商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
94 旅行のまとめ




いまだにドイツ旅行に張り付いている。もう次に書くものは決まっている。そう、虹について、いよいよシリーズが始まるのだ(しれーっと予告)。

でもその前に、旅行の整理をしておかなければ。

本来、人と応対することの苦手な私は(うそばっかり、と周りから言われます。でも当人はいたって深刻です。)ドイツで人ときちんと応対することを学んだように思います。中途半端な思わせぶりな態度や言葉を使うのではなく、きちんと相手にわかるように、自分のことを話す。という練習をさせられ続けたように思います。

今回も考えたら、たくさんの人たちに会いました。それは、昨年も泊めていただき、わざわざ駅まで迎えに来てくれた、ニーダーマイヤーさんとその家族(写真1はそのお家の朝食時に居間から撮った写真です)、それから、メッセで出会ういつも取引をさせていただいている業者の方々、ペロルさん。今回初登場、メリンガーのサンボさんとその家族、ライア教則本のバイルハルトさん。エンゲンのベニッツさん(奥さんは日本人)、ヴィンターさん、ニーダーさん、ブレフェルトさん、ボッケミュールさん。

あっ!わすれちゃいけないラウターバッサーさん新登場!



うーん、名前を挙げただけでもたくさん。

もし、このような仕事と活動をしていなかったら、こういうこともなかっただろうな、と思います。こういう人たちと出会ってよかったことは、みんなそれぞれに信念を持って生きている人たちを知ることです。小中高となかなかそういう出会いのなかった私は、今此処に来て、たくさんの尊敬できる人たちに出会えてとっても幸せです。そして、それらの人たちのがそれぞれ暮らしている様と出会え、それを想像できるだけでとってもうれしくなります。




2枚目の写真は、メッセの会場で、変な楽器をしゃもじのようなものでたたいているのは、アウリスのアンダーソン氏ととベーメ氏です。メッセに行くと、必ず彼らのブースに立ち寄り、いろんな話をします。スウェーデンにあるアンダーソン氏の工房には一度訪ねていったことがあり、その陽気な性格とは裏腹に(?)に仕事に打ち込んでいる姿が印象的でした。





これは、ポストカードを作っているメリンガー社のサンボさんとその家族です。

シュツットガルトのウーランスホーエにある初めてのシュタイナー学校の近くに店を構えられていて、出版社はそこから10キロほど離れたところにあります。店されている奥さんとは、たずねるたびに話をしていたのですが、ご主人とははじめて、妙な親近感を抱きながら(年齢的にもそんなに変わらないし、仕事として抱えているものも近いからかも)注文のカードをその出版社から、後で私が滞在しているペロルさんところへ夜の9時ごろ届けてくれることになりました。後で電話があり、「よかったら出版社に来てみるかい?」と言われ、夜の9時から車で話をしながら出版社に向かいました。彼は、カラフルでスポーティな車でやってきました。超かっこいいめがねがピッタシでした。たどり着いてみるとそこは、ご自宅兼出版社で、一階の倉庫には慣れ親しんだたくさんカードや本が山積みされて、サンタさんの発送所的な雰囲気でした。自宅兼なので仕事を際限なくやってきた、という言葉に、わかる、わかるとうなずいてしまっている私でした。とっても気さくでオープンな方でした。



ボーデン湖はとってもいい天気でした。

ここには会う人がたくさんいます。ヴィンター氏と再会を喜びながら、ボーデン湖畔を散歩しました。湖は、近年水の浄化の努力でとてもすみ始めた、ということでした。

岸辺では水鳥たちがのんびりと波に揺られています。ここで、やっぱり光と影と色の談義になりました。私たちの再会を祝福するかのように、湖には、とてもきれいな薄明現象がおき、初めてその現象にはじめて出会うヴィンター氏を驚かせていました。「ワーオ!」(彼の口癖)

彼と訪れたラウターバッサーさんのところは驚きの連続でした。振動によって水が作る形体を研究されている方で、一昨年のヴェレダカレンダーにも採用されました。

カメラが壊れて写真を取れなかったのが残念です。彼からいただいた、水の形体のDVDは驚きの連続でした。





やっぱり無味乾燥なレポートになってしまいました・。

でもかくして、旅行は終わりました。

最後のチャンスと、窓に張り付いてオーロラを探しましたがそれもかなわず。

ただ、美しい朝焼けが、私を祝福していました。




さあー次行こ!


08.03.21    井手芳弘 ide@perol.net