商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第21回 ドイツ旅行・2


それでは少しニーダーさんの工房をご紹介したいと思います。
前回外からの写真をお見せしたのですが、今回は部屋の中の写真です。



この家の中には住居と工房があり、その工房も弦の制作室、木工機械室、ライア制作室、セミナー室(未完成)と分かれています。そのどれをとってみても、とても整理されていて、美しい楽器はこのような整理された空間から生まれるのだな、と私自身の工房の混沌を思い起こしながら深く頷いてしまいました。現在、この工房で二人の職人達が働いています。一人はマーチン、この工房で修行をしてマイスター(職人)の資格を取り、最近この工房で再び働き始めました。ちなみに、ライア作りのマイスターになるためには、工房で実習しながら、並行して弦楽器職人のための学校に通わなければなりません。そこではライアだけではなく、バイオリンやギターなど、ほかの楽器も一通り作れるようにならなければならないそうで、なんと、この地域にある学校は世界的にも有名な学校だそうで、世界各地の人がやってくるそうです。そういえば、昔パイプオルガンの工房の話をテレビで見たことがありますが(昔はよくテレビを見ていました)その工房もボーデン湖畔にあったように記憶しています。都会から人里は慣れた文化の過疎地、だと思っていた場所は、実は最も音楽文化の盛んなところだったのですね。もう一人の職人はヨーク(両方ともファーストネームで呼び合っているので苗字は分かりません)、ゲルトナーのライア工房で長年働いてきた職人さんで、作ったライアの数知れず、「千と千尋の神隠しで有名になった木村由美さんのライアも自分が作ったのだ。」と話されていました。ただ、量産体制にあったゲルトナーライアの作り方とザーレムライアの作り方が全く違うこと、ライアに対する取り組みが異なるので(形はほとんど同じに見えるけど)、長年体にしみこんだ方法を変えることは新たにライア作りを学ぶことより大変なことなのだ、とニーダーさんは語っていました。また、バイオリンとライアの違いをこうも語ってくれました。
いいバイオリン職人は、すでに完成した昔の名器をいかに寸分たがわず模倣するか、にかかっているが、いいライア職人は、とにかくまだ完成されていない理想的な形を目指してそれぞれが改良を加えていくことだ。」と



さて、ニーダーさんはご自分でライアの絃を作られているのですが、これがその弦の製作機械です。ライアの弦はすでに工業的製品として機械的に出来上がるものだとばかり思っていました。私の頭の中には、細い線がコイルのように規則的に巻かれたライアの弦がまさか人の手で巻かれていようとは、巻くことが出来るとは考えたことすらありませんでした。両側の円柱形の物体がモーターで、その間に弦が張られます。
その芯になる弦に、細い巻き専用の線を手でつかみながら巻いていくわけですが、スイッチを入れてモーターの回転を少しずつ上げていくとその細い線がシュルルルと巻き取られていくさまはとても小気味いいものがあります。ニーダーさんは弦作りのリストを見ながら、この太さの芯線、この巻き線、と手際よく取り替えると次から次に弦を作っていきます。ただ、簡単そうに見える弦作りも、実はとても微妙なもので、手で押さえる力や、その他ことで出来上がりが全く違ったものになるそうです。以前、「有名な弦メーカーに頼んだけれど、こんなものがやってきてしまってどうしようかと悩んでいる。」と言って、その弦を私に見せてくれました。その弦はとてもきちんとしているし、どこに問題があるのか、と私は正直思ってしまいましたが、彼の作った弦を持ってきて比較してみると、ニーダーさんの弦は限りなくプニプニしているのでした。違いはただ、指加減だそうで、うーんとただうなるばかりでした。



作った弦はこのようにきちんと整理されています。この下の布が敷かれたテーブルでライアの弦張りが行われます。このようなものを私のほうでも作ったらどうか、と提案されたのですが、うーん湿気の多いわが国ではやっぱり考えます。ここだけの話ですが、これほど整理されているライア作りとは裏腹に、彼のオフィスは混乱状態だそうです。なんだか親近感を覚えます。



この部屋は機械加工室で、木工機械が所狭しと並んでいます。ここで、長年寝かされた木材が加工されていきます。荒削りの木からあの美しいライアが生まれてくることを想像すると、魔法としか思えなくなってきます。



その部屋の屋根裏には、ある段階まで加工されたライアが積まれています。こうしてまたしばらくの間寝かされひずみが取られていきます。



この部屋ではフレームの組み立て、共鳴板の張り合わせ、削り加工、塗装、ピンの穴あけ、ピン立て、などライアの製作工程のほとんどが行われます。前回は二日中、今回も一日中この部屋で話し続けました。窓の外には雪景色の広い世界が広がり、そこから柔らかな日差しが射しこんでいました。


05.03.04    井手芳弘 ide@perol.net