商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第75回 再び光の館へ




今回10ヶ月ぶりに再び新潟の十日町の光の館へ向かいました。今回、私のほうがバタバタで(それを言うならいつもバタバタで)なかなか広報活動がままならず、少数精鋭で取り組むことになりました。またまた反省しながら、たどり着いたのは、夢の家。

1時間睡眠と飛行機30分、列車で30分ほどの眠りのままたどり着く。

今日は自己研修の日(あれっ?自己研修って夏休みじゃなかったっけ?もう、今〜?)

家には仕事が山積み、仕方がないー

日本三大薬湯の一つである松の山温泉を通り過ぎ、通行止めの看板を通り抜けながら上り、たどり着いたのは夕方17:00前、

ここは、夢を見るための家マリーナ・アブラモヴィッチがコンセプトした古い民家を改造した家。赤い部屋、紫の部屋、緑の部屋、青い部屋がそれぞれの色のステンドグラスがはめられた窓の光で照らされる。

それよりも何よりも楽しいのは、この地域でずっと使われていた家に泊まれるということ。

この地の生活を少しでも追体験できると言うこと。いずれにせよ、この家を作品化することで、私のような人間が一人で宿泊すると言う体験が出来るようになったことはうれしい限り。




すべては私一人に任される。一軒の長い歴史を携えた家と私の対話が始まる。



−今も流れているのだろうか。この家で息をしていた人々の夢たちが

喜びや苦しみや涙や愛おしさや希望が−



この家の管理の当番をされているすぐ近所の方からお話を伺う。

この家に住んでいた老夫婦のこと、子供たちを頼りに都会へ出て行かれたとのこと。

茅葺の屋根を維持してたときのこと、5、6件でグループを作り広い茅場を離れたところに持ち毎年秋にそれを刈っては雪の中に置いておき、春ごろ、雪の表面が硬くなるころ、それを取り出し、野や沢や潅木を埋め尽くした雪の上を橇を使って下ろしていたこと。毎年刈らないといい茅が取れないこと。みんなで一軒の家の茅を葺くこと。そして、茅葺屋根に登って雪かきをすることの過酷さ。藁葺き屋根の家には必ず囲炉裏があったこと、その囲炉裏の煙で茅が燻され乾燥を保ったり、虫がつくのを防いだりしたこと。

私が知らなかった人々の知恵と暮らしが垣間見えてくる。



夢の館、

座敷に座り、窓から見える水田や木や遠くの山を眺めながら、ゆっくりと杯を傾ける

―私は夢に取り囲まれているのだろうか?―

夢は木々を駆け抜ける風?

ふと目を覚ますと激しい雨音

時計を見ると朝の1:00

2時間ほどのつもりが5時間も寝込んでいた。

しばらく仕事をして

3:00に外に出る

満点の星空、

風呂にゆっくりとつかり

4:00から勿論赤い部屋に眠る(勿論?)。



とりあえずマニュアルどおりにドリームスーツを着て眠る。スーツには12個の強力なマグネットを装着する。(けっこう楽しい)もちろん夢には全く期待しない。

−こんな不自然な状態で深い夢など・・・−

ドリームスーツの窮屈さ(少し小さくなっているとの事)生まれて初めてのタイツ姿に笑ってしまう。



完全装備のまま棺おけ型ベットに横たわる。枕は硬い石。

夢<自分の身体から赤い色を引き剥がす。「あっ!赤い色ってはげるんだ。」と別の場所から自分が驚いて見ている。>

そのほか、いくつか印象の薄い夢を見る。もちろん覚えてはいない。



今も流れているのだろうか。

この家で息をしていた人々の夢たちが。

喜びや苦しみや涙や愛おしさや希望が。


PS
このそれぞれの色の部屋はゲーテ的な色彩の体験をするのに最適だと言うことに気づき、光の館体験ツアーの一つに組み入れることになりました。皆さん、とても深い体験をされました。


07.06.01    井手芳弘 ide@perol.net