商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第46回 トリオ


何人かの方から前回のつれづれに関する感想をいただきました。
読んでいただいているんだな、と嬉しくなります。そんな中で、SieとDuの読み方がわからない、というお言葉がありましたので、お知らせします。Sieはジィ、Duはドゥです。

前回書こうとし始めていたのは、実はトリオという題名でした。前回書いたニーダー氏とアレキサンダー氏、それにもう一人はブレフェルト氏です。



ブレフェルト氏は以前のつれづれでも書いたのですが、不思議でとっても深い音を出すゴングその他の金属製の楽器を作られている方です。この楽器は、シュタイナーの音楽療法の第一人者竹田先生が使われていて、そのドイツの先生であるブラス先生も使われている楽器です。ブラス先生が福岡に来ていただいた際には、このブレフェルト氏の作った楽器を使って講座をされました。

音楽療法の学会などで店を出すときには必ずこの楽器を持っていってパフォーマンスをするのですが、注文いただいてもなかなか作ってくれなくて(これは結構有名な話)、今回、プレッシャーをかけるためにも訪れました。最初はとても近寄りがたい感じがあったのですが、何度となく訪れる中で、だいぶ慣れてにこやかに話ができるようになりました。そうすると、何となく愛嬌さえ感じるから不思議です。

彼との会話で覚えている言葉

「ぼくと仕事するの、末恐ろしいだろ?!(ちっとも進まないから、という意)」
「ぼくは、プレッシャーを与えられないと仕事できないんだ。」

私自身似た傾向があるので、とても気をつけなければいけません。
でも、彼の生み出す音の世界は最高です。





不思議なことにこの3人は偶然にもかなり近くに住んでいて、わたしとしてはとても便利でもあります。
この、トリオと書きたくなる気安さと愛すべき感じは一体何なのかな、と思います。
まず、彼らが男であること(男どもがたむろして一緒にそぞろ歩き、私もその中に加えてもらって後から付いていく感じの気安さ)。
次に、三人の性格は、違いすぎるくらいに違って個性的なのですが、壁を作らず自分をそのまま出しているところだと思います。個性的過ぎて変人の領域にいるのに(ごめんなさい本当のこと言って)固意地張ったところがなく、理屈っぽい気難しさがないのでしょう。
そして、何よりも、アントロポゾフィー(人智学)を学ぶ目的とせずに、それを道具として使うことで物質と向き合い、それを通して遠くを見据えているところだと思います。


06.03.17    井手芳弘 ide@perol.net