商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第52回 日々の楽しみ





田んぼの水を眺めること、一年に一度田んぼが湖に変わる日、それも浅い浅い湖に。

その楽しみは、仕事と結びついているから逃すこともない。

浅い湖は、深い湖と同じようにお日様を映し出すけれど、浅い浅い湖は、吹いてくるかすかな風にそのひだを微細に波立たせ、得もいえぬ微細な縞は、周りの景色を細かく刻み、叩きにして心が消化しやすい食べ物にしてくれる。



「へーい お待ち!<山と景色のたたき>一丁上がり!!」

「うーん!この味は炭酸の微細な泡がのど越しのあたりで、ピチピチとはじけるようなピリッと甘辛い感触を残し、胸あたりでいったんつかえ、少しずつ溶けていく感じですね。」「甘さも辛さも薄く幕をかぶったような控えめなところがいいですね。」

「何が入っているんですか?」

「お客さんが聞くから、教えたげるよ。特別なものは何も入れちゃいない。ただ、まず身を薄く削ぐことだね。それから、かすかな風をかけること、濃すぎても、薄すぎてもいけないよ、それから手早くたたいて薬味と混ぜること。」「みんな身は厚いほうがいいと思って厚く切りすぎるのねぇ。これ間違い。薄くて新鮮これ一番。それと風ね。これ、忘れちゃいけない。おっと、ついついしゃべりすぎちゃった。仕事 仕事。」



神楽のときの冬の満月の風景で感じた夏の昼間の太陽の情景を、今の昼の太陽で感じること(つれづれ41参照)。

今の満月の光の下で、冬の一日の太陽に照らされた世界を体験すること。

後者はやはり街灯のないところに行かないと体験しづらいので、今は少し難しいかな。


それにしても、冬の夜の月の体験は不思議な体験だったなあ。夏の昼間の日差しなのに、現実味がなく、遠い過去の思い出の風景の中にさまよい込んだような・・・そう、あの時は、過去の夏の日の中を走っていたのだろうか? 途中にキツネのお宿の電灯もついていたし・・

冬の満月の月差

象徴としての満月の光が強く降り注ぐ下で、木々は葉を落とし、身を透かして結晶化していく。昼間の光や色合いに対する興味をなくし、モノトーンの静まりの中で眺めるのは月と星だけ。木々にとって夜がリアルな世界で、昼は夢の中の世界のよう。





白い輝きに包まれてくらくらとめまいとともに気絶しそうになること。

遠くの山も空も白いもやの中に沈み、辺りが白い帳に包まれた中で、その白全体を輝かせる梅雨の合間の昼の日差しは無影灯のようにすべてから影を取り去り、存在をあいまいにし、吹いてくる白い風の中に溶かし込む。

こんなときに一緒に自分の意識をその中に入浴させいない手はない。しばし浸かって、自分の心を解きほぐす。

・・・天使ばっかりに包まれた時ってこんな感じかな・・・

おまけに風が吹いてきたりしたらその白がさらに揺らされて効果倍増、ゆれる揺れる世界が揺れる(地面は揺れないけど)、天使の服も、天女の羽衣も、香具山の白妙も、晒しの木綿も、モンシロチョウも、白い花たちも、雲も、木々の白い反射も白い花も。一緒に自分の意識もゆーらゆら。こんなときは一緒にゆーらゆらとそぞろ歩くのが最高。

書いてる文章もゆーらゆらになってしまった。

意識が遠くに行ってしまう。

ただでさえ遠くにある意識が・・・


06.06.16    井手芳弘 ide@perol.net