商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第40回 浄化の火


今回は引き続き鉄作りの話を書きたいと思います。
あれは、ちょうど腰を痛めて寝ていたときのことです。なんとか起き上がり、やっとの思いで出かけていきました。どうしても鉄作りを体験したかったのです。
思い起こせば、ドイツでのシュタイナー学校教員養成ゼミナールで学んでいる頃、シュタイナー学校の授業の歴史の授業の中で、エジプト時代の体験のひとつとして青銅づくりが何かの記事として載っていました。「すごいなーシュタイナー学校は、こんなことまでやるんだ。」と、ただただ感心していました。
しばらくたって、日本のある記事の中に鉄作りの様子が載っていて、「鉄作りもできるんだ、すごいな。」と思っていました。子どもたちとの合宿でも鉄作りをやりたいなーと思っていたので、その鉄作りが体験できる、それも日本刀の材料となる玉鋼(たまはがね)だ! といわれた日には這ってでも行かねばならぬ、という気持ちにさせられました。

そもそも不思議なことが山積していました。
どうして、日本刀は玉鋼から作らなければならないのか?
どうして、そもそも砂鉄と木炭から作るのか?
ノロとは何ぞや?
どうして、玉鋼はさびないのか?

???が溜まり、結構フラストレーションを起こしていた矢先でもありました。
布団から起きだし、何とかだましだまし車に乗り込み目的地に向かいました。



今回80人ほどの申し込みがあったそうで、その関心の高さが伺えました。10分ほど前に会場に着くと、すでに沢山の人たちが集まっていました。イベント事、というとついつい若い人たちを想像してしまいますが、お年を召された方がほとんどで、いつもの集まりとはかなり違った中に入り込んだようでした。全く違った方向から、この玉鋼に興味を持つ人々がいるんだ、ということを再認識しました。



その人たちが取り巻いているのは、鉄作り、というイメージからは程遠い、本当にきゃしやな煙突のような炉でした。その中に木炭を入れ、1時間以上炉を暖めて、中の粘土を乾かしてから、砂鉄と木炭を交互に入れていくそうです。炉が完全に乾かないと、いい鉄はできないということ、内側に貼った粘土の質は秘密で、この粘土の質によって鉄がきちんとできるかどうかが決まってくる、ということでした。
<なんと奥深くて複雑なんだろう!>
(でもこれじゃ自分ではやれないな、とあきらめに似た境地)。
はやる気持ちを抑えながら、次から次に湧いてくる質問を指導されている刀鍛冶の先生になるべく迷惑をかけないように一つずつ尋ねました。それはいずれも納得ができる答えで、のどの使えが取れたような目から鱗の心地よさでした。

「どうして、わざわざこのやり方で鉄を作らなければならないか?」と尋ねたところ、「木炭を使ったこのやり方では炉の温度が1500℃までぐらいしか上がらず,この低温で初めて純度の高い鉄を作ることができる。」ということでした。「純度の高い鉄というと、炭素を含まないやわらかい軟鉄(炭素を多く含むほど鉄は硬くなる)を想像するが。」と言うと、「炭素は含まれるが、そのほかの鉄以外の金属がほとんど混じらない。」との答えでした。ウウム!なるほど、なるほど、純粋な鉄はほとんど錆びることなく、1000年以上前に使われた鉄釘がいまだに錆びずに残っているそうで、驚きです。



鉄を作る過程で出てくるチタンその他の鉄以外の金属や粘土の溶けたものがノロだそうで、それが溶けた鉄の周りを覆っているそうです。それで、そのノロを取り除いてやるために中から取り出してやらなければならないとのこと、そのためには、ごうごうと燃え盛る炉の中の様子を覗き穴から覗きながら、溶けた鉄の状態を想像して取り出すそうです。ノロの中に鉄が混じると、花火のようにパチパチとはじける火花が混じるそうです。
こういう話を聞きながら炉を眺めているうちに、中で明るいオレンジ色に溶けているであろう鉄がなんだか一つの生き物のように感じ始めていました。そして、時折流し出されるノロは、砂鉄が純粋な鉄に変わる過程で流す赤い涙のような、そんな気さえしてきました。もはや鉄が、無機的な冷たい硬い物質である、というイメージが心の中から取り払われていくのを感じました。


05.12.16    井手芳弘 ide@perol.net