商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第61回 逃がした魚は大きい


いい天気が続きます。なんとはなく、静かな日々です。ついつい光の中に意識が深く浸かり込んでしまいそうです。こういう日は、ついついボーッとして、こんなことでいいんだろうかって、わけのわからないことを考え始めたりします。

・・・ううん、これはブログだったのだろうか?・・・

こういう日はやはり落ち着きません。一つは、「こんな天気のいい日はもったいない、ああ日向ぼっこに最適なのに。」「ああ、ボーっとしたい。ボーっとしたい。もっと人生を深く考えたい・・・。」と考えてしまうのです。別に日向ぼっこのときに深く考えたことなんかないんですけどね。

そういえば、この季節、水の写真をよく撮りに行っていたように思います。水の中の影や、光の筋やいろんなことに気が付いたのもこのころだったように思います。「考えてみるといろんなことがあったんだなー。」

「そういえば、HPの更新がまたやってくる。そういえばつれづれの写真が取れていない、最近写真撮ってないしなー。」「どうしよう。」「そもそもどうしてつれづれを2週間おきに書き始めたんだろう。」「HPにも一月おきって書いてあったのに。最初に勘違いしたんだろうな。」「勘違い多いしなー。」「でも書き始めたらもうやめるわけにもいかないし。」

いろんな思いが頭の上を通り過ぎていきます。

とりあえずシャワーでも浴びよう。今日はいい天気・・・

ふと、風呂の残り湯を眺める。





ああまただ、・・・よりによってこんなときに非常事態・・・

少しにごった水に窓からの光が差し込んだ底の方に縁をぼんやり明るくぼかした光の四角い短冊がなんとも美しい色合いをしています。そして、おまけにその短冊の中に明るい星が2つほどなんとも心憎い配置、これはもう花札に匹敵するほどの決まりようです。でも、さすがに今走ってカメラを取ってくるわけにも行きません。そうするうちに絶妙な星がなくなってしまいました。よしそれじゃー、ってなわけで、泡を作るためにお風呂用洗剤をその中に入れたところ、泡ができるどころか、水がにごってしまって、それじゃーって、石鹸シャンプーを入れても事態は悪くなるばかり。風呂場から上がり、車からカメラを取ってきたときは、もちろんもう形はまったく違ってしまって、元のあのすばらしさは見る影もありませんでした。ああ、幻の水花札・・・



今日は少し遠出

夜明けまで仕事をした後、たまにはいいかな、よく仕事をしてるし、最近休みもなかったし、誕生日明けでもあるし・・・、どっちみち仕事をするのなら、景色がいいところがはかどるに決まってる。いろんな言い訳を考えて、少し車を遠くまで走らせることにする。目標は九重、でもその前に回り道、どうせ九重に行くなら筑後川の景色のいい堤防のところを通ろう・・・

ゆっくりゆっくり走る、通り過ぎる景色は自分の思い出でもあるかのよう。

ああ、あの場所は昔自分が描きたかっただろう場所。懐かしさがこみ上げてくる。

途中、気になる場所があったら、少し回り道「いいさ、時間はとりあえずあるし、気になることを残しておかないようにしよう。」(・・・私の人生、回り道だらけだったのだろうか・・・ひょっとして今も回り道?)



ふと、川を眺めると一人のおじさんが川の中でなにやらやっている。えーい!気になるからUターン。川べりにたどり着いてみると、仕掛け網があり、その横でひざまで水につかりせっせと雪かきのような板で川底の石をならしているように見える。「さすがに聞けないなー、こんなに遠いんじゃ。川の中に入って行って聞くわけにも行かないし。」「でも気になるなー。でも今回だけは諦めよう」そう思いながら、視線を川の反対側に向ける。そこには、得もいえぬ美しい波が漂う。



あーっ、またそよ風とともに最高のさざ波が訪れる。シャッターを下ろそうとすると電池切れ、急いで車で充電しに戻る。

そこにちょうど、ちょっとだけ怖そうなお兄さんが車でやってきてプーッとクラクションを鳴らして、「オーイ!」と私のほうに手を振る。私は、「えっ?こんな人知らないけどな。」と思いながら近寄っていくと、どうもその人は川仙人のほうに合図をしたようで、私の前を知らない顔をして通り過ぎると川面の階段に腰を降ろし、仙人を眺める。

ちょっと怖そう、でもチャンス!

「あのー、あの日とは何をされているんですか?」私を迷惑そうに不審そうにギロッと眺めて「あれは、石をひっくり返して魚が来るごてしとるったい。」「えっ?」「石にコケがついとるじゃろ、あれば魚が食べるとさい。」「でも何であそこで?あそこに魚を集めても真ん中の網とは何の関係も?」「何度言うたら分かるっつね!網は小魚ば採るったい!」

質問して怒られたのは初めてだけど、でもよかった。なぜあんなことしてるか分かって。


つくづく、夜渡の祭りや迎え火の老人たちが親切だったんだなーと身にしみる。

今思い出した。しまった、送り火を見逃した。

10月31日だったような。

残念!


06.11.02    井手芳弘 ide@perol.net