商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第45回 ドイツ語




ドイツ語を話すようになって、気軽に英語で相手のことをyouと言えなくなってしまいました。

ドイツ語に相手を表すのに二つの表現があり、他人などの距離のある相手と話すときはSie、親しい相手に使うときはDuを使います。自分自身はいつもichです。日本語のように相手を表す言葉がたくさんあり、自分を表す言葉がたくさんある国の人間には想像できないことです。この二つの表現にはこれはとてもはっきりとした区別と天と地との隔たりがあり、気分によってあるときはSie、あるときはDuというわけにはいきません。ただし、若者たちの間では、すぐにDuで話し始めることが多く、子供たちと話すときもDuを使います。 

英語のyouがドイツ語のDu に似ているために、目上の人などに話しかけるときに相手にDuと親しげに呼びかけているような気分になるのです。あらためて、どんな相手にでもyouと呼びかける英語の勇気と大胆さにおそれおののいてしまいます。





今回のドイツ旅行で、二人の人とSieの関係からDuの関係に移りました(妙な感じ?)。

一人はザーレムライアの製作者ニーダー氏でもう一人は福岡に来られた画家のヴィンター氏です。

いつも、Herr Nieder(ニーダーさん)と呼んでいたのが、Horst(ホルスト)とファーストネームで呼ぶようになり、彼は私のことをヨシ(本当はヨシヒロですが、ドイツ語でヨゼフのことを短めてヨシと呼ぶそうなのでいつも自分のことをヨシと呼んでもらうようにしています。)と呼ぶようになります。文法もまったく違ってきますが、それ以上に、こちらの相手に対する距離感もまったく違ったものになります。

ヴィンター氏はアレキサンダーと呼ぶ関係になります。とても自慢しているように聞こえるかもしれませんが(聞こえないかな)、わたしにとっては結構大変なことでもあります。

「井手さん、ちょっと相談があるんだけど。」ニーダー氏の奥さんが改まって切り出されました。「わたしたち親しくなったと思うんですよ、ホルストと話したんだけど、もうお互いをDuで呼び合ったほうが簡単で、いいじゃないかって。」「どう思われます?」「もちろん。」と答えると、急に打ち解けたように「わたしエスタ。」と微笑みながら握手を求められ、わたしは「ぼくヨシ。」と微笑み返し、今度はニーダー氏は「ぼくはホルスト。」といって握手を求めてこられました「ぼくヨシ。」と答えました。

この距離の縮まり方はとても嬉しく、光栄なことである反面、わたしにはドギマギすることもあります。白状しますが、私自身は初対面とても遠慮会釈なく見えていながら(よく言われます)、田舎育ちと生まれつきの性格のため、相手との距離感を縮めることにとても遠慮する人間なのです。それで、ドイツから講座などで来られたボッケミュール先生などと通訳として親しく関っても、他の人が簡単にDuで話し始めているのを尻目に(うらやましさを感じながら…うっ、子供のころのトラウマが…)自分の方から「Duで話そうじゃない。」と言えない自分がいます。それでDuで話すことは、わたしにはとても勇気のいることです。長いSieの付き合いがあったニーダー氏には、Duに移行した後もついついSieで呼びかけている自分がいて、ホルストと呼びかけることのなんとも言えない気恥ずかしさが漂いました。ニーダー氏も時々わたしにSieで呼びかけては、「ああ」と言ってDuに変えられていました。工房の弟子の職人にはとても親しいのに距離を保つのにSieで話されているようで、この関係のとり方はとても微妙なものだと思います。

Sieで話すときは、立てられ過ぎているようで、自分をしっかり立てなくちゃいけないし、Duで話すときは余りの関係性の近さに自分の距離感とどのように戦ったらいいか、という自分が持ち続けて、育てられてきたものをどう克服するか、という課題に立ち向かっている気がします。

なんだか、自分のトラウマが引っかかっちゃって、なんだか思わぬ方向に話が展開していきました。ドイツ体験記はこれで終わりにしようと思ったのですが、もう一度書かなくちゃいけなくなりました。


06.03.03    井手芳弘 ide@perol.net