商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第80回 彩雲と暮らす日々


暑い日々が続いています。
みなさんいかが、お過ごしでしょうか。

・・・お日様はこうにも働く・・・

お盆に帰省されたり、いろんなところから空を見られていることでしょう。

飛行機から、雄大な入道雲を見られた方もいらっしゃるでしょう。

私は、結構彩雲三昧です。

そういえば去年の夏、お台場に出た彩雲たちを思い出してしまいます(つれづれ第57回)。あの時は結構すごかったです。そう、夕方だったかな。

今回は真昼間です。普段、彩雲を見ることは朝か午後の遅い時間が多く、お日様の光がとっても強い昼間に見ることはありません。

数日前の真昼間、田んぼの薬掛けをしているときに偶然彩雲を見つけました。田んぼの横の水路に美しい彩雲が映っていました。きれいな彩雲が映っているな、と思い空を眺めてみるとまぶしい白い雲だけで、彩雲など見えませんでした。もちろんなぜか分かっています。時として彩雲はスモークガラスを透してや、水面に映してみるほうが見やすいのです。

その日の彩雲現象は太陽のすぐ側で結構長く続いていました。





彩雲は結構昼間出ていることをあらためて認識しました。しかし、昼間の彩雲は太陽の光が強すぎるんで、色として感じることが出来ず、白い色としてしか感じません。

私は、彩雲グラスを車に常用しています。彩雲を見るためのめがねです(もちろんただのサングラス)。怪しいな、と思ったら(最近は匂い?で分かります)サングラスをかけます。そうすると、それまで真っ白だった空がにわかに極彩色に色づきます。
うまく行くと車の後ろのガラスに彩雲が映っています。写真を撮りたくてもさすがに出来ません。

田んぼの彩雲が見えた次の日の昼間、にわかに彩雲のにおいがし始めました。彩雲グラスをかけると、美しい彩雲が出ています。あまりの美しさに、ちょうど昼ごろでもありましたので、空の見えるところに腰を下ろし仕事をすることにしました。ちょうど屋根に太陽が隠れ、その下の彩雲が見事に見えます。椅子に腰を下ろしながら、30度を有に超える気温の中、仕事をしながら眺めていました。

どうして、彩雲ばかり見てしまうのでしょうか。超オタッキーですよね。でも、見飽きないんですね。これは多分オタッキィな証拠でしょう。





今回の夏の巡業では結構彩雲を見ました。横須賀の講座で、彩雲を見てみたいといわれる方があったので、合宿の目標の一つを彩雲を見ることにしました。そして、見事にすばらしい昼間の彩雲が立ち現れました。また、たびたび彩雲現象に見舞われている音楽療法の大会で、今回も彩雲を見ることが出来ました。今回は無理かな、と半ばあきらめていたのですが、夕方近くになって走っている列車の窓からきれいな彩雲が見えるようになりました。列車を降りて直島行きの船に乗るころには夕暮れとともに目を奪うような彩雲が立ち現れました。たまたま写真を撮っている女の子がいたので、「あの彩雲を撮ったら。」と指差すと、その子もその彩雲に気づいてカメラを向けていたようで、とても嬉しくなりました。直島の話は次回あたりに詳しく書きたいと思いますが、地中美術館のジェームス・タレルのコーナーの切り取られた空(つれづれ光の館参照)からはなんと、彩雲に輝く空を見続けることが出来ました。そして、締めくくりは賢治の学校での子どもたちとの夏の合宿です。彩雲の話を最初にしたら、夕方ごろにみんなで見ることが出来ました。子どもたちも初めて見たようで、とても印象に残ったようです。

・・・

わたしは、やっぱり彩雲が好きです。空に彩雲を見つけると見続けてしまいます。なぜなのか分かりません。


07.08.24    井手芳弘 ide@perol.net