商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第32回 影送り


まだまだ暑い日が続きますね、
巻頭言のほうに、なんだかつれづれのような文章を書いてしまいまして。その続きを書くような、なんとも境目がない文章になりかけています。

前回飛行機からの話を少し書きました。今回も続けたいと思います。なぜって、あまりに飛ぶ回数が多かったからです。本来、成層圏を汚すことに少々の引け目を感じている私は、せめて、この現代人の意識の目をもたらしてくれる飛行機からの眺めを、少しでも多く、深く体験しなければ、という使命感にも似たような気持ちで挑んでいます。そもそも、人間が本来体験しない場所から、言い換えれば現実から離れた場所から世界を眺めるという体験は現代文明のなせる業だと考えています。

考えてみれば、飛行機を飛ばすということ自体、私たちの知性の粋を集めた行為ではあります。張り詰めた知性によって私たちは空を飛んでいるわけです。また、地上1万メートルという高さから地上や周りの空を眺めることになるのですが、その世界は気温マイナス40度、気圧も低く、とても立っていられる場所ではありません。そして、当たり前のことですが、いつも晴れています。その紫外線たるや直接見るとすぐに目を傷めてしまうほどのものでしょう。要するに、とてもすばらしい光景が常に見られるのですが、その場所に長くはいられない不自然な場所でもあります。そのことを考えるたびに、ああ、現代人の持つ知性といわれるものによく似ているな、と思います。とてもクリヤーで、物事を客観的に冷静に判断できるけれども、それだけを長くもち続けることは、自分自身の生命力を弱らせていく、そんなものにダブります。

でも、現代人の特権である、<違った体験>をほんの少しの間楽しむのもいいかな、と思います。

今までと全く違ったものが体験できるという感覚は、飛行機が飛び立つときに現れています。太陽を背にした窓から眺めていると、滑走路を走ったあとで、ふわっと飛び上がります。そのときに飛行機の影が滑走路に見え始め、私たちが飛ぶのと同じ速さで地上を駆けていきます。その影は、飛行機が高く上がり始めると、次第に小さくなり、ぼやけながら、家々の屋根を駆けていく様は結構感動物です。

そして、思うのです。「私の影よ。地上に居るときにはついぞ離れることのなかった影よ。しばしの別れだ。私はお前と離れて違う体験をしてくる。」



その影は、時として不思議なものを生み出します。地上に置き忘れてきて意識に上らせない影を空の高みから探し出したときです。その影は下に雲があるときに再び、でもほとんど目立たない形で現れます。なんと、置き忘れたはずの影のその周りが虹のように色づいています。それは、なんとも感動的な、心を躍らせる体験です。反対の窓側に太陽があるときにはいつもこの影を探します。雲の間をゆっくりと移動しながら付いて来ている様は

なんとも表現しがたい体験をもたらしてくれます。



それは、沖縄行きの飛行機に乗ったときのことでした。私はいつものように、窓からこの虹付きの影を探していました。そして、それを見つけると、いつものようにめでて楽しんでいました。飛行機が空港に近づいてきて、降下を始めたときでした。雲に近づくと飛行機の影は大きくなりますが、この虹の大きさは変わらないので、飛行機の影に対して虹の大きさは小さくなります。「フムフムなるほど、全てはお見通しだわい。」と余裕をかまして眺めていたときです。

ふと・・・機体の中心じゃなく、どうしてこの場所に虹が?・・・と思ってしまったのです。


それがいけなかったのです。

<そう、それは私の座っている座席を中心にできた虹の輪だったのです。>

エー?マジで?

わたしが、ずっと楽しんできた飛行機の周りの虹は、私が生み出していたものでした。


「うかつだった、こんなことに気がついていなかったなんて。」

頭の後ろから思いっきり殴られたような衝撃を感じました。

飛行機の影をこんなにも美しく輝かせていた虹を作っていたのは自分自身だったんだ・・・

そう思ったとたん、ふっと熱いものがこみ上げてきてしまいました。


なんだか、書こうと思った方向と全く違ったほうにはまり込んでしまいました。
また、再挑戦しよーっと


05.08.19    井手芳弘 ide@perol.net