商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第24回 春の目覚め



意識がドイツに行っているうちに、いつの間にかわたしの身近に春がやってきていました。
春の楽しみはいろいろありますが、わたしにとってはこの白モクレンの花が特別な感じがします。たぶん、心までもが吸い込まれるような青い空にこの白い色のコントラストがたまらないのでしょう。あたかも目に見えない光を意識するかのように白鷺のように反射し透き通る羽を羽ばたかせるように立ち上げる様は見事としか形容しようがありません。人は言葉で表現できないようなものを見たときに、より高いものの存在を感じるのかもしれません。―この花を見上げたときに、自分の気持ちがはるかかなたの土地に飛ばされるような気になるのはなぜなのだろうか―

でも、それだけではありません。わたしはつくづく植物の観察をやってよかったなーと思うわけですが、その中の一つが、一年間に伸びた枝の長さを調べるということでした(観察のことをより詳しく知りたい方は シュタイナー教育的子育て\350 を読んでみてください。)傍からまず眺めて、今度は部分の中に自分を没頭させます。そうしてそれぞれの部分と知り合いになって、また全体に移っていきます。昨年の春のことでした(?一昨年かな?、ひょっとすると数年前?)。白モクレンと出会って、初めてこのことをやってみたのです。そしてモクレンの枝の先端に花が付いているのに気がつきました。花を付ける、ということはそれから先の成長をあきらめる、ということでもあります。桜の木は常に伸びる主の枝の先端には花をつけません。木の芽をつけることでどんどん成長していきます。桜に親しんでいた私には、枝の先端に花をつけるこのモクレンのやり方がどうしても理解できませんでした。おいおい、そんなにきっぱりと先に花なんかつけていいの?それから先不安じゃないの?桜みたいに横に花をつけていかなくてもいいの?それは余りにもあっけらかんとしていました。そして、気がついたのです。その花の下の左右(少しずれて)に二つの芽が付いていることを。そう、モクレンは花を咲かせることでその枝の流れを少し戻しては、二つの方向に変えていっていたのです。ああ、こんな成長の仕方のあるのだ、毎年花を枝の先端につけてはその方向を二つに分けていくというやり方が。よくよくそれまでの根元の枝振りを眺めてみると、常に二つに分かれる動きから出来ています。それがモクレンの枝振りにジグザグ感を与えていました。
笑いがこみ上げてきました。


<天から降り注いできた光に向かって地面の中から伸びていき、答えていく>というとても単純な命題にたいしてこのように違った答え方があるのだ。モクレンはよりによって毎年自分の方向性を変えながらこれに答えているのだ。そのイメージは先ほどのモクレンを全体的に眺めていたときのイメージを壊すものでは決してありませんでした。ただただモクレンが身近に感じられました。
それから、それぞれの木がこの命題をどのようにこなしているのだろうか、ということが気(木?)になりだしました。その後で、いろいろな木と出会いました。そのほとんどは華やかではないために全く意識にさえ上っていなかった名前も知らない木たちです。このことを繰り返す中で、それぞれの木が命を持った一つの個である、と感じるとともに、とても大きな世界とのつながりを感じたものでした。

…ちょっと感傷的だったかな?…
…春が悪いんだよね…


05.04.15    井手芳弘 ide@perol.net