商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第54回 夏の夕暮れの夢


数日前、入道雲がニョキニョキと育った日がありました。いつもは地上1000メートルあたりに暮らしながら、自分の頭のはるか上に、遠くの世界から流れてくる風によってできる雲たちを憧れとともに眺めている雲は、唯一夏の間だけ、地上の熱を携えて大きな巨人に成長し、今まで眺めていた世界に自分の頭と体を実際に送り込みます。今まで到達することのなかった高い高い空の領域まで、一つの雲の層を破り、さらに高い層の到達する様はなんとも圧巻です。それまで、地上近くの暖かくて、濃い空気しか知らなかった雲は、希薄で冷たくて音がない世界まで自分が携えたエネルギーを使いながら、お日様の光に助けながら立ち上がっていきます。あまり高いところまで到達してしまうと、ふっと気を失いながら自分の頭を風速30メートル以上のジェット気流に流していきます。

考えたら、なんとも雄大なアトラクションです。身長1万メートルの白い巨人が実際に目の前に存在しているわけですから。あまりの規模のシチュエーションに私たちは意識することを避けてしまっているのでしょうか。たぶん空の世界を現実の物質的な世界であるという認識をはずして、なんとなく別世界の出来事みたいに考えてしまうのでしょうね。

確かに、山の端まで立ち上がる私たちの物質的な世界は、細部に至るまで細かく形作られているのに、雲の世界になったとたんに輪郭から何からすべてがぼやけてしまいます。

ぼやけるのは輪郭だけではありません。地上の出来事が時計の秒針のように動きがわかるのに、雲の動きは分針のようです。眺めていても、ちっともその動きは見て取れないのに、ちょっと目を離しているととたんにその姿を変えてしまっています。

ある夕方、入道と出会いました。

車を走らせながらチラッと見てしまった私は、もうその場を知らない顔をして通り過ぎることはできませんでした。

山間の道を走らせていた私は、安全な場所に車を止めるとこの入道雲展望所にやってきました。もちろん、チラッと見てしまった場所です。

展望所でカメラを構えながら(ここは撮影可能な場所みたいです。)その姿に注目しました。

なんともいえず、その色合いに惹かれてしまったのです。

その横には月が静々と鎮座していました。



入道雲に比べたら月なんて本当におとなしいものです。とっても行儀のいい子供に見えます。

「しずかーに夕涼みをしながら、これからどう一夜過ごそうか?」済ました顔をしながら考えている月にたいして、低俗な言葉で笑っています。

「ホ・ホ・ホホホ、ヒャハ これはこれはお静かなお月様。この夕暮れにこんな場所で、いったい何をなさっていらっしゃるのかな?」

月「……」

入道「ヒャッホゥ!」「見るからに上品な……」



そういうや否やおもむろに力こぶを示しながらその腕でお月様をつかもうとする。

「お月様、大ピンチ(その割に、お月様、ポーカーフェイス。)!」



その瞬間、入道雲に魔法をかけていたお日様が沈み、力を失った入道は、フツと自分の意識をなくしていくのでした。

入道「むむむ……残念。」

月「……」


06.07.21    井手芳弘 ide@perol.net