商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第65回 結局また来てしまった…パート2


新たな体験は突然訪れてくる。それは、何の前触れもなく。何の期待もしていなかったときに、

何も見えていなかったのに、曲がり角を曲がったときに、突然開かれた世界が現れてくるようなもの、それも今回は彷徨するたくさんの人たちの列の中で、開かれていった特別の想い。


たくさんの人たちの中で自分の影を探す体験。

思えば、ずっとずっと自分の影を追いかけてきた。

自分のことばかりを考えていたいから?

いや、ちがう。自分の影は客観から主観への秘密の入り口。

自分の影をしっかり見届けることで、主観的なものを客観的に整理していくことができるような気がするから。



たぶん、昨日の迎え火で、自分の中の何かと私の周りが一つの準備をしたとでも言うのだろうか。

結局迎え火の近くで夜を明かし、澄み渡った空の下、せっかくここまで来たのだからついでに最近出来た吊り橋によってこよう。と早朝筑後川の川べりを走りながら、寄り道をしないように九重の九酔峡をめざしました。<頭の中には、ずっと暖めてきた吊り橋からの風景がありました。それは、あたり一面紅葉した谷と山の空中からの眺めでした。>残念ながら空中からの紅葉というわけには行かないようです。

たどり着いたのは、朝の7時半、よく見ると橋が通れるのは12月より9時からと書いてあるではありませんか。ああそうか、月夜の橋渡りなんてないんだ、といまさら気がついてしまいました。

「別にやることはたくさんあるし。」と車の中で仕事していると、不意に放送「本日は8時より入場できます!」「えー本日は8時より入場できます!」「え?どうなってんの?わけわかんない?」「でもいいか、せっかく来たからとにかく行ってみよう。」「別に撮るものもなさそうだけど、カメラもとりあえず持っていこう。前例もあるし・・・」500円の入場券を払って入ってみる。すでにそこにはたくさんの人たち。対岸まで300mチョイの直線、とにかく歩いて行って帰ってこよう。と歩き始める。

(まさか、それから3時間寒い橋の上に居続けることになろうとは誰もしるよしのないことでした)



何もないだろうという想像とは裏腹に、深い谷あいの影の部分が次第に明けていく様はなんともいえない美しさでした。

時折、燃えるように輝く葉が目に飛び込んでくる。深い影の手前で光を受けている葉は暗闇の淵で光を放っています。時間の経過とともに変化していく様は見飽きることがありません。こんなとき、光の観察を続けていたことをただただよかったと感謝の気持ちで一杯です。

向こう岸にやっとたどり着き、対岸でひとしきり時間を過ごした後、また戻ることに。気がつくと、すでに橋の上はすでにたくさんの人が歩いています。「橋の真ん中は歩かないでください。」というアナンスが時折スピーカーから流れてきます。・・・いつか味わったことがあるこの感じ・・・人々は数珠つながりに狭い道を歩く。そう、ここは空の一本道

・・・

「さあーお立会い、空中浮遊の始まりだよ。みんなここから次第に空中に飛び出すんだ。」「わき目を振らないでください!何も考えないでください!心を空にして繋がって、繋がって!」「間を空けると落ちちゃうからね!」「ほらほらそこのお兄さん、頭上げちゃだめ!」「立ち止まらない。落っこちちゃうよ!」



自分たちの影とはしばしのお別れ。影たちは影たちで、山の斜面を数珠繋ぎで降りていく、みんな魂を抜かれたように前かがみになりながら。そして、徐々にその影は谷間の斜面に消えていく。影たちが歩いていたのは一本の影の道。影たちが消えた跡にもどこまでもくっきりと続く影の道。



闇の中でさえ影を差す闇の道。私たちは浮遊者、もはや影を奪われ、影のことさえ忘れて浮遊している者たち。私たちの道はどこへ?私たちはいったいどこへ?天の人の列の中で、私は思わず亡くしてしまった影のようを見やる。「おやおや、あんた何をなさっとる?置いてきた自分の影を探そうなんてもうできるもんではない。影は別の世界に行っちまったんだ。忘れるこった。」隣の老人がつぶやく。「おじさん。分かっているけど、僕はずっと自分の影を追いかけてきたんだ。ずっと、ずっと。そして知っているんだ、自分の影の周りにはいつも神様と繋がる印があるってことを。あるときは丸い虹だったし、あるときは放射状に広がる光だったり。だから見えなくったって、きっと何か印を残しているに違いないんだ。」「おまえさん。今回だけは無理だわね。だって影そのものが消えてなくなってるんじゃ手の施しようがないだがね。」老人の声を背に一生懸命自分の影があるであろうかなたを見やる。そこには天の影の道がただ続いているだけの場所。それでも探しているときに、ふとどこかで誰かがつぶやくように歌い始める「私には全ての影が従う。私の前には世界中の影がひれ伏す・・・(繰り返し)。」(つれづれ 参照)「そういえば、谷間の木々の影たちもはやはり私の影に従ってくれているのだろうか?」そう思いながら木々の影を眺めてみる。



「見つけた!!」「自分の影を見つけた!!」

谷間の木々の影の中心には一ヵ所、まったく影のない場所が。私が歩くとその影のない場所も前に進んでいく。今まで影だった場所は影が消え、影がなかった場所には影が生まれる。

私の影は消えた、でもそのおかげで影がさえぎっていたものが今見え始めた。

私の影は指し示す。世界中で唯一つ、影のない場所を。全ての影を従えた、影の泉を。


遠く離れながら、私は自分の影が光として語りかけくるのを感じた

。よかった、繋がった。立ち止まれた・・・

全ては流れる。しかし流れの中で私に語りかけてくるものがある・・・

歩いていこう。歩く中で見えてくるものがある。必ず付いて来てくれるものがあるから。


・・・

あのときの体験をうまく伝えることができずに、新年早々妙な表現をとってしまい皆さんにはわかりにくい思いをさせてしまったようで申し訳ありませんでした。

いつかは今回の体験を何とか整理できるか、と思います。

ますます、自分の影を追いかけて私はどこに行くのでしょう。

みなさん。お付き合いありがとうございました。


07.01.05    井手芳弘 ide@perol.net