商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第37回 秋の展覧会



先週の土日にラウムで福岡シュタイナー教室の作品展が行われました。今年で二回目になります。子どもたちの作品展以外に、手作りを体験する手作りコーナー、それにお母さん方が作られたものを売るバザーが行われます。お母さん方やお父さんが土曜日9時ぐらいから集まり、みんなで準備をします。
昨年は思いのほかたくさんの方々がこの作品展もしくはバザーに来ていただき、大変にぎやかになったのを覚えています。今年も、やはりたくさんの人が来られました。それにつけても、お母さん方のパワーには感服します。ペロルのほうで私がどんなにがんばったって、この人出のほんの一握りを集めることも出来ません。そして、その集まった手作りの見事なこと。本当に感心してしまいます。もちろん手作りコーナーにも子どもたちがたくさん集まり、手作りを楽しんでいます。その手作りの手伝いをしてくれているのも、教室の子どもたちです。とっても頼もしくなったとうれしい限りです。

今年で2回目のこの作品展、実はラウムで行うのは2回目ですが、それまで結構長い歴史があるのです。昨年、教室をこの場で行うことになったのですが、それまである公民館に長いことお世話になっていました。その公民館の主事さんがとても理解のある方だったのです。それはあることをきっかけとしていました。教室に来ているある男の子がこの教室に通ううちにとてもいい感じに変わって行ったということでした。「この子がこんなにいい感じに変わるならきっといい教室に違いない。」ということでとても応援していただきました。まあ、私からすると、そのこはもともとそのように成長する子だったように思います。
でも、その子のおかげで長い間、その主事さんがやめられるまでの間お世話になりました。
その後は、西福岡教会にお世話になりました。公民館にお世話になっている間は、公民館の文化祭にいっしょに参加させていただき、教会のときは豊田先生のお世話で西部ガスミュージアムにて作品展をしてきました。いわゆる、いろんな場所を借りてやってきたわけです。その頃には、どこか自分たちの活動の場所を造りたいものだ、と願っていました。まがりなりにもその願いがこのラウムでかなったわけです。言い訳をするようですが、私自身が活動を広めることは力が足りませんでした(どれだけ力が注げたか分かりませんが)。
先生家業しかしたことのない人間が、自由業的な中で人並みの収入をあげて、家族を養っていくことさえままならない状況です。そういう人間が、ボランテア的な活動に時間を割いていった挙句、どういう結果になるか目に見えるような気がします。そういう中で、学校を作らないのですか?という問いかけをされて、いやできません。と答えたときの相手の落胆振りがとても心に痛い感じでした。(まあ、いいさ、一生懸命にやってきたんだって、自分に言い聞かせてもいいかもしれない。)まあいいさ、これだけのことしか出来ない自分だけど、それなりに一生懸命にやってきたと思おう。確かに、東京や、京田辺や、北海道や、那須の活動とは比べ物にならないくらい小さなものかもしれないけれど、自分のやれることを自分の課題としてやっていこう。教室の皆も一生懸命関わっていただいているし。

あるとき思ったことがありました。東京にこれだけの人材がそろっている。それで、このような歩みがある。福岡や佐賀での歩みがのろいのは私がふがいないせいだけでもないよね、って。
なんだか、愚痴っぽくなってしまいました。いかん いかん。
さて、この写真はみずいろ(小学生未満のクラス)とみずたまり(小学校1年生〜3年生のクラス)のクラスの作品です。ほとんどが濡らし絵(紙を水に湿らせておいてそこに三原色の絵の具で描いていく手法)の作品を描いています。眺めれば眺めるほど、子どもたちの心の中の世界がそこに描き込まれています。この頃の子供たちの絵は、あっけらカーンとして、そこに永遠に存在しているような感じです。


これは、みずすましの子どもたちの作品の一部です。全部載せられなくてすみません。
世界がとても足元に来た感じがあります。


これは中学生のクラスの水絵のクラスです。木彫りや金属加工など、さまざまな活動が可能になってきます。子どもたちも、しっかりとして頼もしくなってきますね。

どういう形にしろ、自分たちの場が、何かを温められる場があるということはつくづくいいことだな、と思います。


05.11.04    井手芳弘 ide@perol.net