商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第63回 影と地平線




私は中学生や高校生の子供たちと遠近法で影を描くことをよくやります。

学校でも中学生ぐらいのときに美術の時間に遠近法を使って物を描くことを学ぶのではないでしょうか。私も中学のとき、学校の校舎を遠近法で描いたように思います。そのときに、地面にみずたまりを作って、みずたまりにどのように校舎が映るかまで描いていたように思います。今考えると、なかなかこだわった子供だったのだな、結構偏屈だったし、と思います。そのときに描いたものがちゃんと理にかなっているか見てみたい気もします。

ただ、私の遠近法はそこで終わってしまっていました。もちろん、一点透視、二点透視、三点透視なんてことも分かっていましたが、やはりそれ以上のものではありませんでした。

ドイツの教員養成ゼミナールの美術の白黒画の時間に先生が物を見ないで湯飲みのようなものを描きました。まさに湯のみだったのです。なぜ湯のみなのか・・・?今考えると不思議です。ドイツに湯飲みはないように思うのですが。やはりあれは湯飲みでした。湯飲みが描きやすかったのか・・・?

それはさておき、最初は何を描いているのか分からなかったので、とても不思議な感じでした。しかしそれに影が描きこまれたときそれはまさに目の前にある湯飲みに変身したのです。これはかなり大きな驚きでした。そう、コロンブスが新大陸を発見したくらいの驚きでした。今まで白黒画というと、石膏像を見て、それを克明に再現することしか知りませんでした。よりそこにある物そっくりに描くか、ということをやり続けてきたのです。そこからは、対象物を見ないで描き出していくことなんか思いもつかないことでした。

知らないことだらけでした。絵に描かれた湯飲みの口の楕円形(なんと円を横から見ると楕円形なんだ、ということもこのとき初めて気がついたことでした。高校で楕円の公式なんてやっているのに、そして、その影は、どこから光が射そうと、床、もしくは平面の台の上にできる影は、どこに出来ようとその口の楕円形の形そのまま移されていく、というものでした。とにかく、絵という二次元の世界の中で三次元の光の関係性を正確に描くことが出来るということは私を夢中にさせました。それから、数学や作図の本を探し出して自主練が始まりました。いろんな角度で射す光といろんな形のものに出来る影、球の影はどのように出来るのか??など、いろいろトライしました。今まで勘と感覚に頼って描いていたものが、しっかりと辻褄を持って描けるようになったのです。これは考えてみれば、論理的思考作業と芸術的表現の融合でもあります。思えば、このとき初めて自分の学びが始まったように思います。

しかし、日が傾くと湯のみの影が遠くに伸びていく、太陽がほとんど地平線上に沈むようになると、影は永遠に伸びていく、でもその頭のところにはやはりあの楕円の形を残している、というイメージが時々私の頭にフラッシュバックのようによみがえってきて、頭から離れませんでした。このころから知らず知らずのうちに変なところに足を突っ込んでしまったのかもしれません。

えっつ?写真の説明、ああそうだっけ。

ここはよくいく前回の海面の写真をとった場所です。朝方太陽がまだ低い位置にあるときに欄干の影が地面に射しています。この写真の左上隅のところに実は太陽があります(まぶしすぎて形を成していませんが)欄干の影たちはお互いに寄り添っている感じがしますよね。どこに寄り添っているかというと、実は太陽の真下の地平線上の点に集まっているのです。



この写真は同じ場所を今度は太陽を背にして見ています。やっぱり影たちは集まっていますよね。いったいどこに集まっていると思いますか?太陽もないのに。

私の影が映っているのは分かりますよね。実はこの影を延長した地平線上に集まっています。ちなみに、私の影は少し斜めになっていますよね。実は、自分の影って、影を直視したら(影のほうをしっかり向くと)まっすぐに立つって知っていました。よかったらやってみてください。

とにかく、不思議なことばかりです。私にとっては不思議でならないことばかりです。


なんだか、今回は、皆さんを煙に巻いてしまったようですね。



地平線

遥かかなたで私をとり包む円であり直線である地平線

私がどんなに進んでいっても、永遠にたどり着けないところ。

過去に遡ってもたどり着けないところ。

どんなに大きなものも、どんなに小さなものも

そこから生まれ、私のところへやってくる。

どんなに大きなものも どんなに小さなものも

私から遠ざかり そこへ消え去る。

どんなにちっぽけなものも、私の前にきたら巨大なものに成り代わる。

どんなに巨大なものも、私の前から遠ざかると小さくなる。

でも、それは私が歩き続けたとき。

どんなに苦しくても歩き続けたとき。



すべては地平線からやってきて

すべては地平線へと消えてゆく



そんな中で、変わらないもの、お日様、お月様、空に浮かぶ虹

そして、夜空に浮かぶ星たち。

すべては、私の友だち


06.12.01    井手芳弘 ide@perol.net