商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第29回 教室の子供たちとのこと




先日、子供たちとの教室中にある6年生の女の子が言いました。
「先生、今日は見学の子が来てるからハリキッとるね。」
「その子が入るか入らないかで先生の給料(月謝)が変わってくるもんね。」
私「・・・」

周りの空気が少し詰まりました。みんな、ひょっとすると心の中では少し思っていたことかもしれません。確かに、そういうことを訊くことはある意味失礼なことです。大人は思っても訊かないでしょう。でもその子が意地悪で言ったわけではないということも分かります。また、私に対して気安く言えるという関係があるからこその言葉だとも思います。

そう、そのことは私にとって、結構切実な、克服しなければならない問題でもありました。
今私が抱えている経済的な問題、それに付随して抱えている内面の問題をなどを5、6年生の子供たちに話して理解してくれるだろうか、という思いがありました。でも、もう片方で、話す必要がある、とも思いました。

教室の終わりに、ほとんど時間が無くなった中、「少し話しがある。」と言って、こどもたちに集まってもらいました。そうでなくても、教室の終わりには円くなってお話をしたり、リズム打ちをしたり、といつも集まってはいます。

数人の子供はちょっとただならぬ雰囲気を感じてはいます。いつもは、教える先生と教わる生徒という、ある程度距離を持った関係が作られているのですが、ある意味、その関係を壊した個人的な話を話し始めようとしているからです。そこで話し始めました。
「ぼくは昔、学校の先生をしとったんよ。」
「エー?ウッソゥ!」
「中学校の先生を3年間だけだけど。」
「エー、どうしてやめたと?」
「せっかく先生になれたのに何で?」
「辞めなくて、先生を続けていれば給料も上がるし、将来安泰、ってわかっとったんやけど。」
「なんで?」(子供たちの現実的な考え方に結構驚いている私がいる)
「そう、こどもに怒ったり、説経できんかったんよ。」
「エー?マジ?それって、いい先生やん。」(ややうれしい)

そこで、時間が来たので先まで話ができませんでした。ただ、こどもたちは私の防御のない正直な話に、なんらかを感じてくれたのか、ほかの話をしているときにはついぞ見せたことのない真剣さで訊いてくれました。<そのとき私は頭をうなだれていた>

子供たちと一歩近づいた気がしました。
人間は、一緒なんだな。心を砕いて話したら、通じるものがあるのだな、と思いました。
でも、そのためには何らかのきっかけが必要です。きっかけがなくて、こちらが開いていってもただ場違いなだけです。そのきっかけは、往々にしてトラブルを含んだ形でやってきます。

教室が終わった後、辺りはなんともいえない夕暮れの輝きが辺りを包んでいました。



もう何年続けてきたのだろう。あるときは教室の人数が減ることで、なんともいえない気持ちになってきたり、ああ、やっぱり自分はだめなんだろうな。と落ち込んでみたり・・・

教室の収入だけに自分の収入を頼ると、どうしても複雑な気持ちが残ってしまう。自分をごまかすことなく、相手に卑屈になることなく、純粋な気持ちで教室を続けるにはどうしたらいいだろうか。<それは、教室だけに収入を頼らないこと、教室の人数の増減で一喜一憂しないでいいように>とペロルを始めたところではありました。ある頃から思うようになりました。「自分は一生懸命自分の能力の限りやってみた。」「でもうまくいかなかった。」「自分の能力が足りなかったのだろう。」「これから、うまくできるようになるかもしれない。」と。

なんだか、湿っぽくなりました。でも、今回は茶々をいれずに湿っぽいままにしておきますね。
こんなこともあります。


05.07.01    井手芳弘 ide@perol.net