商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第30回 子供たちの絵




この絵は私の教室に通っているある子のお母さんからいただいたものです。子どもたちの絵、というとついこの絵を紹介することがあります。
もちろん、こどもに「この絵頂戴。」なんて訊きません。それは、そのこの自意識を過剰に育てるような気がするからです。願わくば、この文章を子供たちが見ることのないように、と思います。それは、こどもたちに嘘をついていて、見られてはまずい文章を書いているわけではありません。ただ、大人からどう見られている、とかいう子どもの自意識をなるべく、刺激したくないのです。

そういえば、わたしはませているような、いないような子でした。ほとんどおぼこいし、身なりは全く構わないセンスのない子だったのに、科学の友やその他の本を開いては、まず保護者の皆さんへという欄を読んで、この記事の狙いは何なのだ、ということを理解しようとしていた変なやつでした。でも、今思うと、子どもの目に触れるところにこんな文章を載せているほうがおかしいですよね。おかげで、その記事の中に完全に溶け込めない自分をいつも感じていました。今、きっとこういう人はほかにもたくさんいたのではないか、という気がしています。

話が飛んでしまいました。
この絵は4歳ぐらいの幼稚園児が描いたものです。何かの課題を与えるわけではなく、絵の具を与えて、濡らした水彩紙の上に思い思いに載せていってもらいます。よく受けるお母さん方からの質問に「絵を見て子どもの何が分かるのでしょうか。」というものがあります。私はこう答えます。「絵はその子の心の窓です。」「その子の心がそこにある、と思って見て下さい。」でも、たいていは理解されません。目の前にその子の心の世界が広がっていると私は思います。何かを理解するとか考えるのではなく、ただただ、その子の世界の中に入り込み、その世界を体験することがどれほど大切なことか、と思います。そうすることで、子どもの中にある深い、尊い世界が見えてきます。それは、その子を理解するということ以上のものです。
私は、この絵を眺めているといつも、黄泉の国の入り口の前に立ったような、なんともいえない気持ちになります。

<手前にいろんな色を持った魂的存在がいて、その先に、真っ赤な河が流れている、それは三途の川といっていいほど人を寄せ付けない非人間的なところがある、その河の向こうには深い深い黄泉の国が闇の彼方へと続いている。>
なんと深い絵だろうと思います。私はついぞこのような絵を見たことがありません。それを、4歳の子どもが描いたのです。それは、ほとんどがその子の心の中の手前の方に、ほんの少しの意識の世界があり、その背後には広大な無意識の世界がある。無意識の世界は意識の世界への境を越えてその影響を脈々と与えている、意識はほとんど無意識の永遠の世界に吸い込まれそうになりながら。

この子のおかあさんから相談を受けました。この子の反応がいま一つはっきりしない、関係性に問題があるかもしれない、と園の先生から言われたそうです。
私は、憤って答えました。「なに言ってるんですか。自信を持ってください。この子は問題なんかない、それどころか、あまりに周りを深く吸い込んでしまうから、自分の反応として出てこないだけです。」
高校生になったその子のはなしをあるお母さんから聞きました。それは、本当にいい子に育った、たくさんの子どもたちの中で、迎合したり、徒党を組んだりせずに、きちんとした関係を持って、自分でじっくり考えて行動する子になっている。
合掌あるのみです。この絵を描かせた存在は今、何処にいるのでしょうね。


おまけです。
車で走っていてふと気になり引き返して写真を撮りました。ケヤキの枝が、不思議な若葉の色と伸びを見せています。夏至の頃に再び芽吹いているような不思議な色合いです。


05.07.15    井手芳弘 ide@perol.net