商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
88 羊飼い1






今も時々その羊飼いのことを思い出すことがある。

その羊飼いは、ずっと昔

今のエルサレムという国の田舎に住んでいた。

家は代々羊飼いの家系で、ずっと慎ましやかな生活を送っていたんだ。

お父さんも羊飼い、おじいさんも羊飼い、そのまたおじいさんも羊飼いって感じで・・・

兄弟はたくさんいたけれど、ある日お父さんが病気でなくなり、一番上だったその子は小さい兄弟の面倒や羊の面倒、家の面倒を見なきゃならなくなった。

まだまだ、小さかったので羊飼いとしてはまったくの経験不足、思いもかけぬことから、羊たちを病気で死なせたり、野獣に食べられたりもした。それでも、がんばって羊たちの世話をし続けた。

その子には、持ち前の力があって、羊たちが何を考えているか分かるようなところがあった。それで、何とか経験不足を補って羊の世話をし続けることができたんだ。

もちろん朝から晩まで働き通し。ほかの子たちのように着飾ることもなければ、みんなで遊んだりもしない。でも、男の子にとってそれはちっとも苦痛じゃなかった。

その子の楽しみは、家での朝の仕事を終えて、荒野に出かけていって羊たちに草を食べさせるときに、ずっとそれを見守りながら、いろんなことを考えることだった。だって、ちゃんと仕事をしているっていう安心感があって、その時間、そこにいて、にいろんなことが流れるに任せることができたから。時々、羊が邪魔することがあったが、そんなことはなんでもなかった。大好きな羊たちだったから、その気持ちを羊たちはよくわかっていた。

それと、少し離れた草場に羊たちを連れて行くことだった。

そのときは、2、3日家から離れて野宿する。しばし、家の雑用から離れて、一人でゆっくりとできる瞬間だった。特に好きだったのは、夜になって火を焚き、その側で羊たちと肩を寄せ合い過ごすことだった。もちろん、夜でもほかの動物が来ないかどうか、ちゃんと見張りをしていなければいけないけれど、その役割を自分の犬に任せ、しばし焚き火の火に見とれることができた。焚き火の煙の懐かしいにおい、顔にあたる温かみを感じながら、時々、笛を取り出して、星々に向かってその音を響き渡らせていた。それは、とくに星が明るく瞬き、その子に語りかけてくるような気がしたときに、お返しとして答えているかのようだった。

夜も更け、焚き火の火が小さくなると星空はより輝きを増した。男の子はその星空を眺めながら、まだ地面に残る温かみを感じながら、心地よい眠りについた。

男の子はこの瞬間だけは、自分が羊飼いであること、そして、日々の大変な仕事のことを忘れることができた。もちろん、村であったいやなことも。

すべてがこの星空の下で、どうでもよくなってしまっていた。

だから、ちっともさびしくなんかなかった。



その子には、ひとつの願いがあった。

それは、世の中のいろんなことを学びたいということ。

それと、神様について知りたいということだった。

男の子は、仕事の合間のほんのわずかな時間を使って、村の長老のところで字を習い、そして神様に関する本を借りては夜が更けるまで読むことがあった。いい忘れたけれど、これもこの子にとってはとても大切な時間だった。このときも、自分の固くて汚れた身体が柔らかくなって、透明になっていくような気がした。

だから、ほかの大人や子供たちが、自分が大切に思っている本のことを面白おかしく話していたりすると、とても悲しい思いにとらわれたんだ。



いつの日か、エルサレムに行って神様に使える立派な人たちの元で学んでみたい。そう思いながら日々を送っていた。



ある日のこと、市場の喧騒の片隅で、男の子は一匹の薄汚れた子羊を見かけた。その羊は、誰が見ても立派な羊じゃないし、おまけにその毛は薄茶色をしていて、とても立派な布を織るには毛並みがみずほらしかった。

みんなから、いじめられていたんだろうその羊は、うつ伏せになって遠くをボーっと眺めていて、男の子が近寄っても、振り向くこともなければ、耳を動かすこともなかった。

男の子はしばらくその羊を眺めていた。そして、つれていたおじさんにいくらするか尋ねた、もちろん買えるような金額ではなく、諦めて家に帰っていった。

「どうして、あんな羊を買おうと思ったのだろう。」男の子は帰りながらずっと考えていた。

「あんな羊を買ったところで、十分な毛は刈れないし、刈ったところで高く売れるわけじゃない、せいぜい自分のセータ−を作るぐらいだ。」「それなのになぜ?」家へ帰っても、そのことがずっと頭から離れなかった。「もう一生会えないかもしれない。」ふと頭をよぎった。気がつくと、聖典を買うために自分がこつこつとためていたお金を握り締めていた。

自分でもあきれながら、市場に向かって走っていった。もう空は暮れかけ満月の月が昇り始め、市の終わりを知らせていた。

市まではそれでも遠い道のりだった、男の子は手にしっかりとお金を握り締め、最後には走り出していた。のどの奥が焼けるように熱く、息が苦しくてたまらなかった。それでも足は何かに駆り立てられたようにどんどん動いた。いつの間にか目から涙があふれ出ていた。息せき切ってたどり着いてみると、市はすでに終わり人影はほとんどなかった。

男の子は疲れも忘れて、息を切らしたまま、月明かりに照らされた広場を駆けずり回り探した。

そして、見つけた。

手に持っていたお金をその持ち主に渡すと、驚いた顔を尻目にその羊を腕に抱いて家路に返した。

これが、男の子とその羊の出会いだった。


07.12.21    井手芳弘 ide@perol.net