商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第62回 流れ


そう、あれは一番組の旅行のときでした。うちの地域では昔から近所の一番組で積み立てて、一年に一度出かけます。私は忙しさにかまけてなかなか出かけられないのですが、今回は当番ということで、どうしても出る羽目になりました。私と私の母と珍しく高校生の長男(いつも野球の試合で日曜日が休みの日はほとんどありません)と中学生の次男の4人で出かけることになりました。しょっぱなから、倉庫での商品発送が間に合わず、集合時間に送れて皆さんに迷惑をかける羽目になり、子供たちからは「あーあ、もーう、みんなに迷惑かけてー。」と言われつつ、頭掻き掻きの乗車となりました。

とりあえず、ここの人たちは私が子供のころから知っている人たちで、いや私を子供のころから知っている人たちで、なんとも複雑な感じです。また、家では母から「いっちょん片付けんね。」(まったく片付けないね)とか「また忘れちょる。」とか子ども扱いなので(もちろん未熟です、はい)、子供に対する教育効果は最悪です。あるときなんか、ゴミ箱の周りにちり紙を散らしている次男に「ちゃんとごみを捨てろ!」と注意したら。長男からは、「おいおい。そんなに怒らんでもいいやろう。あんたも よく散らかしてるときあるくせに。」と言われ、長女からは「偉そうに、ばかやろう。」といって回し蹴りが飛んできます。

いやなことを思い出してしまいました。

バスの最前列に小さくなって座り、大人しく外の景色を眺めていました。ふだんは自分で車を運転しながら眺めているので、今日は天国のようです。おまけに天気はいいし、高いところから眺められるし。

2ヶ月ほど前この地域に台風が通過しました。風もさることながら、集中豪雨がすごく、朝のたった2時間ほどの雨で、家の近くの川が堤防を越えてしまいました。子供のころから、梅雨明けのどんな集中豪雨が来ても、家の家財を二階に上げて準備しても越えなかった水位をあっさりと越えてしまいました。9時ごろ福岡に向けて走り始めたときには、道路の周りに土嚢が積まれ(?)、さらに走ると交互通行になっていて道路と川の境がなくなっていました。初めて、川が氾濫したことを理解したしだいです。「越えるって、こんな事なのかなー。」としみじみ思いました。近くでは車ごと流されてなくなられた方も出ました。



そうこう思いながら、とても朗らかな日、窓の外を眺めていると、なんとも不思議な情景に出くわしました。道路の隅から光が射してくるように見えているではありませんか。よくよく見ると、使っていないアスファルトの上に、たくさんの小石が連なっています。さらによく見ると、歩道にある敷石が強い雨に流されて,歩道との境にあるブロックの穴のところから出てきたものでした。もちろんこの写真はそのときに撮ったものではありません。

だって、自分で運転しているならいざ知らず、バスに「ちょっと止まって!写真撮りたいから。」なんて言えるわけがありません。いつか写真撮りに来ようと心に深く誓って、再度撮りにきたものです。アスファルトの暗い色の上に明るい敷石が線を作っている様は、あたかも右側の木々の中から光が射し込んでいるかのように見えます。もっと近寄ってカメラを構えてみると、地面にたくさん虹が見えました。さらによく見るとそれはくもの糸でした。これはしめた、とカメラを構えて撮ったのはいいのですが、結局、虹を撮ることはできず、そこに写ったのはただの白い線でした。

このようなことはよく体験します。

猫じゃらしについた朝露が虹色に輝くさまをとろうとしたときも、どうも虹色に輝く部分がピンボケのようになってしまうのです。最近では、夕暮れの青い山を撮ろうとしてシャッターを押すのですが、そこに現れるのは単なる明るい空と色をなさない山のシルエットです。

なんだか、うれしいような気もします。だって、人間の目にだけ見えてカメラには写らないものがある、って言うのはすばらしいじゃないですか。まあ、このようなものまで写すテクニックがあるならば知りたいところです。別に人間の優位性に固執しているつもりもありませんから。

ある時期、商業写真に興味を持って、本などを買ったこともありました。私たちが見ている人物のポスターなどの写真がどのように撮られているか、と言うことを知りたかったのです。

だって、私たちがあこがれる世界が実はどのような光を当てられているのか、と言うことを知りたかったのです。それはやはり想像を絶するものでした。私たちが自然な感じだと思って接しているものは、実はさまざまな光がいろんなところから当てられた結果だったのです。

それに対して、自然の光はすべて太陽の光が光源となって世界を一つの関係性にもたらしますが、人物を太陽の光源、外光を使って、いわゆる自然に見える写真を撮るのは、特に難しいようです。たぶん私たちが自然に見えると思っているのは自然じゃないのかもしれません。人間だけは別の光が当たっているように撮らないとだめなのかもしれません。

なんだか話題がまったくちがったほうに向かって嶋しました。

違いついでに、最近(昨日)撮った水の写真を載せますね。



久々、懐かしい水の色合いが感じられました。私が始めて出した(と言うかこれだけしかありません)写真のポストカード4枚組みの最初を飾る写真の肌合いに似ているのです。

そう、水は肌合いですね。きれいな水、濁った水、と言う見方から開放されたら、えもいえぬ世界が現出してきます。

私もいい加減、脱皮しなくっちゃ!?


06.11.17    井手芳弘 ide@perol.net