商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第82回 ウサギたちの驚き


まだまだ暑い日が続きます。秋になって過ごしやすくなったのに、車のクーラーを付けてしまう私は、めっきり暑さに弱くなったものだと感じていたら、ラジオから「今日の最高気温の予想は34度です。」とのアナンス。なんだ、夏の一番暑いときより暑いじゃないか、と妙に納得しました。

そのことが影響しているのかどうかわかりませんが、最近驚くような夕焼けが続きます。



まず、何はともあれその始まりは、あの月食の月の出でしょう。あたりが薄暗くなったころに銅色の月食の月が、月の出でさらに赤みを増して立ち現れてきました。

よく、人から聞かれます。「どうして月食のときの月はあんなにオレンジなんですか?」と。

そのような、問いを持つということは物事を自分のこととしてより深く理解するきっかけになります。そのような問いを持たない人に、いくらその色についての説明をしてもたぶん、何も入っていかないのだろうな、と思います。子供たちの教育についても同じようなことが言えると思います。大切なことは、身の回りのことに興味関心を持つ子供に育てること、ではないかと考えています。でも、このことが一番難しいことのように思います。

さて、その説明として(その他の空で起こる色彩現象に関しても)よくメディアで言われるのは「光の屈折でこのような色合いが生まれています。」という説明です。そういわれて、「そうか、光の屈折か」と納得してしまうことも多いのではないでしょうか。そして、他の人に「光の屈折のせいだよ。」と説明している自分がいたりします。でも、よくよく考えてみると、このことでは何の説明にもなっていないことがわかると思います。

そのような便利な言葉(?)を私は、いくつか知っています。20年ほど前、私がほんの少しの間中学校の非常勤講師をしていたときにはやっていたのが<ファジー>でした。技術の時間に子どもたちに、「どうしてこのようなことが起こるのかな?」と質問すると、子供たちは「先生、ファジーよ、ファジー」とよく答えていました。その後現れた言葉はDNA(遺伝子)です。これも便利な言葉で、「植物はどうしてこのような形態をしているのでしょう?」と問いかけても、それは遺伝子がそうなっているから、という言葉でおしまいになってしまいます。

伝統的にある言葉として<才能>という言葉も同じようなものではないか、と私は考えています。

さて、本題に戻りましょう。



<どうして、月がオレンジ色に見えるか?>ですが、そのときにヒントとなるのは、オレンジ色に色づいている場所から見ると世界はどのように見えているか、ということです。

それでは、月の世界に旅をして見ましょう。想像の世界では、ロケットよりも円盤よりも早くたどり着けるから便利です。

私たちが、あっ!月食だ、月がオレンジ色だ。」と騒いでいるころ月のウサギたち(?)は、久々の日食に大騒ぎをしています。それまで太陽が煌々と輝いていて月面上を照らしていたのが、にわかに地球と重なり始め、あたりは急に夜の世界が支配します。もちろん月からの空には昼間でも太陽と共に星たちが見えるのですが(太陽のそばの星たちを見るのは危険です。目がやられてしまいます。)太陽は直径で4倍の地球にさえぎられ、あたりはまったくの暗闇と化してしまいます。月のウサギたちにとっては太陽と地球の大きさは同じではなく、地球がかなり大きく(直径で4倍)、その地球が青い光を放ちながら満ち欠けしています。地球が青く真ん丸く輝くときなど、夜の月面は、青い光で輝き、幻想的になっていて、ウサギたちはさんぜんと青く輝く地球を楽しみながら、青い団子を食べています。



この時、ウサギたちはこの半月間(14日間)の昼の世界の中で、煌々と輝く太陽に照らされてその身を岩陰の住処に身を潜め、餅をついていました。新地球(新月のようなもの)の時には、必ず餅をつかなければならないのです。「いつもながら大変だ、この仕事だけはいくらやっても慣れはしない。」とウサギたちは思っています。と急にあたりが暗くなりました。ウサギたちは驚いて外へ出ました。長老のウサギだけが静かに座っていいました。「あっ地球が!」ウサギたちが口々に叫びました。みなが見上げたその上では、それまで縁だけが薄い紫色のリングだった地球の中に太陽が飲み込まれていくところでした。飲み込まれていくところのリングはオレンジに輝き、それから黄色、緑、青、紫と虹色のリングに変わりました。ウサギたちは、口をぽかんと開けてそれを眺めているだけです。それから、その虹色のリングは全体として薄いオレンジのリングに変わりました。昼間だった世界はとたんに夜の世界に変わり、あたり一面に星たちが輝いています。その中にひときわオレンジのリングが輝いているだけでした。その背後には、それを祝うかのようにおとめ座が輝いていました。

つづく


07.09.21    井手芳弘 ide@perol.net