商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第77回 トロイの木馬を求めて


そう、ことの始まりは教室での会話でした。

「最近、音の出るオブジェを集めた博物館のようなものが作りたいんです。」と話をしたときに、「その話を聞くと、小鹿田(おんだ)の水車を思い浮かべます。大きな獅子脅しのようなもので、小さな集落にこの音がなんともいえない感じで響いていて、とても癒される感じです。一日聞いていたい感じです。」それも、一人ではなく、二人の人が、みんなで6人ほどだったので確率は33%何と三人に一人の人が知っている、これは博物館作りに当たってはぜひ見とかないと・・・という訳で、忙しいさなか、小鹿田の水車を求めて出発することになりました。場所も、小石原焼きの産地の奥のほうで、昔から細々と焼き物作りをしているとのこと、ますます行きたい気持ちにそそられました。

道草は世の常、人の常(だっけ?)目的地に向かっての途中の道草はとっても楽しいものです。



ずっと気になっていながら、たいしたことないかな、と行く機会のなかった朝倉の三連水車に立ち寄りました。

水車の前に立って眺めること1時間、自分が水車を作るつもりで眺めてみると、その構造のすばらしさの一つ一つが語りかけてきます。それまで、漠然と水車のイメージを持っていて、たかが水車と考えていましたが、水車を回すために一定の水量を確保する堰を始め、これほどまでにいろんな英知が含まれていることに驚いてしまいました。ちなみに、そこでくみ上げられた水は地面の下を通り、100mほど離れたそこより高い土地から噴き出していました。今でも一日8000tもの水を13.5haの田んぼに水を供給している現役のものでした。単なる観光用のものだと思っていたわたしとしてはとても大きな収穫でした。

その後、近くのハチミツ屋さんで20種類ほどのハチミツの試食(試舐め?)をしてしまいとても満足な中、目的地へ向かうことになりました。

途中、コンビニに寄って、ふと道路の向かい側を眺めると、はたまた、奇怪な建物が目の前に。小さな学校のような古い建物の周りにビッシリと隙間なくアングラ系のイラストが描かれています。やっぱり気になって、見学することにしました。ごめんください・・・といって中に入っていくと・・・、男の人が出迎えてくれました。「何の建物か知りたくて・・・」と恐る恐るたずねると「そんな方がよくこられます。」とのこと。ついつい、誘いに乗って、上がり込んでお話を伺ううち、そこが子ども劇場の本部であるということが判明して、ずっと高まってきた?????がすっと引いていき、すっきりとしました。「小鹿田に行こうとしているんですよ。どう行ったらいいかご存知ですか?」と一応聞いてみると、「それだったら,ここから上がって小石原の方へ行くのではなくて、日田の方から登るんですよ。」と教えていただきました。地図も見ないで漠然と来たわたしは始めて地図を見て<おんだ>が小鹿田とかくことを知りました。

よかったよかった、まるでおとぎ話のようです。途中で不思議なものに出会い、そのものに行く先を教えてもらうという筋書きです。一度、オランダで失敗していだけに、今回はうまく行ってよかったです。



途中、二つ目の水車に出会いました。

これも、まだ実際に米をついているそうです葺きかえられたばっかりの萱ぶきの屋根がとっても素敵でした。家作りのこともあるので、どうやって屋根を葺いているか、しっかり観察をしました。木の軸のところにたっぷりと盛られたグリース、それに歯車を合わせるために欠き取られた歯が実際の使用を物語っていました。



小雨交じりの中やっとたどり着いた小鹿田。

集落の手前の駐車場に車を止めると、どこからともなく「ギー、イーーーー・ズドドン。」「ギー、イーーーー・ズドドン。」祇園の山笠の山車の車輪のきしむ音を思わせる、木の擦れ合う音、それに地響きを立てて巨木が倒れ落ちる音がしてきます。





「こ・これだ!」今まで聞いたことのない音の主を求めてたどり着くと、それは5mはゆうにある大きな木馬の頭のようなものが三つ四つ、ギー、イーーーーと頭をもたげてはその巨体を投げ出すように頭を地面にたたきつけています。

それは、恐ろしいばかりの迫力です。あまりの大きさに、神々しささえ覚えます。

そう、それはまさにトロイの木馬が仕事を終わって第二の人生を小鹿田で過ごしているイメージさえ浮かんできます。いったい、なぜに、こんな山奥に、だれが、こんなものを、と思ってしまいます。

どうやって、音のオブジェ博物館にこの木馬を飼おうか、やっぱり真ん中にやぐらを組んで周りを注連縄で張り巡らして・・・。

金属を使った音のオブジェしか考えていなかったわたしは、あまりもの迫力の木のオブジェをどう扱ったらいいか分からず、呆然としてしまいます。

雨はそんな私にはお構いなくしずしずと降り続いていました。


07.07.06    井手芳弘 ide@perol.net