商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第14回 おまつり




これは、10月30日、31日に初めてラウムで行った、福岡シュタイナー教室の展示会の様子です。皆さんの広報の甲斐があって、予想以上の人々が訪れてくれました。お母さん方のバザーも盛況で、ほとんどのものが30日に売切れてしまいました。また、各手作りコーナーでは、和紙染めカード作り、トランスパレントスター作り、ローズウィンドウ作り、フェルト作り、と盛り沢山の内容でした。当の本人は、店番をする人間がいなかったために、ほとんど店に張り付いていて、ほとんど手伝いが出来ませんでした。



30日の夕方、辺りが暗くなりかけた6時ごろ、みんなが作ったランタンに火を灯し、行列しました。

このラウムは静かな住宅地(団地のそば)にあり、すぐ近くには室見川が控えているとても環境の良いところです。その室見川では毎年春になると白魚漁があり、取れたての生きた白魚を食べさせてくれる臨時の小屋が建ちます。40人近くの子どもたち+同じ数ぐらいの大人たちは手に手にランタンを持って長い行列になり、その葉が色づいた団地の桜並木を抜け、室見川へと歩いていきました。そこでわたしから簡単なお話をした後、また来たところへ、でも折り返すのではなく、川沿いを歩いてまたもとのラウムの場所に戻っていきました。子どもたちは、思い思いに話しをしながら。今考えると、何か目標があったらよかったな、と思いました。

BBSの会話の中でもお話しがありましたが、ちょうどこのころドイツのほうでも聖マルティン祭が行われ、子どもたちがランタンを持って行列をしたということでした。あたりに暗闇がやってくるころ、自分たちの中に明かりをともして、その明かりを守りながら歩いていくという行為は、今の子どもたちにとってとてもよい体験になるのではないかと思います。概して、今の子どもも大人も、自分の中に熱を込めることがとても難しい世の中になっていると思います。これまで、つたないながら、子どもたちとそういうテーマを持った劇をやったりする事でその体験をしてもらいたいと考えていました。子どもたちに何か大切なことを体験させ、分かってもらうためには、教え込むことではなく、そのことを行動させたり、表現させたりするしかないのだ、ということにいつのころか気づき始めました。そういう意味では、季節のかかわりの中で行われるお祭りがとても大きな意味を持つように思います。

シュタイナー幼稚園の課題のひとつに、原初的な宗教体験を再び息づかせ、それを体験させていくこと、とあったように思います。そのためには、今存在している各お祭りの根源的な意味をもう一度よく考えることではないかと思います。そうすることで始めて、新たな意識で子どもたちに必要な深い体験に導くお祭りが可能になってくるように思います。

そういう見方で見ると、シュタイナー幼稚園などで行われている各行事はとても、よく考えられて、芸術性に貫かれていると感心することが多いです。芸術性に貫かれているということは、<全体が自然な姿で繋がっていて、わざとらしさがないということでもある>と私は考えています。私が苦手なのは、妙な、浮いた子どもじみた、幼稚な言葉やしぐさです。子どものころから、この手のことが苦手だったのかもしれませんが(幼児番組でみんながお兄さんと一緒に体操をしているときに、必ず、何もせずにボーッと立っているだけの子どもが2、3人はいますが、その手の子どもだったように思います。)、今でも、全くなじめません。それでは、幼児の子どもたちとうまくいかないのではないか、とお思いでしょうが、子どもたちは大人が考えるほど幼稚ではなく、はるかに高い感性を持っているように感じます。

それは、今からやってくるクリスマス前に行う、アドベントスパイラル(私たちのところではりんごロウソクと呼んでいる)の行事のときにいつも体験させられることです。この行事は、もともとドイツで一度体験したシュタイナー幼稚園の行事を、日本の子どもたちにも体験してもらおうと始めたものです。部屋の中央に木の切り株を置き、その上にローソクを立て、その切り株が渦の中心になるように、針葉樹の木の葉で渦の道を作り、その途中に紙で作った円盤を子どもの人数分だけ敷き、子どもたちは手に手に穴の開けられたりんごにローソクを立て、渦の中心の明かりをそのローソクにつけては自分の場所においていく、というだけのとても単純な行事です。しかし、この行事の最中子どもたちはとても真剣に取り組み、親からの押さえつけがなくても、その場を壊す子どもはいません。共生されない、場の力のすごさをいつも感じさせられます。たぶん、この行事がとても理にかなった深いものであるからなのでしょう。私の役目、必要なことは、そういう場を少しでも作っていくことかな、と思います。

そう、考えてみるととても子どもの行動は不思議です。人形を座らせて、ままごとをやっている姿などを見ると、一つの宗教的な儀式のように感じてしまいます。



あ、皆さん言い忘れていました。今度の21日の私の講演会の参加者が少ないようで、とても残念です。現代人としての意識と科学的知識を持った(と思っている)私たちが、どのように子どもたちを理解し、自分を欺くことなく子どもに分かるようにかかわっていけばよいか、ということについてお話をしたいと思います。もう、こういう話をする機会はこちらでは持たないと思います。皆さんのご参加をお待ちしています。また、素敵な手作りも用意していますので、子どもたちへのもう一つのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか。


04.11.19    井手芳弘 ide@perol.net