商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第31回 ある夏休みの日々
 (不思議なものたちに囲まれて)


夏休みは、普段とは違った忙しさです。いつもは定期の講座の日々ですが、夏休みは特別講座などなどで動き回るからです。普段とは違い、慣れないことも多いので、どうしても時間的に差し迫ってきます。

まあ、そんな中でももちろん楽しみがあります。その一つは飛行機に乗って外を眺めることです。



撮ろうとしたのは真ん丸い太陽の像でした。

毎回思います。「もう何度も空を見た、何も新たな発見はないだろう。」でもやはり、新たなものはあるんですね。

はっきりとは撮れていないのですが、確かに肉眼でははっきりとした形の真ん丸い太陽が映っていました。今まで、海や川の上を飛んでも、ついぞこのようなはっきりとした太陽を見ることはありませんでした。じつはこの時期、水田に水が張られているために、その水面が鏡の役割をしたのでした。遠くから眺めた場合に、どうして深い海ではだめで、浅い水田では像がはっきりと映るのか?考えがまだそこまで付いていきません。考えなければならないことが多くて困ります。なるべく情報量を増やさないようにして、身の回りのことだけを考えようとしているのですが、そこから次々に分からないことが湧いてくるから始末に負えません。



空港に降りたち、重たいかばんを両手に持って背中にはリュックを背負って列車の来るホームまで歩きます。何もポスターが入っていない看板の横を通り過ぎます。何かが気になって後ずさりをして、じっと眺めてしまいます。「うーん、なんとグラマラスな看板だろう」「これほど迫力のあるポスター見たことない。」と目を奪われます。



さて、つれづれでも紹介した東京の狛江の会の講座が終わり、今回は光の館に向かうことにしました。昨年は遠野に向かいとても印象深い体験をしましたので、今年はそれに負けない体験を、とばかりに計画しました。皆さんも、昨年遠野だったから、今年は一体どこに行くのだろう、と期待されていたのではないかとプレッシャーも感じていましたし(誰もそんなことは期待していません)。



ジェームス・タレルの作品を追う私は、新潟の地にあるこの光の館にぜひ行ってみたいと思っていました。宿泊型の体験施設で、宿泊しながらタレルの作品が体験できるという、タレルファンにはよだれが出るようなものです。できれば、ここで光についての講座をすれば、交通費も宿泊費も浮くし、などという不埒な考えを抱いていたのですが、その講座の計画まで待ちきれず、一人で下見ということになりました。

新幹線と在来線、ローカル線(第3セクター)を乗り継いでたどり着いたところは十日町。


そこからタクシーで走り、山間の建物にたどり着きました。

見学時間が過ぎて、到着したのですが、宿泊者がいないということで、特別に案内してもらうことに。



畳敷きの和室では天井が開き、まるで照明器具のように、四角く切り取られた空が不思議な青い光を放っています。端正な和室の天井が開いているなんて、あまりに奇抜すぎて不思議な感じになってしまいます。


05.08.05    井手芳弘 ide@perol.net