商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第76回 昼間に満月を探すこと


すばらしい自然現象(特にわたしの場合は空ですが)を見るとそれから後その現象を空に探そうとすることがわたしの場合よくあります。また、一度見たものはなんとなく探しやすくなります。彩雲現象もその中の一つです。はっきりとした現象を見ていると、とても微かに出ているときでもそれを見つけることができます。それどころか、なんとなく出ているんじゃないか、ということが雰囲気から分かってきます。それと同じような現象の一つが影からの影の筋です。

太陽の真反対の光が全くない所から光の筋が出ているように見える現象です(つれづれ1参照)。この現象を初めて見たときは、この世のものではない秘密を見せられた気がして、とても神々しい気持ちになったのを覚えています。それから、まだ一度だけしかこのような現象にはお目にかかっていません。それも一瞬だけ。それで、夕方になるとそのような感じの雰囲気の空と雲の時には、影の筋がないかどうか探してしまいます。



そう、この日もなんとなく、太陽の真反対を中心にした光の筋があるように感じたのです。

残念ながら、光の筋は見えなかったのですが、なぜそんな気がしたのかなーって眺めているうちに、なんとなく雲の陰の部分が 一点に集約しているように見えることに気がついたのです。

そ、そうか!忘れていた。影も一点を中心にして出来ているんだ。うかつだった。うかつなことにはいつも不意を突かれます。(このことはつれづれ63を見てください)



わたしたちは太陽を中心として光が放たれていることは意識します。しかし、それと同時に、じつは影が集中しているということには気づかないことが多いのではないでしょうか。

影が集中する??何を言っているのか、とお思いでしょう。影の部分を光のあたっている部分に置き換えると少しは分かってくるのではないかと思います。

それほどまでにわたしたちの意識は光に向けられています。

光が意識の側だとすると、影は無意識の側に存在することを象徴しているかのようです。

考えは勝手に進んでいきます。光の中心が太陽だとすると影の中心ってなんだろう?

そうだよな、それって自分の頭の影だよな。いや待てよ・・・影の中心は満月でもあるし・・・そうだ、もし今日が満月だとすると今日の昼間の影は地面に隠れている満月にすべて向かっているということなんだ。すべての影は決して地面から上がってくることのない昼間の満月から放たれているのだ・・・



昼間に満月を探すこと

・・・雲を眺めて影の部分を探そう。もちろん影は雲の下にある。この影は地面の下の満月から射しているから。満月から放たれる黒い影の光。なんともいえない感じ。

この中にはいろんなものが詰まっている。昼間の光に凍りついた小人たち、魔物やもののけたち。そう、黄泉の国の住人たち。

わけの分からないことを考え始める。



わたしたちの意識にとって光がすべてで、影の部分はついついその他(雑)の無意識の部分になっているのではないだろうか。その自分にとって暗くて得体が知れず、雑多で混沌としている無意識の部分が、一つのものを中心にしている、ということに気づき、そのことをしっかりイメージできたとしたら、とてもすばらしいことではないだろうか。



地上の万物の影たちは、私の影を指さない。地上の影たちは、私の影の永遠の到達点である地平線の場所を指す。

でも、地上の私の頭の影の背後には、本当は満月、満月が輝いているんだ。満月とはわたしにとってそれほど大切なもの。満月は私の頭の影。

空の雲の影たちが指し示すのは、わたしの地上の頭の影、私の頭の影は間近であり、時空を越えたはるかかなたでもある。

<君は、ぼくが自分のことばかり考えてる、と思うかい?でも、ぼくが見ているものは満月さ(満月は途中?)君だって満月を見てるんだろう?

ぼくらは違ったものを通して(それぞれ自分自身を通して)同じものを見ているんだ。言い換えるとさ、自分自身を通らないと、きみと同じものは見えないってわけ。

なんだかわからないけど、このことはもっとよく考えてみたい気がする。>



ふと、われに返る。

ちょっと飛びすぎてしまったようです。

わけの分からないことを書いてしまってすみませんでした。

すべてのものが空に向かって舞い上がっている季節、

まあ、少しばかり(少しばかり?)仕方ないか・・・



この地上には、いろんな所に神様の証がたくさんあるんだよ。

ただ、信じるんじゃなくて、しっかり探すこと。

ただ信じるんじゃなくて、よく自分で考えること。


07.06.15    井手芳弘 ide@perol.net