商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第13回 思い違いと秋の影


秋になるとやっぱり思いは影に向かいます。
私がひきつけられていたのは、一方で陽だまりやお日様の反射(つれづれ12参照)なのだったのですが、もう一方では深い影、中がボーっと輝く影に深く心を奪われていました。考えてみたら、陽だまりも、周りを影で深く覆われていくから最後にくっきりその場所が意識されていくわけで、結局、両方とも同じ質のものかもしれない、と思います。世界は、私の意識は、光と影と言う両極端へ昇華していくのでしょうか。
時々思うことがあります。ドイツでシュタイナー教育やR.・シュタイナー的な世界の捉え方を学ぶことができてよかったなと(時々ではなく、いろんな意味で大変お世話になっています)。その中の一つが影に対する理解です。授業で学んだわけではないのですが、そこで出合った本の中にたくさんのヒントがありました。闇や影に対する考え方を学んだおかげで、自分なりに進めていくことができました。以前は理解や知識を増やしていくことで、純粋でなくなって、感性が阻害されると考えていましたが、知識や理解にもさまざまな種類があり、偏見を与えたり、外に対して開かせなくするものもあれば、新たなことを次々に発見するヒントになるようなものもあることに気がつきました。たぶん、後者の知識をドイツでいただいたことで、それまで自分が無意識的に気になっていたことに光を当てることができるようになりました。そのおかげでいろんな所を歩いていても退屈することがなくなりました。そして、より影や光が自分にとって身近なものになってきています。いやむしろ、心穏やかではなくなりました。とにかく、影が、光が気になって仕方がないのです。落ち着いて考え事ができなくなったりします。また、落ち込んで眺めていても、いつの間にか意識が影のほうに向かっていってしまって、気がついたらまったく違うことを考えていることが多々あります。いつも、今日は何にも写真を撮るようなことはないだろう、と写真機(?カメラ)を置いていった挙句、面白いものに出くわして急いで取りに戻ることが再三です。


最初の写真はそんな中の一つ、松の木の下にある敷石の写真を撮ってみました。まあ何の変哲もない写真と言えば言えるかもしれません。その中にさまざまなことが隠されていることはさておいて、皆さんこれを見て何を感じますか、何を連想しますか。

私は、これを見たときに「ああ微妙に青い色の付いた光が降り注いでいるな。」と感じました。

たぶん、上のほうに色つきの屋根かひさしがあるのか、青い色が薄く塗られた金属か何かに反射した光が射しているのだろう、と判断しました。「このように私はよく気がつくのだ、ムフフ。」とひとりで悦に入りながら。そして、上を見上げました。でもそこには松の木と公衆トイレの屋根以外に何も青い光を投げかけるものがないのです。そして、白々としてしまいました。不思議に思ってまた敷石を眺めてみるとそこには、なんともいえない青い光が射しているのです。

私は立ち尽くしてしまいました。???なぜだろう、なぜ、なぜ、たしか、それまでは何か考え事をしていたと思うのですが、そんなことは何だったのか、すっかり忘れてしまいました。

しばらく、敷石の光を眺めた挙句、やっと気がつきました、まったく同じ種類、模様の御影石で出来ているのに、青い石とやや褐色が勝った石があるのに。実は、問題は光にあったのではなく敷石にあったのです。敷石の色に違いがない、と言う判断をしてしまったが為に、違いのないはずの光に違いがあるように見えてしまったのです。青い敷石と褐色の敷石に違った特徴があればそんな風には思い違いはしなかったでしょう。では、なぜ同じ石なのに色の違いがあるのか??? 新たな疑問の始まりです。・・・またそこでしばらく立ち尽くす・・・

そう、それは公衆トイレの屋根にあったのです。実は、屋根が銅板で葺かれていてそこから流れ落ちた銅を含んだ水が敷石の上に流れる落ちる場所がうっすらと銅イオンの色(青)が付いたのでした。まさかそんなことは考えないから・・・現実はやはり小説より奇なのでしょうか。

きっと、それほど、(いやまったく)たいしたことでもないんですよね。

その他の影の話
それは、円がどこから見ても楕円であろうか、と言うことを知りたくて、世界で二番目に大きなゴンドラの写真を撮りに行ったときのことでした。こんなに大きなものでも歪まずにきちんとした楕円として写るのか、とカメラを構えたのは良かったのですが、あまりに被写体が大きくカメラに入りきれませんでした。その時に、地上を動いていく不思議な影の存在に気がつきました。その影は駐車場のアスファルトの上をスーッと動いては、また次の影がスーッとやってくるのです。それは、自分自身が無意識の何かに吸い込まれてしまいそうな不思議な感覚に襲われました。よくよく探してみると(いや実はすぐにピンと)、それが、世界第二のゴンドラの影であることがわかりました。物体が離れれば離れるだけ影はぼやけてくるということは知っていたのですが、まさか、こんな影を見ようとは思いもしませんでした。第二の<現実は小説よりも奇なり>です。その影がある車のそばに忍び寄ると、その中に、今まで存在しなかった明かりを映し出します。

ああ、やっぱりこんなことばかりはしていられない。



04.11.05    井手芳弘 ide@perol.net