商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第42回 日向ぼっこ


日向ぼっこに最適の季節になってきました。色鮮やかな木々の葉が落ちた後の枝々が残骸のように感じられたのに、寒風の中、期待に胸を膨らまし春を待つ木の芽に感じられるのが不思議です。何かが変わっていったのでしょう。

私は、付かれたように、日本の祭りについて書き続けてしまいました。
一体何が私をここまで駆り立てたのでしょう。

いずれにせよ、ドイツでシュタイナー教育とアントロポゾフィー(人智学)に触れてよかったな、とつくづく思います。そうでなければ、ただの日向ぼっこと夜歩きが好きな偏屈親父になっていたかもしれません(ひょっとすると、実はそのものだったりして)。

いつか、書いたかの知れませんが、いつも立ち返るのは「物質的なものを徹底的に追及すれば精神的なものに行き着き、精神的なものを徹底的に追求すれば物質的なものに行き着く」というR・シュタイナーの言葉です。

物質的なものの中に精神性につながるものがある、というのはとても嬉しいことです。

物質的なものを素直により素直に、そのものをそのものとして出会い、理解していく中で、何か高いものと出会えるような気がします。今の自分が肯定されるようでとても嬉しいです。また、自分が寄り日本の精神的なものにより近くなった感じがするのも嬉しいです。

ドイツできっかけをもらった木の観察、天動説的な天体の理解、光と影の観察と捉え方、季節の流れと人間の魂とのかかわり、内的な世界と外的な世界の呼応、etc.

すべてが、これまでの自分の身の回りの、もしくは中の世界の理解に役に立っています。全てが、一つの全体性を持って関連付けられていくのがなんともいえません。


とは言え、生活はまたいつもの日常に戻ってきました。教室と店とこのつれづれ書き込みと、めまぐるしく時は過ぎていきます。何とか流れにさおを指さなくっちゃ。光は、「日向ぼっこ は いかがですか! 日向ぼっこ は いかがですか!」と誘っている。そう、そんなに長くやらなくてもいいじゃないか、ほんの数十分付き合ってもいいじゃないか、

おあつらえ向きに、室見川がすぐ近く、冬の朝の光は全てを掃き清めたように世界を晴れやかに照らす。

たどり着いてみると、しめしめ川の水が引いて川底が出ている。早速、カメラを担いで降りてみる。意外や意外、なんともしっとりしっかりした感覚。




気をつけなくっちゃいけないんだよね。「もう何にも新しいものない。」と思って少し油断して、「カメラなんか要らないや、めんどうだもん。」ってカメラ置いてくるでしょ。それを見計らったように、とんでもないことを目の前に展開させてくれるんだよね。そして、私は呆然として、ただそれを見ている。そして、思い知らされる、お前が知ってることなんてほんのちっぽけなことさ、うすっぺらいやつめ、って。

そして嬉しさがこみ上げる。




ああこの、水の色の変化がたまらない。

すでに意識が変わってきている。呼吸が変わってきている。

物質的な半乾きのマットな地面に、いろいろなものを映しこむ水が波のリズムのアクセントを伴いながら沁み(浸み)入る。

少しずつ水が満ち始めている。

水をかぶった地面の穴という穴から気泡が子気味いいようにポッポッポッと吐き出される。

水面を眺めているうちに、見つけた





星、光の星、十字の星

星たちが、私の目の前を流れていく

私は夢中でカメラを構える

次から次に流れていく星たち、いったいどこから?

ああ、なんとあの泡が発生源だったんだ、

ただ、泡を吐き出していると思っていたら、

あれって星の製造機じゃん!

こんなこと、ひっそりとあわただしく(泡だたしく?)人知れずやっていたなんて、

なんてこった。



ポッポッポッ

水がきたぞ!

さあ急げ!

遅れるんじゃない!

ポッポッポッ

ああ忙しいたらありゃしない。

水がひたひたひたと

私たちの上を流れる間に

ポッポッポッ

私たちの仕事は、泡作り

あっちのお家、こっちのお家

いたるところで競って泡作り

ポッポッポッ

さあ作れ

やれ打ち上げろ

俺たちは星の製造者

星が消えるぞ!

打ち出せ!



まだ、まだ、自分の身の周りさえわかっていない。

私の足元は深い、私の周りも深い。


06.01.20    井手芳弘 ide@perol.net