商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第68回 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>




何とかドイツ出張旅行から帰ってきました。2月1日木曜日から出発して9日の金曜日に戻ってくる駆け足の旅でした。傍から見ると<旅慣れたドイツ旅行>って、なんとなく聞こえはよくて、かっこいい感じですが、結構大変な目をすることが多く、ギリギリの状況に追い込まれることが多々です。ドイツに行ってまでどうしてこんなにつらい目に会わなきゃならないのかなとふと思います。一日中気を張り詰めさせっぱなしだし、相手にも気を使うし、今までの怠惰な私をとにかく持ち上げて周りと格闘していかなければなりません。多分修行をしに行っているのでしょう。まだ修行しなければならないことがたくさんあるようです。


旅行に出かけると、まず今まで経験したことのないことに出会います。色んなことを知っているつもりでも、やはり新たなことが訪れます。新たなことに出合ったときは、今までの経験からの知識はまったく役に立ちません。50歳を過ぎても無力?って感じです。それとも新しいものに出会わなきゃいいのかもしれませんけれど。ひょっとして役に立つのは、経験を通して生まれた<物を捉える道筋>だけです。それと役に立つのはメルヒェンです。え?メルヒェン?よりによってメルヒェン?って感じですよね。

福岡空港から関西空港、関西空港からアムステルダム空港、アムステルダムからニュールンベルクへと乗り継いでいったのですが、アムステルダムの空港でドイツへの出国のためのゲートを通るために並んでいました。そこで、荷物売りのような人が手にビニール袋とチラシを手に持ってうろうろしながら、待っている人たちに声をかけているのです。私は、しょうもない物を売っている人だろう(今まで何度となくそのような状況に遭遇したことがあるような気がするから)と思い、何も聞かずに首を横に振り、私は関係ないとばかりその場を立ち去りました。

それからパスポートのコントロールを抜け、荷物検査の段階になって、リュックの中に入っている日本酒が引っかかったのです。空港の職員は、液体はビニールで包装しないでそのまま持ち込んではいけないというのです。??? 私はかなり抵抗しました。そんなことは聞いていないし、去年来たときはそんなことは言われなかったと。するとその規則は昨年の10月ぐらいからだ、というのです。もちろん許してもらえるわけでもなく、時間もなく、その場で飲み干すこともできず、泣く泣く廃棄する羽目になりました。そして、あの売り手(今考えると空港の職員だったかもしれない)の話を聞いていればこんなことにはならなかったのに、と突然売り手の顔が道端にたたずむ小人に見えてきました。「王子様 そんなに急いで どこへ行くんだい?」

兄の王子はその小人に「そんなことお前に関係ないだろこのチビ!」といって通り過ぎ、その王子は小人に悪い魔法をかけられます。一方弟の王子は小人を一人前の個人と認め、話をきちんと聞いて、小人に探し物のありかとそこへたどり着く方法を教えてくれます。

ああ、あの小人を軽視せず、話にきちんと耳を傾けておけばよかった、と深く反省しました。

廃棄したお酒への未練を残しつつニュールンベルクの空港にたどり着いたのは夜の10時。日本を出発して20時間がたっていました。昨年は着いてツーリストインフォメーションで宿を探す、という恐ろしいことをやりましたが、今年はさすがに到着時はそこもしまっているし、事前に個人宅にホームステイする宿を日本から連絡して取っていました。その方はニーダーマイアーさんといって、なんと空港まで車で迎えにきてくれていました。そこではとても親切にしてもらい、朝ごはんのときについ話し込んでしまい、何度も車で駅まで送ってもらいました。



この写真はドレーオルゴールといって、取っ手を回すとパイプオルガンのようなかなり大きな音がします。つれづれでも紹介しましたが、メッセ会場から駅に通じる通路でおじさんが演奏しているものです。メッセ会場の中では7、8年前に出会ったきり出会えなくなっていたのです今回再びメッセの会場で出会いました。この響きはなんとなく古いヨーロッパの暗い明るさを感じさせる気がしてとても好きです。いつしか、このオルゴールをペロルの店先に、という思いが強くなっています。

利益につながらないことばかり考えているような気がします。

大丈夫だろうか?



07.02.16    井手芳弘 ide@perol.net