商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第55回 光の夢


梅雨が明けてまばゆい日々が続いています。
今年の梅雨明けはあまりにもドラマチックで、ほとんど楽しむ間もなくやってきました。
ものすごい雨がやってきた後に、パッと開けた感じです。
それは、ティンパニーの太鼓がフィナーレで鳴り響いた後、余韻を楽しむ間もなく、アンコールもなくパッと灯りがついた感じです。そういえば、夏の始まりなのに、なんだか終わりのような物悲しさを感じていたのは、夏の終わりのころの気候に似ていたからかもしれません。それにしても、夏の影の中に潜む寂しさをより強く感じるようになった今日この頃です。それにしても不思議なのは、どうしてこの時期に影が気になり始めるか、ということです。周りの影が急に濃くなるのでしょうか、それとも私の中に影を感じる意識が急に芽生えるのでしょうか。せみまでが、暑さより影の濃さの寂しさを染み入らせているようです。

<今、眺めてみたいもの。広い広い高原の山すそにまだらになった雲の影が濃い青色になってゆっくりと動くところ。>



<不思議だと思うもの。水。大地の上にほんの少しのっているだけで底に永遠の窓を生み出す。>

考えたら不思議だよね。水面を眺めていると、ともするとすぐ下に底があることを忘れてしまう。そして、意識はその底よりずっとずっと深くまで到達する。
これって四次元的な感じがするよね。



水の色合いも不思議なのですが、やっぱり不思議でならないのは光の色です。火曜日の夕方、いつものように教室の後、ある授産施設を訪ねます。そこの方に当店の仕事を頼んでいるからです。その部屋の窓辺にカーテンがかかっていて、得もいえぬ紫色の光がカーテンの隙間から射して来ているではありませんか。何の光だろうと思って眺めてみると、窓の外の明かりでした。「窓の外からこんなに美しい灯りが射してきているんだ。」と思うと、急いで外に出てみました。でも、外の空や周りのどこにも紫色を見つけることは出来ませんでした。

夕暮れの部屋の中に出来る影が、時々やはり美しい紫色に染まることがあります。そういえば、高校のころよく窓にかかった白いカーテンに朝日が当たるのをぼーっと眺めていました。窓の桟の影が紫色に染まっていたことを今でもよく憶えています。

ドイツの教員養成所で先生が補色の実験をしてくれました。それは、単に赤の補色として緑が生まれるだけではなく、グレーの色の後にブルーが見えてきたりと、それまでの補色に対する考えをまったく覆させられました。そして、今まであまり意識することのなかったかすかな色合いに対する感覚を目覚めさせてくれたと同時に、色がまったく分からない得体の知れないものになってしまいました。

それから、長い年月を経て、ジェームス・タレルの光の館にたどり着きました。
そこでは、光や残像の色合いの不確かさや深さを体験させてくれました。
皆さんよかったら体験ツアーに参加しませんか。



そのような微妙さは夕方の雲にも時々訪れます。

このような光景に遭遇するといつも思います。ただ暗闇の中に輝く太陽という白い光が水蒸気や水滴、氷片を含む色のない空の空間に差し込むだけのことなのにこんなに多彩なものがどうして生まれるのでしょうね。


06.08.04    井手芳弘 ide@perol.net