商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第20回 ドイツ旅行・1


結局ドイツから帰ってきてばたばたしています。ドイツにいるときには、「よし、こんな感じで合理理的にやっていこう。」と考えていたのですが、結局1週間の付け刃、身になるはずはありません。でも、とりあえずの目標はできたかな。ああ、目標、目標…、たくさんの目標。
何とか、身を引き離すようにして出かけた旅行でした。準備の時間は無い、お金も無い(こんなこと言っちゃいけないんだよね…店だから儲かっている風を装わなきゃ)教室その他もいろいろ迷惑をかける、やることたくさん残している。
何のために行く?
そう、行けなかったと後悔しないためだけに…
成田からロンドンの飛行機の中で、やっと少し普段の重荷から開放され、ロンドンからチューリッヒに向かう頃には背中をしゃんと伸ばし始めていました(飛行機の中には日本人はただ一人)。
今度の旅の目的の一つはザーレムライアの工房の写真を撮ってそれを皆さんに紹介することでした。



ザーレムライアの工房は、ドイツの南スイスとの境にあるボーデン湖という大きな湖(琵琶湖より大きいと思う)のほとりにあるユーバリンゲンという町から少し離れた小高い丘の町にあります。このユーバリンゲンにはシュタイナー関係の施設がたくさんあり、シュタイナー学校や障害者のための村、その他さまざまなものがあります。私が22年前、高橋弘子先生主催のシュタイナー学校の視察に来たのもこの地域で、いまさら、この地域との関係の深さを感じています。
ザーレムという名前の由来はニーダー氏が初代ゲルトナー氏の下で修行したあと、独立して最初に工房を構えた場所がザーレムという町だったそうで、それから場所を変えられてもこの名前を使われているそうです。



この家はニーダーさんの自宅兼ライアの工房です。この町はとても小さな町で周りには沢山の草原があります。このニーダーさんのお宅の後ろには広々と草原が広がっています。
建てられてどれくらいたっているかを聞き忘れましたが、もちろん100年とは言わないでしょう。隣の小屋の建物など、300年以上は経っているようです。農家であったこの家を買われて、自分自身で中を改造されているそうです。家をいじるのが趣味の人がドイツの人には多く(たぶん休暇が3、4週間あるということも関係しているか、と思いますが)よく、自分で内装や改造をしているという話を聞きます。しかし、このニーダーさんはさすが、ライアの職人であり、弦楽器職人、ボート職人だけあって、内装のこり方が違う感じがあり、なんと壁の中に細かい冷却用の管を通して壁暖房しているというこりようです。



ニーダーさんと出会うなり、話は子どもさん(3番目のベンジャミンという15歳ほどの男の子)の話になりました。彼の子どもさんが血液の癌で大変な状況にある、という話はずっと前から聞いていて、いつもそれとなく気にはしていました。でも、それを自分のほうから切り出していいものか、と遠慮していたら、彼のほうからそのことについて詳しい話をしてこられました。その話は、彼の言葉を借りて「私は、子どものことで今現在行われているシュタイナー医療と現代医療とそれからその他の東洋医療の最先端の状況を知ることができた。」というほど、深いものでした。不思議なことに、今回の旅行の目的のもう一つは(後二つほどあります)ペロルさんの癌治療のついて知ることでした。このようなことをニーダーさんから聞くとは思ってもいませんでした。


05.02.18    井手芳弘 ide@perol.net