商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第86回 家作りのこと


巻頭言のところでも紹介しましたが、福岡シュタイナー教育の会では、ランタン祭りをやりました。どうしてこの時期にこのようなお祭りをするのか、ということですが、このことはシュタイナー教育を始めたR・シュタイナーの書いた魂の暦を読むとそのことが少し分かってきます(私の魂の暦の訳本がもうすぐ出版されますのでそれを参考にされてください)。その中では、私たちを取り巻く外界である自然界が暗闇に包まれれ、冬に向かうとき私たちの内界はより輝きを増し、魂の夏を迎えると述べられています。つまり、外の世界が静まるとき、内の世界はより活発に活動するということです。考えたらさもありなんですよね。身体を動かし活動しているときは、いろんなことを考えることはありませんが、静かに休んでいるときはいろんな考えが頭の中を駆け巡っていくかと思います。

あたりに闇が迫ってくるこの時期に、内的な世界の明かりを体験する機会としてこのランタン祭り(ドイツでは聖マーチン祭と呼んでいる)を行うのはとても納得がいくかと思います。この内側の灯りよ 明るくともれ、と歌いながら内側の明かりを体験するお祭りは、私たちの周りが殺伐としている昨今、特に必要な体験のように思います。

また、クリスマスに教室で行うリンゴロウソク(正確にはアドヴェントの渦と呼んでいる)のお祭りもそうです。冬至を迎え、外の世界が一番闇に沈むとき、内の世界の一番奥底から新しい光が生まれる、というクリスマスの本質的なものを体験するお祭りとして、子供たちローソクが立てられたりんごを手に持って、針葉樹の枝で作られた渦の迷路の中心にある灯りのついたローソクから光を分けてもらい、自分の場所においていくという行為をします。これも、昨今、子どもたちに特に必要な行事だと私は考えています。

これらの行事をほかの季節に行うことは出来ません。それは、その季節のエッセンスを集めたような行事だからです。昔の人たちは季節の動きに特に敏感だったし、それに即した祭りを行っていたことだと思います。考えてみたら、現在のように人工的な灯りや建物、暖房器具などはなかったわけで、お月様の満ち欠けやお日様の光、周りの環境の変化に身も心も浸されていたことでしょう。

このようなお祭りを子供とやる時にいつも不思議に思うのですが、あまり大人がその場を締める必要がないのです。子供たちは自然とその行事に添ってきます。幼稚園児でも長い時間座り続けたり、朗らかに歩き続けることが出来るのはいつも驚きです。たぶんその祭り自体が子供たちの内面の欲求と合っているからでしょう。




その行事とは少し違いますが、福岡シュタイナーの会の有志を中心として行われた家作りの会で先日お泊り会を催しました。自分たちが一緒になって建てたお家に、今度は泊まってみようということで、土曜日の午後に集まり、薪を集め、夕食の準備をし、焚き火でパンを焼いたり、そこで取れた芋を焼いたり、マシュマロを焼いたりして、お母さん方が作ってくれただご汁と一緒にみんなで食事をしたあと、焚き火の周りでみんなが持ち寄った楽器を使って即興演奏を楽しみました。

それから、男の子と私だけ下の広場から少し上ったところにあるみんなで作った家に泊まり、女の子とお母さんお父さん方は下のテントで寝ることになりました。(女の子たち、ごめんなさい)



男の子たちの中には初めて泊まるので不安でいっぱいなくせに、それをおくびにも出さない子がいます。電気もない、水道も、暖房もテレビもない(当然)ところですが、やはり建てられて周りから隔離された部屋は安心感があります。興奮冷めやらない中、寝袋に入りながらおしゃべりが続き、下からは女の子たちとお母さん方が陣中見舞いにやってきます。それでも沈めて(しゃべったものはこちょぶりの刑)、ふと子供たちのトイレに行きたいという声に目覚めると窓からは山の上に船のように横たわる月と星々が見えました。夜に星を見る会を企画していたのですが、断念していました。雲が多くて星が見えなかったのが、気が付くと満天の星空です。それと、部屋の中には窓から射し込むあの細い月明かりで木漏れ日が映っているではありませんか。これは、写真を撮るしかありません。早速子供たちをつれて下へ降りていくことに、真夜中の探検の始まりです。こんな機会はめったにないとばかり、子供たちへはライトを持たせず、暗闇の中を木をつかみながら手探りで降りてくると、下の広場から満天の星空。ちょっと羊飼いになったような気分で女の子たちをたたき起こすと星をみんなに示しました。そのときの星空は、本当に美しく、ため池の前まで探検に行くとその溜池の水は静まり返り、その水面には月と星までも映していました。

その後また戻って写真を撮ったのですが、三日月の月明かりはあまりに暗く取ることができませんでした。



子供たちは興奮してなかなか眠れなかったようですが、朝、気がつくとお日様が明るく家を照らしていましたが、子供たちは眠り続けていました。

「この家なんと言う名前にしようか。」「大和ハウス!」そんな冗談ばっかり、却下!」「ミッキハウス!」「却下!」「木漏れ日の家」「うんいいかも!」



みんなで朝ごはんを食べた後、しばらく火の回りで遊んで、あたりの散策をした後、この場所に別れを告げました。

子供たちが去った後には、また、しずかな時が流れ続けていました。


07.11.16    井手芳弘 ide@perol.net