商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第53回 夏の祭り


相変わらずの日々が続いています。

―続いているならいいさ―

なかなか仕事がはかどらないのは今に始まったわけじゃない。ずっと、ずっと付き合い続けてきた感じ。ぜんぜん成長していない感じがずるのが、なんとも心もとないけれど。なるべくあせらないようにしよう。

時は、七夕、意識は満天の星空に向かうはず。

そうすべてのものが空に向かって駆け上がっていっている。しかし、星空は開いてはくれない。そうだよね。七夕ってもともと今の時期に祝っていたんじゃなかっただろうし、旧暦の7月7日だとしたら後一月後の夏の暑いときかもしれない。夕方日が沈みかけたころに真上に半月の月がきっぱりと輝き、夜と昼の境を私たちに見せてくれる。真夜中に月が沈み、星の輝きだけが空を覆ったときに祭りは最高潮、なんて感じになってたのかな。



今年、この時期にやけに気になっているのが竹たちです。

この時期にこんな姿で伸びていたのかな、とはじめて気づかされる竹の子がシューッと伸びたような釣り竿のような竹たちの姿です。あたかも、地面から放水でもしているかのように竹林の中のいたるところに見受けられます。スーッと伸びた後、ラジオ体操の深呼吸のように手を少しずつ広げていきます。七夕の季節、季節かどうかは定かではありませんが、少なくとも竹の成長が目に付く季節ではあります。竹を眺めていると、不思議と蛇を連想します。やぶへび、という言葉があるためか、竹のすごい勢いの成長が緑の色と相まって、緑の大蛇を連想させるのか。この緑の中で、真っ赤な舌がちらちらした日にはたまらない感じです。どこからやってきたとも知れないこのイメージは私の脳裏を支配しています。

そう、この時期延びるのは竹だけではなく、田んぼの雑草もです。母がそろそろ痺れを切らし、「あぜ草いつ切るのかぁ〜、あぜ草いつ切るのかぁ〜。」と呪文のように唱え始めます。

雨の合間を縫って、田んぼに出かけていきます。

今使っている草刈機はエンジンと丸刃がフレキシブルなジョイント(いわゆる自在に曲がるチューブのようなもの)で繋がれていて、エンジンが回転しているときは中身の詰まった蛇のようです。

ブワーンと回転する丸刃を前後左右に動かしながら、結構伸びた草を刈っていきます。


結構足の先の近いところまでくるので、かなり危険です。ほかの誰にもさせたくはありません。結構、いろんなことを想像しながら作業が進んでいきます。決死な感じで、いつも「恐怖映画を見なくても十分スリルは味わえるよな。」と考えてしまいます。危ないのでしょうが、作業中、いろんなことを考えてしまいます。昔の思いが急に出てきたり、眠くなってきたときの状態に少し似ています。

よく囚われる思いがあります。草の下に蛇がいるイメージです。藪の中ならぬあぜの中です。何度も何度も蛇が見えてドキッとします。たぶん誰かが、魔法にかけているのかもしれません。そう、今は蛇の季節かもしれません。木々の成長はすでに止まっているのに、竹や草たちが下から下から突き上げてきます。あたかもその下に大きな蛇がとぐろを巻きながらうごめいているような、そんなエネルギーに満ちているのかもしれません。

そう、湿気も多いし。



この時期大蛇退治の祭りがあるとある新聞の片隅で見ました。爆竹が鳴り響き、松明の火の粉が飛び、裸の男たちが体をぶっつけあい、水がかかり、大樽の酒が振舞われ、大蛇は少し酔いが回り赤い目が据わり大トラならぬ大大蛇となり竹林の中で舞い踊る。

ここまで書いてハタと気がつく「そういえば藪の中に隠れているのは、蛇だけじゃない。

目に見えている竹の下にはすべてをつなげる竹の地下茎がとぐろを巻いているじゃないか。」

「うーん、やっぱし西洋のドラゴンとは違うかんじだな〜」

なんだか、いろんなものが混在して酔っ払った感じになってしまいそうです。

「子供のころ田植えのときにお酒をもらっていたのがいけなかったかな?」



とてもじゃないけれど、

影を追いかけるなんて

そんなことはできゃしない。

だって、どこにも影がないんですから。


06.07.07    井手芳弘 ide@perol.net