商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第16回 煙の色は七変化


この世の中には、どう考えても不思議でわからないことが結構あります。その中の一つが煙の色です。皆さん、煙の色って何色だと思いますか。灰色?青?茶色? 普通は簡単に、灰色、と答えるかもしれません。しかし、実はそんなに単純なものではないのです。そのことを示す写真を撮る為にしばらく煙を探していました。



あまりうまくいっていないのですが、ここにある煙を撮ってみました(本当はもっとよくわかる写真をとりたいです)。少しわかりにくいのですが、暗いバック(山がシルエットになったもの)の手前に煙がたなびいていて、その煙はそのシルエットの上の明るい空まで昇っていっています。そのときの煙の色をよく見てみると、暗い背景の手前にあるときは鮮やかな青い色をしているのに、それを過ぎて空が始まると、とたんに茶色のような、オレンジのような色合いに変わってしまいます。それでは、煙の色は何色か、と聞かれたときになんと答えればいいのでしょうか。ある場合には、青だし、ある場合には白っぽいし、あるときはオレンジ茶色であるし、なんて言ったら、「結局煙の色自体は何色なのですか。」と言われてしまいそうですが、実は不思議なことに煙はある決まった色を持たないのです。背景の明るさによって自分自身の色を変えているのです。あらためて、色とは何か、と考えさせられてしまいます。

このことを知ったことで、私はある意味救われました。というのも、子どもに対する質問の答えたときに「先生は、あるときはこう言い、別の場面では全く違ったことを言われていて、全く一貫性がありません。」と指摘を受けていて、私としては一貫しているつもりだけれど、と考えていたのです。そう、背景によってその色は違ってくるのです。

ゲーテの色彩論の原現象を学んだときに、<濁りのある明るい空間を通して暗い空間を見ると青く見え、濁りのある暗い空間を通して明るい空間を見ると赤く見える>ということを学びました。前者は空の青であり、後者は沈む前の太陽の赤です。この現象をいろんなところに探したときに出会ったのが、一つは遠い山の青、ともう一つは煙の色合いでした。

この煙の色合いに気がついたとき、私は正直言ってぞっとしました。だって、それはまさに七色に色を変えて昇っていく一匹の龍に見えたからです。悪いことに(?)私は流れる物の動きを学んだことで、その動きの原理がわかるようになっていたこと、それにオイリュトミーを三年ほど集中してやったことで煙の動きを完全に掴んでしまったのです。つかんでみるとそれは本当に生きた一つの生命体の動きでした。そして、おまけに移動して違う方向から見ていくとその色合いが次から次に変化してくるではないですか。それは、虹色の龍が「ほら見てみろよ。俺はここにいるぜ。」と言いながら、ニヤリとされた感じでした。それからというもの、車を走らせるたびに、野焼きの煙や煙突からの煙が「ほら見てみろよ 俺は昇っているぜ。」と語りかけてくることから目をそらすのに大変です。

それからよく黒い紙の上に色チョークで煙の絵をたくさん描くようになりました。そもそも、教員養成ゼミナールの授業で黒板絵の練習として、黒い紙に色チョークで絵を描いたのが始まりで、それからはまってしまったのです。山や建物の暗い背景から空に向かって昇る煙を描くときに、暗い背景を青いチョークで描き、それから空の前の部分を茶とオレンジで描いてみると、不思議や不思議、煙だけでなく、光が差し込んだ空間までも描けてしまいました。それからいろんなシチュエーションで煙を描いて見ました。

秋口によく籾殻焼きをします。籾を蒔くための土の中に混ぜる為です。富士山、もしくは開聞岳のように積まれた籾殻の真ん中に煙突が立っていてそこからさながら火山の噴火のように、でも静かに煙が出てきます。暗くなる前に焼き終えてしまわなければならないので、勢い朝早くからやることになります(実は母親にせっつかれてしぶしぶ始める)。朝日が昇ったばかりの早い空気が静まった時間帯に静々と煙が昇っていくのですが、それはそれは見事な色合いです。山の端を過ぎた煙は怪しいオレンジ色に輝き、なんと、その影に目をやると、美しい紫色をしているではありませんか。とたんにその苦行が楽しい行為に変わっていきます。

付録として、<雲の鳥>の飛翔の写真も載せました。


本年もお付き合いありがとうございました。


04.12.17    井手芳弘 ide@perol.net