものを与えてもらえている気がします。

さて、BBSでもお問い合わせがありましたので、今回のヴァイラーさんの講座について簡単にレポートしていきたいと思います。私自身主催者だったのと、店の仕事もあったので、出たり入ったりして、きちんと体験できていないのですが、わかる範囲で書いていきたいと思います。

とても温和な中にドイツ仕込みのしっかりしたした芯と豊富な実践を持たれているヴァイラーさんは参加者の皆さんの中に言葉と気持ちがしみこんでいくようにとてもゆっくりとしたテンポで話をされます。しかし、経験されたお話を淡々と語られる中にはとても深いものを感じます。

まず最初にいくつかの音をつかって演奏をされて、その音がどのような印象を与えるのかを皆さんに問いかけられました。そして、それにある音を加えることによってどのように印象が変わっていくのか、をみんなで体験しました。それから、最初の音の集まりが水星の音階と呼ばれているもので、後で音を付け加えることによってペンタトニック(五度の響き)と呼ばれているものであることを話され、特定の音を使うことで私たちの心がどのように感じるのか、を体験させていただきました。このことを利用してたとえば人が亡くなられるときにどのようにライア音楽で付き添うのかの話を昨年に引き続きされました。

それから、その音の連なりを使ってハミングしたり、二声に分かれてハーモニーを作ったりしました。実際に声を出して響きを体験する中で、参加者の方々は深い体験を味わわれたようでした。



午後のライアレッスンでは、初心者の方のレッスンをヴァイラーさんの提案で急遽1時間早めに始めることにして、先生独特の手首を落とすやり方や、ライアの裏側からの左手を入れての音階の練習など、初歩の練習をみっちりしました。彼女のやり方で皆さんがライアをかき鳴らすと、ヴァイラーさんの言葉で、「空気の音から水の音になる」力強い音がラウムに響き渡りました。その練習から、即興で音を出す練習に移り、経験者の方は即興で伴奏をすることを許され、それは美しい響きが生まれました。

その後、経験者の時間が設けられ、初心者は後ろで聞くことになりました。

最後に、参加者の皆さんからいろんな病気のケースを出すように言われ、それぞれのケースについてとても深い内容のやり取りがありました。

とりあえず、ラウムでの講座はざっとこのようなものだったのですが、あらすじを追ったのではやはりそこでの体験をお伝えできないのは残念です。

それぞれに、深い体験を持って帰られた感じがありました。

店のほうからさまざまな調弦をしたボルドゥンライアを講座会場に送りました。これを使ってどのような体験が導き出されるか、とても興味のあるところです。

最後に植物の新芽のオイリュトミーをお届けします。





オー アー かな?


07.04.20    井手芳弘 ide@perol.net