商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
92 やっとやってきたノーザンライト




やっと旅立った。いつもそう思う。

出発まではいつも、えっ?明日、もう出発?うそでしょう?何の準備もできていないのに、って思いながら、時間のとの格闘をしながら。しかし、今回ばかりはいつもの時間との格闘と違う。飛行機は待ってはくれない。

何とか飛び乗った飛行機。しかし、それもやっぱり何事もなくではすまされない。旅に出れば、自分の傾向性をいやというほど知らされる。メールチェックをギリギリまでしていて、いきなり呼び出される始末。飛行機に乗り遅れるとばかり、たくさん並ぶ人をなぎ倒し(かき分け)搭乗チェックをしたら、追い越したあとの女の子がやっぱり呼び出されてるとのこと、二人で珍道中の始まり、妙な仲間意識と一緒に、飛行機に乗れないかもと心配する彼女をなだめながら、パスコントロールなどを切り抜ける。かっこいい!(というか、遅れて迷惑をかけてるでしょう。)出発からこれじゃ。この先思いやられる。

しかし、この窓からの景色は何度眺めたことだろう。しかし、今確実にわかることは。この色合いの中に、地球自身の影が関わっているということ。何度も眺めながら、そのことにずっと気づかなかった自分が今となっては不思議な感じ。深まっていくというのはこういうことなんだろうな、と妙に納得する。それとともに、この景色から今後どんなものが見えるのだろうかと思うととても楽しみ。

やはり出来事は、自分の想像をはるかに超える。翼のところに当たる太陽の光をみて、ふとあちらの景色はどんなだろうかと思う。見るからにまぶしそう。ただ、お日様が出てまぶしいだけジャン。あんな物見たって、と思いながら、一応大したことないけれど見ておこう。と重い腰を上げて反対側の最後部の小さな丸い窓にたどり着く。見るからに外が見えにくい窓。そこから眺めているとフライトアテンダントの方が、窓中央のつまみを回してくれる。円盤が回転するとともに、景色の色合いが真っ黒から透明に変化する。なんと、偏光板になっているではないか。そしてそこから景色を眺めて、更に驚く



そこからは、ほとんど雲平線上(造語です。すみません)にかかる真っ赤な太陽と、その前にたなびく雲にできる無数の彩雲たち。それは、今まで見たどんな彩雲よりシックで濃い輝きだった。その光景がずっとずっと続く。私は、ただ口と目をあんぐりと空けて眺めるだけ。「すみません、あの・・・、あの雲の色合いっていつも出ているんでしょうか?」とフライトアテンダントの方(もちろん日本人)に訊く。その方は、涼しく笑いながら「はい、大体いつも。」ボクは絶句、いつも出ていることもすごいけど(これまで何回も飛んでいてまったく気づかなかった。)、そんな、この世的でないものを見ていて、それもいつも、まったく驚いていない彼女もすごい。

こんなものを毎日見ていたら、人間変わるだろうな、ってしみじみ思う。



たどり着いたのは、ヘルシンキ国際空港、結局日本で乗り継ぎを取らずに飛行機に飛び乗る(いいの、こんなんで?と不安だらけ、でも良くその不安を忘れるけど)。

飛行機の中で、情報を仕入れて、何とかヘルシンキから乗り継ぐ、ヘルシンキの航空券販売所がなかなか見つからず、なんとかがんばって探し当て、航空券を買って国内線の出発口にたどり着くとたくさんの日本人が並んでる。日本人に人気のあるサンタの国ではなく、なるべく日本人が少ない(というか観光客が少ない)ラップランドのイヴァロを選んだつもりだったのに(別に日本人が嫌いじゃなく、単に驚いているだけ)。でも、日本人に話しかけて、情報を仕入れながら、最北の地を学ぶ(無謀だ、と呆れられながら)。大体、こんなに機内が込んでいるのに座席が取れたのが不思議。隣の日本の方たちと機内で話しながら情報を仕入れながらイヴァロヘ、



小さな空港で案内所に一人だけいたおばさんのおかげで、イナリのホテルが取れる。イナリは日本人の人に親切に教えていただいた場所、稲荷と覚えていた。イナリへ行くにはイヴァロの街へ行ってバスで乗り継ぐ、ところがイヴァロの街へはタクシーしかないという、相乗りを期待しながら、待つこと10分、結局誰も来ず、一人でイヴァロの街へ。バスが夕方の9:30ということで、バス停の近くのホテルで時間つぶし。あっと気がつくと、そこのレストランにはたくさんのお客さん。ところが日本人は皆無。これどういうこと、と驚きながらその場に一人佇む自分を楽しむ。

目の前にはラップランドディッシュ、スモークサーモンと薄くて黒っぽいハム。それこそトナカイのハム。頭の上の壁にはにょーっと突き出したトナカイの頭の剥製。頭には見事な角。





やっぱ、ラップランドでしょう。


08.02.22    井手芳弘 ide@perol.net