商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第5回


そう、それは田植えのシーズン
私は、実は家に田んぼがありまして(6反ほど)、ほとんど母親がやっているのですが、田植え、稲刈り、薬かけなどは私も手伝うことになっています。
子供のころはいやだったなー、家と田んぼが学校の側だったので、親や祖父に連れられて、リヤカーに鍬や鎌を積んで田んぼや山に手伝いに行かされたりしていました(「お前はほかの農家の子どもとするとあんまい手伝いばさせちょらんほうぞ。」母の声)。それで学校のみんなに見られるのが、ものすごい劣等感でした。僕の(ここでは僕)恥ずかしいところ、みすぼらしいところ(標準語?)を見られるようで。大学にいって親元を離れても、この重さは続いていて、「いつも何にもなくて自由に楽しめている人たちって幸せだろうな。」と羨ましく思っていました。大人になって、日曜なんかに田んぼを手伝っていると、目の前が国道なもので、レジャーの車が数珠つながりになって、楽しそうで、何で僕ばっかりが(いまだに僕)こんなことをしなきゃならないんだろうか。いろんな楽しい夢を描いても、現実に立ち返らされてしまう。それは、楽しくはしゃぎながら水面を眺めてしまった醜いアヒルの子状態になってしまうわけです。
こういうことで、私のひねた、劣等感あふれる自分自身が構成されていった田んぼですが(ある意味自分の謙虚さの元にもなっているのかもしれません)、それを克服すべく(?)いまだに関わっていますが、悲しいものがあります。というのも、わたしは、いろんな世界に首を突っ込んでいるわけです。例えば、教師の立場、都会の人々の立場、店の経営の立場、田舎の稲作りの立場、稲作りでも、無農薬推進派の人たちの立場、普通の農家の立場、いろんな立場を見てみると、それぞれに正当な言い分があって、何が正しいのか、ということが分らなくなってきます。まるで、クラスマッチで応援しているクラスが正義の味方で、敵は悪の手先に見えてしまう。でも、敵(?)のクラスの人たちは、私たちが正義の味方と思っている味方のチームが、敵のチームとして、悪の手先なんだろうな、なんて思うと複雑になってしまいます。敵のチームに好きな人がいた日には、裏切りの背徳感もまじって、超複雑な気になります。
今の、我が家のような大半の農家の農業というのは、ほぼボランティアといっていい感じです。田んぼを所有している以上、維持させるために、ほかの誰もやらないし、昔からやっていたので、利潤度外視でただやり続ける、ということで続けられているようです。その田んぼを草ぼうぼうの土地にはしておけないのです。神様とご先祖様と周りの皆様に申し訳が立たない、年寄りにとっても何か仕事があったほうがいい。てなわけです。いずれ淘汰されて、(誰もこの問題を考えようとしないし、忘れ去られているので)近い将来これらのものは確実になくなっていくことでしょう。誰知るというわけではなく。


それらの人間的なもろもろのドラマとはまったく関係ないところで、水は息づいて、色づいていた、ということに私はつい最近気がつきました。考えてみると、たった数日のうちにすべての田んぼに水が満ちるということは不思議なことです。それまでは、北国的な乾燥した風景が続いていたところに、少しずつ水が染み入り始めるとともに、カエルのざわめきがどこからともなく始まり、景色はとたんに南国の熱帯的な様相を帯び始めます。そして瞬く間に一つ、また一つと田んぼに水が満ちていき、一つの巨大な湖が現れてきます。それから、苗が植えられるまでの一年のうちで数日間、そこに空を深く深く映しこみます。




水面のことを最近よく考えることがあります。観察していけばいくほど、水面と人の心が似ているな、と思わされるからです。
「水は、自らを他のものを通して明らかにする。反射する外の世界と、透かしてやってくる水の中や水の底の世界、それらの二つが風によって生まれる波に混ぜ合わされていく。それはあたかも私の心が、私の周りからやってくるものと私の中からやってくることが折り合わさって生まれている、ということを暗示しているかのようである。」
世界は、しかしそんなに単純ではなく、これらのものが複雑に折り重なって様々な現象を生み出しています。このことを書いていけば一冊の本が書けそうです。 私のモットーとなっているR・シュタイナーの言葉に「物質的な世界を徹底的に追求すると精神的な世界につながる。精神的な世界を徹底的に追求すると物質的な世界につながる。」というものがあります。本当に、目の前の世界に目を向けて興味を持ってみていけば、様々なことが見えてくるように思います。皆さんが興味をもたれているなら、おいおいこのつれづれでも折に触れて書いていこうと思います。
ここでは詳しくは書いていけませんが、興味のある方はらせん教室のホームページをご覧になり、らせん教室の通信のバックナンバーを買ってお読みください。そこに少し詳しく書いてあります。PRでした。

最近悪くないなーと思うことがあります。母親から「いつになったら草を切るとか。」とがみがみ言われて、「へん、草なんかまだ伸びとらんだろがー、まだ後で切ってよかとに。」といいながら、しぶしぶ草刈機を担ぎ、夕暮れの田んぼに行って、周りの帰宅途中の車や、道を散歩する人を尻目に、半分やけになって、でも機械の操作には細心にブイン ブインと草刈機を振り回します。そのうちに、だんだん心が静まり、入道雲の美しい色合いのことを考えたり、講座の新たなヒントが生まれたり…。


04.06.18    井手芳弘 ide@perol.net