商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第49回 若葉の迷い


今はゴールデンウィーク天気のいい日が続いています。

ゴールデンウィークは大変です。店の業務以外に、家の仕事があります。田植えのための種まきの準備をしなければいけません。籾種をまくために、苗箱に土をつめていく作業です。今回も子供たちが手伝ってくれました。大きくなってだんだん役に立ってくれます。

そのほかに、昨年やり残していたイチョウの木の枝打ちの仕事もありました。イチョウの木に登り、剪定バサミや、ノコを使い枝を落としていきます。木の下には国道が走り、いつもこの時期には有田の陶器市へ行く車で長い渋滞が続いています。その車の上に枝を落とさないように気をつけながら枝を切っていきます。すでに、噴出してきたイチョウの若葉は触ったり、踏んだりすると(足場だから仕方ないんです)とてもやわらかくて気持ちがいいです。





昨年は、いろんな木の芽が気になって、時間を見つけては写真を撮っていました。
今年はどういうわけか意識がそこに向かわずに、いつの間にか若葉の季節を迎えていました。
家から店までの道のりはおよそ50km、海沿いのすばらしい眺めの横を通ります。これがあったから、20年近くこの道のりを通うことができたのかもしれません。
道は、これだけではなく山の中を通る道もあります。普段は時間がかかるので、ほとんど通らないのですが、この若葉に誘われて、なんとなく山道に車を進めることになりました。
別に何の期待をすることもなく……。
いつも始まりはこんな感じです。
いきなり変なもののお出迎えを受けました。

道路わきのコンクリートの崖についている同心円状の模様です。「エーどうして?誰がこんな斬新な模様描いたの??」もう心を奪われてしまっていました。しばらく観察して考えて、これが上から垂れ下がっている竹の仕業だということが判明。なんとこの竹は風に力をもらい、コンクリートのがけの上を何度も何度もお払いをしているのでした。よく見るとその右側でも同じことをやっている竹がいるではないですか。それからしばらくは、崖を見るたびにこの竹たちのアートが見えて仕方がありませんでした。そこには竹だけでなく、がけにへばり付いた草たちもがんばってアートしていました。竹たちが半円なのに対して、なんと草たちは円を描いたりしています。また、気になることが増えてしまいました。



昨年も追いかけていたことなんですが、古くて濃い葉が影のように見え、そのうえに薄い色の新しい若葉があることで、お日様がさしていない曇りの日にも光がさしているように見える現象の写真を撮っていました。この体験はなんとも不思議な体験で、本当に光がさしてきているように見えてきます。もちろん、光が射していないという考えを、どうにかして麻痺させなければなりませんが。

今回、晴れた日に同じような写真を撮ってみました。晴れた五月の光の下、若葉の木々たちはさらに光を強めるように働きかけます。それは、両方の光が相まって、思考が停止し、意識がなくなっていくようなまばゆさが訪れます。人が悟りを得たり、覚醒した瞬間はこのような状態なのかもしれないな、と思うことがあります。日常的な状態に、より光が射しているような風景です。

<そう、自然界は今覚醒しているのかもしれない。>

覚醒に伴う危うさもあります。この時期の葉はとても柔らかいので、虫たちにとっては最高の餌です。

この時期にこの若芽たちは光を求めて自分の形を変えていっているのだろうな、とも想像してしまいます。



しばらく走るとまた何かに出くわします。道の脇に本当に若葉が萌えると表現したくなる木がありました。少し日が陰っているのにこの輝きです。きっと、日が射したらすばらしい色合いになるに違いない、と晴れ間を待つことになりました。

らせん教室の学びの中で、背後が暗いものの前にある光が透過したものはとても鮮やかに輝くということを知りました。同じ様に光が当たっていても、その背後の状況でまったくちがったような色合いになるということがわかってきたので、少し歩き回ったりして、一番鮮やかな場所を探したりします。

ああ、ここにも ああ、あそこにも


こうして、赤頭巾ちゃんはおばあちゃんの家にケーキを届けることも忘れて、、若葉を捜し森の奥深くに分け入っていくのでした…… つづく。


06.05.05    井手芳弘 ide@perol.net