商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第48回 水の命


前回の写真を、数人(二人)の方から美しいとおほめの言葉をいただきました。思いがけず、とても嬉しいです。私としては、何が皆さんにとって美しいものなのだろうか、というものが分からなくなっているところもありますので、とても助けになります。また、シュタイナー教育を学ばれている方からもお便りをいただき、とても励みになります。

思えば、月1回のペースで(と書かれています)、と言いながら、何とか月二回のペースを維持してきました。なかなか仕事のはかどらない私としては、驚異的なペースかもしれません。

今回、この文章を書くにあたって、全47回の写真を、書いた文章もチラチラと眺めながら、見てみました。

……今気が付いたのですが、48回ということは2×12×2ということで、ちょうど二年の締めくくりでした。<この私の勝手な文章を読んでいただきありがとうございます。>

文章を眺めながら、「いろんなことを書いたなあ、こんなことも書いていていたんだ。」という思いと、自分の書いた文章の稚拙さに対する恥ずかしさが入り混じります。たぶん、自分の文章を少し離れたところから客観的に見ているからでしょう。でも、それぞれのときに、それなりに一生懸命書いたんだ、と自分に言い聞かせて、恥ずかしながらつれづれっていくしかないようです。

本来、日向ぼっこが好きだった私は―またこんな書き出しだよー―よく外の誰もいない場所で、独りで過ごすことがほとんどでした。そこで覚えたことは、開かれた世界での閉じこもりでした。いまでも大変なことがあると、内に閉じこもるのではなく、外のどこか人のいないところに行って閉じこもりたくなります。水がそばにあると最高です。水をじっと見ていると、少しずつ少しずつ解けていく感じがあります。

最近ものを書くことが多くなってきました。天気のいい日など、とても室内でうじうじして文章を書いているのが、なんだかもったいない気がします。そして思います。「こんなところで書いていても、効率は上がらない。なんてったって、いいアイディアが浮かばなきゃ一緒だし。」そんな理由をつけて、外に出かけていきたくなります。

真剣に、書き物ができる開かれた空間を探さなきゃと思います。できれば、水がそばにあるところがいいです。

自分の時間、自分が仕事をする時間、どこで、どのようにやろうといいさ。自分で創造していけば。他人に迷惑をかけなければ。




前置きが長くなってしまいました。2周年ということでお許しください。

でも、水のそばにいくのも考えものです。今度は水が気になってしかたなくなってしまいます。昔は、とろとろとした水面の光の反射に魂を奪われていましたが(今でも奪われます)、今は周りの景色を写しこむことでそこに現れるパターンとリズムに興味が移っています。

水、というのは本当に不思議なものだとつくづく、出会うたびに思います。
きわまると不思議さが得体の知れなさに変わって、ドキッとさせられる感じがあります。

まず、水自体を見ることはありません。水だと思ってみているものは周りの景色の映りこんだ色、水の底の色、水の中に混ざりこんだものの色。風が吹いて波立つことで、これらのものがリズミカルなパターンで組み込まれていきます。決して混ざりこむことなく。

これを見るたびに、精神的なものと物質的なもの、理想的なものと現実的なもの狭間で私たちの思いが常に細かい判断をしていることを思い起こさせます。決して二つのものが融合することなく。





パターンを見るたびに、シャッターを切ってしまいます。

それは、どのパターンも興味深くて、留めてしまいたくなるのです。今では、ほかの人たちに紹介する、という目的も加わったので、より加速して、憑かれたように写真を撮ってしまうことがあります。



いつも思うことですが、この地上では、もしくは私たちが生きているこの世界では<流れるものは必ずリズムを生み出す>という原則を常に発見します。ああ、ここにもリズム、あそこにもリズム、といった感じです。

私たちの体の中にも生きている間にはリズムがあります。もちろん、心臓の鼓動のリズムと呼吸のリズムです。よくはわからないのですが、このリズムの中に何かが宿っているのかもしれない、と思うことがあります。途中の話を端折って申し訳ないのですが、<私は、物質でも精神でもない、その狭間に存在するリズムに宿っているのかもしれない>と。

今回、少し哲学的に攻めてみました。

イースターおめでとう

―復活それは地面から湧き出てくる水―


06.04.21    井手芳弘 ide@perol.net