商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第69回 白い妖精たちとの日向ぼっこ




春がやってきたように思います。

どこに?

もちろん私の周りに、

そして、とりあえずシュタイナーの考えを学んでいる者として、私の中に。

そして、心穏やかではなくなります、特に晴れた日などは。

「私は、家の中でこんなことしていていいのだろうか。」と自責の念に駆られます。

早く、光を受けたい、植物たちに降り注いでいる光を浴びたい、それも誰もいない、花の咲いている場所で・・・、かなり贅沢なのでしょうか。



先日、子供たちの教室でモクレンの木を描きました。

子供たちに<モクレンの花がどのようにつくのか、その結果枝ぶりはどうなるのか>と話し、幾重もの硬い殻を破り、天に向かってその花白い花を開く様を話し、子どもたちはシュタイナー学校で使うカラーチョークを使ってグレーの紙に描きました。

子どもの一人がお家からモクレンの花を持ってきてくれたので、それも眺めました。

シュタイナー教育の中では子供たちに外の世界のことを学ばせるときには、子どもたちにそのものを描いたりして表現させます。自分の中に何らかのイメージが息づいたときに初めて外のものと出会い、自分の周りの世界に興味を持つと考えているからです。

でも、実はその副作用(?)として、教える私のほうにも実はたくさんのことを与えてくれるのです。こうも言えるかも知れません。もし何かのことにより興味を持てるようになり、自分で新たな発見をしたければ、そのことを人に教えることが一番なのです。考えてみると、そのことは子どものころに聞いたことがあるように思います。先生から「わからないお友達に教えなさい。そうしたら自分でもよくわかるようになるから。」と言われていたように思います。

そのときは、より先生の仕事を軽減するためにそんなことを言っているんじゃないだろうか、と思っていましたが、実は深い真実だったのです。私事になりますが、らせん教室という教室の講師を十数年続けています。シュタイナー教育のベースになっているゲーテ的認識方法による自然の理解をテーマにして、月2回の講座を行っていますが、たぶんこの講座で一番得しているのは私かもしれません。おかげで、自然の中のものがとても生き生きと見えてきたように思います。この前は別の大人の教室で梅の花を描きました。私自身、普段からかなり梅を観察しているという自信とともに、皆さんに梅の花の説明をし、やはりチョークで描きました。

その後、実際に梅の花を観察しました。そして、愕然としました。まったく自分が思い描いていたものとちがったのです。もちろん、その驚きを見せないように平然を装っていましたが。

それから、幾度となく梅の花を見ることがありましたが(気になっているので見ざるを得ません)、いかに今まで自分が梅の花のことを知らなかったのか、ということを思い知らされました。

いつだってそうなんです。思い知らされるのです、自分の程度を。おかげでいまだに何に対しても自信が持てずじまいです。少しは自信を持って生きて行きたいのですが。




さて、そのモクレンの花をいただいて帰りました。手にとって香ってみると、なんともいえないい香りを感じました。どうしてこんなに清楚な香りがするのかと驚くばかりです。それは、花の形態と色とにオーバーラップして行き、もはやモクレンの花にはこの香りしかないと思えるほどです。枝の成長の突端にその成長のすべてを開くかのように、空に向かって白い花として開かれている姿がすべて香りに包まれているようです(つれづれ24でも紹介しています)

。そして、ペロルに持ち帰り置いていると、部屋の暖かさでその花が大きく開き、中のオシベまで大きく開いてまた驚かされました。そして、子どもたちにこの香りのことを伝え忘れた。この花のジェスチャーを伝え忘れた、と思ってしました。



そう考えるとサクラの香りはこの樹の姿を現しているのでしょうか。モクレンの枝振りがY字を繰り返してカクカクしているのに対し、特に若いサクラは枝をシュッシュッとまっすぐ伸ばしています。



また、つぼみが開き始めるとその先端をピンク色に変えながら、中から5つほどの花のゲンコツを覗かせます。そのピンク色のゲンコツが今度は暖かくなった空気の中でふわっとはじけていくのでしょう。サクラのやわらかさが開くには、周りの暖かさがいまひとつ足りない感じなのでしょう。

もう、イメージ作りはこれくらいにして早くモクレンを堪能したいと思います。

文章書くのはこれくらいにしてモクレンと一緒にお日様の光を浴びたいよう。



07.03.02    井手芳弘 ide@perol.net