商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第57回 自己研修


夏が終わりました。

今年は、三つの講座をつなげて東京に10日ほどいることになりました。

その中の一つミュージックケア大会が東京ビックサイトで開催されました。これは講座ではなく楽器の販売でした。この東京ビックサイトには見本市会場が隣接されさまざまな催しが行われています。一日目の仕事が終わり、昨日は一日HPの更新の仕事で休めなかったし、せっかくだからお台場巡りでもしようと、ユリカモメ(新交通システムの列車)に乗ってただ往復して戻っている帰り、ふと見上げるととんでもない彩雲が出ていました。



まさか空気の悪い大都会でこのような現象と出会うことなど想定していなかったので、まったく油断していました。それからは、すべてが彩雲のために時間が回ります。仕事は大変だったとか、おなか空いたとか、今日はどんなことをしなきゃならないかな、などということはすべてすっ飛んでいきます。今回はカメラをちゃんと携帯していました。・・・ハア ハア ハア (驚きと動揺による胸の高鳴りと息遣い) ・・・ 座席が空いているので場所を変え、写真を撮り始めます。もちろん誰も私の行動に興味を持つ人はいません。誰一人として空でこのようなドラマが繰り広げられているなんて気がついていません。もちろん私だって、今の今まで気がついていなかったのですから。列車から降りると彩雲が見える場所を大急ぎで探し、たどり着いたのは陸橋の上でした。こんなところで立ち止まるなんてなんか変なのですが他に場所がないから仕方ありません。欄干の一部に腰を下ろして、ずーっと、ずーっと眺めていました。こんなに長いこと彩雲が出続けているのは初めてのような気がします。少し水気をなくしかけていた私の心に染み渡っていきました。

年を取ってよかったと思うことがあります。それは、人前で奇異な行動をしても気にならなくなったことです。もちろん、自意識と自己顕示的な意識から生まれた行動であれば、後でなんとも恥ずかしい気持ちになるのですが、このような類の行動には、自意識の何の曇りもありません。ただ、人に不快な印象を与えないようにと願うばかりです。



これは何の写真だと思いますか?

じつは、切り取られた天井から空を見たところです。

昨年の夏のつれづれにも書いた、光の館の天井です。

この館は屋根が移動式になっていて、開けると部屋に居ながらにして天井のところの空を直接眺められるようになっています。この館はいろんな楽しみがあるのですが、その中でもやはり最高の体験は日の入りと日の出の時間帯にこの切り取られた空を眺めるという体験です。ただ、雨が少しでも降ると部屋の中に入ってくるので屋根の開放を堅く禁じられています。光の館体験講座当日も小雨がパラつき参加者全員がサンセットプログラムをあきらめかけていたときに、外から「雨が上がったぞ!」という声が届き、全員息を呑む中、屋根の開放スイッチを入れました。そして空が見え始めたとき、全員がアッ!という声を上げました。だって、曇り空だと思っていた空は驚くほど鮮やかなウルトラマリンの色をしていたからです。この理解しようのない非現実な色彩にみな打ちのめされ、ただ時間の移り変わりとともに変化する鮮やかな、なんとも感情に直接働きかける色彩と立ち現れる魑魅魍魎(ちみもうりょう)ならぬ補色の数々の現象に芋の子のように畳の上で身を任せることになりました(この写真の掲載は参加者から堅く禁じられることになりました)



空がいつの間にか真っ黒になり、ライトプログラムが終わった後、皆混乱と長い集中で朦朧とした意識の中で、誰かが叫びました「本当の色はいったいどうなんだいったい?」「それじゃ 照明を消してみようじゃないか。」別の誰かが答えました。<そうだ照明を消そうという合唱> そこで照明を消すと、「うおっ!」という驚きとも雄たけびとも取れる声が部屋中に響き渡りました。<全員が畳から飛び起き、そのうちの数人が天井を指差している>

なんと、それまで真っ黒だった空が一瞬で真っ白に変わってしまったのです。

参加者は、それから、また照明をつけたり消したりと、何度もこの体験を繰り返すのでした。この照明がついたり消えたりする光景を遠くから見ていた人はさぞかし不思議に思ったことでしょう。

<この文章にはわずかの誇張が入っているのでご了承ください。>

PS. あまりもの強烈な色彩の体験に疲れきり、朝のサンライズプログラムで眠り込む参加者たちが続出しました。なんと、私もその一人でした。
何たる一生の不覚、リベンジだ!


06.09.01    井手芳弘 ide@perol.net