商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第35回 物作り


最近、ポストカードを作るために自分の撮った写真の見直しをしました。相変わらずの整理のなさ、でほしい写真を探し当てるのに苦労をしました。また、探し始めると、あの写真、この写真と、その中から4つを選ぶのは至難の技です。あらためて、自分の撮った写真の多さに驚くことしきりです。ただ、普段とはちがう見方で物を捕らえる方向を体験してもらおうとその意識でたくさん写真を撮ってみるのですが、使い物になる美しさを兼ね備えた写真となると、少なくなってきます。



そもそもの事の起りは、ヴィンター氏の来日でした。氏の来日に際して人気のあったヴェレダのカレンダーのポストカードを作ろうというアイデアが浮かんできたのです。そして、そのことを話さなきゃ、話さなきゃと思いながらヴィンター氏と電話をしているうちに、ポストカードの話が彼の口から出てきました。「エーッ!ポストカードの話しましたっけねー?」と話すと「そのことは自分で考えていた。」とのこと、早速話はとんとん拍子に進んでいき、氏のほうから絵の撮影をしたCDが届きました。それを、かの栗山氏のところに持って行き、印刷を頼むことになりました。栗山氏は、自分でも絵を描かれ個展をされる方で、印刷の仕上がりに関してはかなり信頼の置ける方だと思っています。ちなみに、10年ほど前のつみきやペロルのパンフレットはこの栗山氏のところへ頼んだのでした(今ペロルのHPを作っていただいている坂本氏は、いたくこのパンフを気に入っていただきました)。一色刷りで、いかに感じよく仕上げるか、ということに栗山氏は全面的に協力していただいたのです。どの紙に、どのインクを入れると、色がどのように変わっていくか、ということを細かく説明していただきました。いずれにせよ、最終的にはその人のセンスが物を言うということが分かってきました。家具にしろ、壁塗りにしろ、最終的にその人の中にあるセンスが私のセンスと合っていなければ大変なことになります。どんなに事細かく図面を書いたつもりでも(当人は一生懸命やっているつもりだけれど曖昧な面が残っているのかもしれない、いや、残っているに違いありません)、出来上がってくるものは、言い残した、コントロールし忘れた部分を全く違ったように作られたものです。その点、センスがあっているというか、信頼できる人は取りこぼしたところをうまくカバーしてくれる感じがあります。さらに、その道の専門の人たちと一緒に作業することは楽しいことです。今まで当たり前だと思ってきた機械的な作業が、実は人間の微妙なさじ加減で、調整されているということが至るところで明らかになってきます。機械化されて、全て自動で行われると思いがちなのですが、意外と肝心なところに人のセンスが生きているものだなあと思わされます。世の中、まだまだ捨てたもんじゃない、と思います。というか、おちおちしてられない厳しさも感じます。

話ばかりが進んでしまった感がありますが、技術とセンスの狭間をよく考えることがあります。例えば木工で何かを作る場合、二通りの極端なあり方が存在します。一つは、木の特性を全く知らずに(知ろうとせずに)、自分のデザインをそのものに無理やり当てはめていく、という方向。もう一つは、木の特性を熟知しながら、自分の作りたいものが全く見えていない、というあり方です。いずれにせよ、とても奇異なアンバランスなものができていきます。やはり中庸が大切かな、と思います。



今回、4枚の自分自身のポストカードを作りました。さまざまな写真の中から、水面の写真を選びました。ただ、やはり客観的に見てみて、素人の作品である、ということを実感させられました。

そう、なんでもそうだった。実際にやってみることで、自分の自尊心や自信は吹き飛んでしまった。シュタイナー教育だって、ドイツ語だって、店のことだって、自分でやってみて自分の程度が痛いほど分かってしまった。そうだよね、やらなきゃ、手を染めなければ、そんな目にあわなかったのにね。あーあ、相変わらず自信のないまま年を取っていく。性分だね。でも、開き直るのも性分。「どんなに恥じかいたって、じたばたしてやる。」そんなにスマートに物事進むわけないし。

早く開き直ろう、早く汗をかこう、身体を少しウォームアップして駆け抜けよう。


05.10.07    井手芳弘 ide@perol.net