商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第67回 何とか間に合った!(?)


何とか間に合いました(アムステルダム行きの飛行機)。乗客の最後の最後に、書きかけのマイレージ登録用紙を手にしながら、側で「後7名です。」という言葉に安堵を感じながらやっとの思いで乗り込みました。本来白鳥のように<飛ぶ鳥跡を濁さず>、あ、間違えました。<掻く足姿を見せず(?)>で行きたいのですが、時々足が見えてしまいます。・・・ あ、すみません、いつも見えているようです。それに、白鳥じゃなく、アヒルです、はい。

窓の外には気がつくとまん丸のお月様が先ほどからずっと翼の先にとどまりながら私たちを見守ってくれています。いや、私と書きたくなってしまいます。だって、お月様をこんなに意識しているのは私以外にいない、と自負しているからです。これって、アイドルに熱中しているファンの心理なのでしょうか。<キャー! ツッキーったら私だけ見てる!!>

私は、動かなくなった一眼レフのデジカメをあきらめ、おもむろに携帯を取り出し(もちろんオフラインモードです)カシャッ、カシャッと撮りまくっています。



先ほどはお月様の下に雲が海のように立ち込め、その中にできた幾層にも重なった細かい紫色の筋が信じられないスピードで遠ざかっていました。このような光景を見ることがないのでとても幻想的に感じます。今は、現地時間で昼の2時なのにお日様が沈んでいます。下に広がる広大なシベリアの北の大地の人たちはずっとこの太陽のない夕暮れの状態の元で暮らしているんだな、と考えてしまいます。太陽がどこに隠れているかは低く出ている満月のお月様が教えてくれています。このように満月に寄り添ってもらったのは久方ぶりです。

その前はちょうどMondknoten(地球から見て月の軌道と太陽の軌道が重なる周期)に近い37歳ぐらいのころだったかと思います。あのときは、台風を飛び越えて、東京から福岡に飛んだときでした。中秋の名月のときで、那須のみふじ幼稚園で講演をした後の満月の夜、中秋の名月の意味について、今まで学んだことが結びついて、自分なりに一つの深い理解に達したときでした。その後もその意識は続き、とうとう飛行機の中で、自分がある転機を迎えたことを実感したしだいでした。人生は折り返された、今から自分は変わっていく。月は祝福するかのようにあたりの雲や飛行機の翼を照らしていました。私は、お祝いとばかりに、白ワインを注文し、密かに一人でお祝いをしました。ついついこのことを思い出してしまいました。

今回は大きな転機が訪れているわけではなく、日々、教室と店の業務に追い回されただ、ばたばたと過ぎているだけなのですが、あのとき(前回の満月との出会い)にまかれた種は着実に育っていて、今は旧暦遊びの真っ最中です。昔の人がどのように正月を体験したのだろうか、ということを感じたくて、今日は旧暦ではまだ12月15日、銀鏡(しろみ)神社では煌々と輝く満月の登場とともに神楽が始まり、月が隠れるとともに終わっていただろうし、筑後川では川で禊をした人たちがしめ縄を締めて、お正月の準備をしているころだろう、と考えてみるわけです(今の12月より水につかるのが寒かっただろうな)。暦がなくても、お月様を見ていると大体何日ごろかがわかるので、とても便利です。ただ、正月が来てしまったのに、師走のあわただしさを感じ、来るべきお正月を待ち望むような気持ちに自分を持っていくのにはかなりの集中力が必要です。めまいがして少し吐き気を催しそうです。

もうすぐしたら、大晦日に向けて月が欠け始め、完全に姿を消した時に、鬼やらいや鬼火焚きなどの鬼払いが松明のパチパチと弾ける音と舞い上がる火の粉で行われていたのでしょう。そう考えているうちに、鬼に投げつける煎った豆が火の粉に感じ始めました。

そうしていて感じたことですが、どう考えてみてもお日様の光の質は今のお正月の前に新たに変わってしまっています。どう考えても、新たな光という意味ではすでに変わっています。昔の人たちは何をして、新年と感じていたのか、これはまだ謎です。きっと何か深い訳でもあるのでしょう。もうしばらく、様子を見てみましょう、この満月がなくなってしまうまで。

ふと、感じました。月って満月のときだけお月様と呼びたくなるのを。自分に語りかけられる気がするのは満月の時だ、ということに今ふと気がつきました。なぜなのでしょう。また、わからないことが増えてしまいました。でも、いずれにせよ、見守られている感じは悪くないな、と思います。



これは、ある子供が教室のときに書いてくれた絵で、私の小冊子の挿絵にもなっています。


07.02.05    井手芳弘 ide@perol.net