商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第17回 冬の日ざしの下で


冬の楽しみは、葉を落とした木たちとの出会いです。それまで葉の衣に覆われ、身体をそよ風でゆすっていた木たちは、その衣を脱ぎ(うう・・・寒そう、よりによって冬に)自分の身体を透かせていきます。夏の間うっそうとした森でベンチまで遠いと感じていたのに、葉が落ちてみるとすぐ近くにあるように感じたことがあります。なんと森全体が透けて見えるようになっていたのです。木々たちは、今度はその身に直接光を浴び始めます。それは何だかとても心地よさそうに見えます。それは、体の髄を日向ぼっこさせているような。

きっと、思っていることでしょう。「これまであった事なんて、本当はたいしたこと無いのさ。もっと、気持ちを大きく持って本質に戻ってやっていこうじゃないか。」って。そういいながら、木々はその体と枝々を太陽の光で白く反射させていました。




そんな木々を見ていて、いつの頃か何だか不思議な気がしてきていました。何だか木の枝々の反射が一つの模様に見えてきていたのです。大体、新たなことに気がつく時ってこんな感じなんです。何だかわからないけれど、何か変な感じがして気持ちが治まらない(いい意味で)、何ともいえない胸騒ぎを感じてしまい、何でかな、何でかな、って考え始めるのです。それがはっきりしてきたのは、この日向峠の桜の木たちのおかげでした。

ある晴れた冬の日の午前中にこの峠を車で走っていたとき、はっきりと枝の反射のパターンが見えてしまい、あまりの美しさ(当人はこれがやけに美しく見える)に運転がおぼつかなくなってしまいました。よくよく眺めてみると、木々の枝の反射の一つ一つが集まって一つの同心円を描いていたのです。そして、その同心円の中心にはまばゆく輝く太陽がありました。不思議なことに、自分が歩いていくと太陽は木の枝の後ろを移動し、その同心円もそれにつれて場所を変えていくのです。考えてみると本当に不思議なことです。木の枝はてんでんバラバラに生えているいるわけで、何の秩序もありません。その枝に光が反射しているわけですから、何の秩序も生まれそうにないのですが、現実というのは不思議なもので、光の反射だけが一つの秩序を作っているのです。(そうか、てんでんバラバラな私たちもお日様の光を反射することでつながっているんだ)それから、この峠を越えるのが楽しみになり(元から楽しみなんだけど)何度となくこの情景をながめては堪能しました。

それから、いろんなところに行ってはこのパターンを探すのですが、それほどはっきりと表れているのを見ることはありません。これもなぜかなーって考えて何度か峠に足を(車を)運ぶことになるのですが、実はその秘密はその背景の暗さにあることに気がつきました。



別の桜の木の写真なのですが、明るい空の背景の前にある枝が単なるシルエットの枝なのに対し、その下の背景が暗い前の枝には太陽を中心とした同心円の反射の輝きが見えるではありませんか。実は、この峠の桜の木の背後には山が迫り、山には光が当たらず、手前の桜の木にだけ光が降り注いでいる為に、暗い山の背景に桜の木の針のような枝の同心円がはっきりと見えていたことに気がつきました。

このことに関してもっと詳しく知りたい方は、らせん教室のバックナンバー2004年度版を読んでください。

<ううむ、自然とは、現実とは何とこのように複雑なものよ>

<光は必要なくせにその背後には暗さが必要だとは>

ううむ、思い出してしまいました。前回の煙の話につながっていました。煙が青く見えるためには煙に光が当たり、背後に暗いバックが必要でした。煙もひょっとして同心円を描いているのでしょうか、見えないけれど。そういえば、ゴッホの絵にも太陽の回りに同心円が表現されています。ああ、眠れなくなってしまいそうです。仕事が出来なくなってしまいそうです。でも、何だか元気と勇気がわいてきそうな気もします。

そう、それは静かに雪の降るある夜のこと、身体を丸め歩いていたときに、ある一本の木の隙間から街灯が見えました。その木は街灯に照らされ、その枝の反射が街灯を中心に円く同心円を作っていました。それは、あたかも光の卵が木の枝の輝きの巣に包まれて安らいでいるかのようでした。

それから私はこの現象を、光の巣篭もり現象と呼ぶようになりました。


05.01.07    井手芳弘 ide@perol.net