商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第22回 ペロルのルーツ


ザーレムの工房をおいとまして「こうやって直接話せばいろんなことを深く話せるのだが、一日間は短かったね。」と言うニーダーさんの言葉に送られて、ユーバリンゲンからユーゲントゼミナール(シュタイナー思想にのっとった若者のための宿泊教育機関)のあるエンゲンの知り合いの家に泊めてもらいました。このユーゲントゼミナールは農場をもち、1年間掛けてシュタイナー関係の作業とオイリュトミー、言語造形、神智学、その他さまざまな事柄を全般的に学ぶ施設です。私はそこで1年間学びました。今でも日本人の若者が学んでいると言うことで、その間お世話になった日本人の奥さんとドイツ人のご主人のお家で顔を合わせることが出来ました。



次の日、朝早くシュツッツガルトに向けて列車に乗りました。その間静かな山間地帯(と言ってもほとんど平原)を列車は走ります。二階建ての列車の中には乗る人はほとんど無く、2時間の間、ゆっくりと周りを眺めながらすごしました。何度も走ったことのある懐かしい風景です。

それから、シュッツツガルトのペロルさんのお家に伺いました。

このシュツッツガルトの町には初めてのシュタイナー学校があり、今でもたくさんの子どもたちが通っています。そこにシュタイナー学校教員ゼミナールがありユーゲントゼミナールのあるエンゲン(人口5000人弱)からシュツッツガルト(人口50万人?)に出てきたときはとても都会に感じたものでした。シュツッツガルト一帯は、ベンツ、ポルシェ、などの車や、ジーメンスを初め弱電、家電など、さまざまな産業が発達した場所です。駅の屋根の上にベンツのマークがどっかりと載って回っているのは有名です。

昔はゾーリンゲンの刃物で有名なルール地方が産業の中心でしたが、炭鉱の閉山その他でいまや産業の中心はシュツッツガルト一帯に移ってきた感じがあります。

しかし、産業の新たな中心地であるだけでなく、シュタイナーのことに興味を持っている人たちにはなじみのある町です。最初のシュタイナー学校を初めとして、たくさんのシュタイナー学校、オイリュトミー学校、病院、教員養成所、キリスト者共同体の教会など、シュタイナー関係の中心地の一つでもあるのです。

ペロルさんのお宅は町のはずれの住宅地の中にあります。ドイツの町は周りを広い森で取り囲まれているのですが、その森のすぐそばにお家があり、時間があるときはいつもその森を散歩しました。

ペロルさんのお家は3階建てで、半地下もあるので、計4階建てです。地下にオイリュトミスト(オイリュトミーをされる女性の方)3回には私たち夫婦が間借りをしていました。



ペロルさんは、シュタイナー学校の初めての生徒で、5年生(?)から編入されたそうです。「R・シュタイナーが前で話をしていたのを覚えている。」と語ってあり、化粧品を初めさまざまな容器販売の会社を運営する傍ら、このシュタイナー学校の理事として、始終話し合いに参加されていたように思います。また奥さんとともに学校の生徒たちの音楽会、演劇、その他の催し物があるたびに出かけられていたように思います。ほとんどシュタイナー学校とシュタイナー思想の中に生きられていたように思います。でも、何一つ説教がましいことを言うわけでもなく、普通の人として私たちに応対してくれました。



この写真は食卓で玄関を入って左に曲がったとことにあります。寒い日も、暗くなった日も玄関前で靴をとんとんと鳴らし土や雪を落とすとその前を通り、階段を登っていきました。あるときは誰もいず、あるときはペロル夫妻、あるときは孫たちが座っていました。

ここで、時々お茶に誘われて、一生懸命なれないドイツ語を話していこともあります。

今は、私の中の心象風景として深く心の中に残っているものです。


05.03.18    井手芳弘 ide@perol.net