商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第66回 一休み


前回は私なりに力(リキ)を入れて書いてしまいました。

思えば前回の橋の上での体験は12月1日の体験でしたからかなり前の体験ではあります。


あの体験を引きずって日々の仕事に差し支えてはいけません。でも、ふとしたときにフラッシュバックしてくることがあります。時々ボーっとなります。

でも、いやな体験がフラッシュバックしてくるよりもいいですよね。

そうこうしているうちに時は流れていきます。

お正月前の年中行事(私だけ)は、杉の葉燃やしです。





子供たちのりんごろうそくで使った杉の葉を積み上げて火をつけます。一月近く経って乾燥しているのと、樹脂成分がたくさん含まれているせいで、とにかくよく燃えます。高い竜のような炎と煙が立ちあわられ、一瞬たじろぎます。それと、少しどぎまぎします。最近では、勝手に大きな火をたいてはいけないようになっているようで、あれほど燃していた母親が注意します。そういえば、昔は田んぼの至る所でビニールハウスの廃ビニールが黒々とした煙を立てて燃えていたのを思い出します。いやな匂いと共に、「これって絶対害があるよね。」と思っていました。いまでは、その光景がなくなったのはうれしい限りです。

最近、いくつかの火の祭りを見ました。それまで分からなかった火の祭りが、シュタイナー教育で火を学ぶ中で少し分かってきたような気がします。西洋に行って、東洋の祭りの意味が分かるようになるとはなんとも不思議なことです。そういえば、オイリュトミーを学んだりしたことで、日本の神楽などの舞の精神性が少し理解できるようになって来ました。また、やはり、シュタイナー教育で天文学を学ぶ中で(これはよく考えると学んだんじゃなく、図書室で出会ったんだ)日本の旧暦と祭りのかかわりについてよく分かるようになってきました。

ただ、これはこう決まっているんだ、と言われるのではなく、自分で理解できていくことはいいことだな、と思います。こういったことを少しでも子供たちに伝えたいと思うのですが、なかなかうまくいきません。努力と工夫が足りないのでしょうか。





一度このような煙を大人の教室で描いたことがあります。山の端の下の煙の色と空の部分の煙の色を違う色で描いてもらいました。背景が暗い手前の煙を青い色、背景が明るい手前の煙をオレンジにしました。一見、不自然な感じですが、そのことで、煙が煙としての実在感のあるものになりました。煙の色合いと動きの中に、色合いのさまざまな要素、流れのさまざまな要素が詰まっているのを改めて感じさせられます。

この杉の葉焚きも自分の一つの祭りにしたいなーと思っています。

・・・



時々通る道でいつも見ている風景があります。あああの場所いいな・・・頭の片隅に奥の休息所がチラッと入っています。手前の水田と共に四季折々に違った風景を見せています。

時々通る道、たまに車を止めて写真を撮ったりします。あの場所は取りません。なぜか。


ある日、ふと思いつきます。「あの場所に言ってみよう!」って。

本当にすぐの場所。こんなに近いのにどうして今まで行こうとしなかったんだろうって思いいます。そこは、本当に小高い丘。あたりは普通の山林です。そこだけが木が切られ、草たちも枯れていい感じに光を受けています。どうも、植樹祭があった場所のようです。木はまだ大きく育ってはおらず、まばらな中に光の粒を含んだ風が気持ちよさそうに吹き抜け、草をなでていきます。

そう、今は光が小声でささやく時期、一番中身の濃い時期、

こんなときは、受けるしかありません。

さっそく、草原で仰向けになって見ると、世界はまったく変わります。風は止み、草の借景で不必要なものは見えなくなり、一人だけの至福のときがおとずれます。

「空は抜けるように青い。」

そして、いつも思うことは、「どうして今までこんな時間を取らなかったのか。」ということです。自分の一番の趣味が何だったのか(日向ぼっこ)を時々思い出します。

しばらく、ねっころがった後、後の仕事のことを考え、やおら立ち上がります。そこから見える景色は今度はいつも自分が走っていた道路です。でも見るところ(立っている場所)が違うので妙な感じです。

そういえが、一度だけ飛行機の中から自分の家を見たことがあります。それは、なんとも表現し難い懐かしいような不思議な体験で、そのときの様子がますます心に生き生きとしていくのを感じます。

そういえば若いときに、「自分は煙と山の木々に当たる光のことをずっと考えて行きたい。」といっていたのを思い出しました。

そのようなことを今やっている自分に気がつきます。


07.01.19    井手芳弘 ide@perol.net