商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第44回 ニュールンベルク玩具メッセ




今年も来てしまいました。

何となく、一年の目標になっています。

ニュールンベルクの玩具メッセの会場です。

昨年も書きましたが、世界で一番大きな玩具の見本市が今年も2月の始めに開催されました。

この会場には、世界各国からたくさんの商人たちが訪れるのですが、その中には、たくさんの日本人もいます。つみきやの原田氏もメッセに出てくると言う話を聞いていたので、この会場で顔を合わせることができるかな、と思っていたのですが、案の定、何度も顔を合わせました。福岡で顔を合わせることがほとんどないので、とても不思議な感じです。

写真は12あるホールのうちの一つです。野球場が入るくらいの大きなホールの中に、たくさんのブースが入っていて、その中を歩き回って店を訪ねます。12のブースの中で、私たちが興味深いのは1から4までの木の玩具や楽器、手作りのブースと11のゲームのブースです。数年前までは目を皿にしていろんなブースをめぐっていたのですが、たいていの良い商品はすでに日本の輸入代理店が独占契約を結んでいます。これらの代理店から品物を入れることができない当店は、ほとんどあきらめ気味です。でも中に時々きらっと光るものが残っています。今回感じたのですが、一回見たつもりのブースを何度も通ってみると、「エー!こんなのもあったのー」といった感じで、新たな発見があります。又、昨年たくさんの木彫りが並んでいた店が、木のパズルばかりを出していたりと結構様変わりもしています。何年か通ううちに、ペロルのオリジナルを作りたい、と言う気持ちがだんだん高まってきています。オリジナルの木彫りのマリアや天使たち、オリジナルのアドヴェントカレンダーなんか出来たらいいかな、と思います。

商業の分野になると時々不思議なこともおきます。ドイツでは、Waldorfpuppen(シュタイナー人形)の名前をケテ・クルーゼというドイツの一般の玩具会社が商標登録したため、シュタイナー学校の人たちや一般のはその名前を使うことができなくなったそうです。



ここは、今回留めてもらったプライベートのお家です。メッセのときは町中の宿が満杯になるため、メッセの人たちのためだけに一般の家を宿にしています。いつもギリギリになる私は、航空券は何とか手にしたものの、宿はニュールンベルクのツーリストインフォメーションに連絡したけども満杯で取れずじまい。直接来たほうがいいと言われ、駅での野宿を覚悟で、飛行機で到着しだい、夜の9時半にツーリストインフォメーションへ、(いつもは7時までだそうでメッセの3日間だけ10時まで開いてるそうです。)ホテルは高いところばかり、首を横に振ると係りの人は困った顔、最後に「プライベートは?」と聞かれ、もちろんOKと答えると、3件のリストへTEL、みんな出払っているのでお手上げの状態、隣の係りの人が一つ見つけて電話すると繋がり、何とか救われました。

ながーい、ながーい一日(24+8時間)と前日の徹夜状態(2時間睡眠)から開放されて天国に辿り着いた気分です。

写真は載せないで、という希望で、眼鏡だけの登場になったのですが、やはり知り合いから、「全く知らない人を留めるなんて考えられない。」と言われるそうです。当人は「いろんな人と知り合いになれるから楽しい。」と言っているそうです。プライベートの宿の人はもちろん人好きの方ばかりなので、ついつい話も弾んでしまいます。



メッセに来ると毎年会う手回しオルガン弾きです。みんながメッセ会場から帰る6時過ぎに駅へと続く陸橋の上で演奏しています。怒涛のように押し寄せる人の波と寒風の中、シリアスな顔をしてひたすら取っ手を回し続けている横を人々は無関心に通り過ぎて行きます。ついつい同情心を起こしながら通り過ぎていた私でしたが、たまたま昼に出て来たときにその場所で立ち話をしている彼を見つけました。怒っているように話をしている彼は(ここでの仕事の上がりが悪いので、「メッセの客はなんてけちなんだ、トイメッセなのに。」と言っているように聞こえる)近づき難かったのですが、意を決して近づき、話しかけました。意外とにこやかに話してくれた彼のドイツ語はすごい訛りで、全く解読不能、何とか聞きつけたのは、ここでの上がりはとてもいい!ということ、なんだか安心し、もちろん帰るときはお金を入れ、彼は「ありがとう」と首を振ってくれました。


06.02.17    井手芳弘 ide@perol.net