商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第8回


もうオタク的なことについて書くのはやめようかと思いましたがそう思った矢先にとんでもないものが私に、まだあるぞ、まだあるぞと見せてくれて、オタクでないタクシーの運転手さんもすぐに見つけてくれたのでやっぱり書くことにしました。


それは、東京に飛ぶ7月18日の朝、不安に駆られながらもタクシーを待っていたときのこと、朝6:30ごろ、にわかに薄い雲が色づいてきて、次から次に色づいて、私の出発を祝ってくれました。ついついたまらずにパチパチと写真を撮ってしまいました。
だって、ずっと彩雲を見続けていたのに、このときほどはっきりと、美しく出たのは初めてだったからです。ほとんどの彩雲は玄人でないとわかりにくいくらい淡い色づきなので、その場所を指し示しても、ほとんどの人はそれを見ることができません。
でも今回だけは違いました。それはそれは美しいもので、身の回りにまだまだこんなに、いやこれほどまでに、すばらしいものがあるとは世の中そんなに捨てたものでもないと思います。でも、これらの現象が頭の上で起こっていても、ほとんどの人はそのことに気がついていません。ということは、私が気づかない間に、すばらしい何らかの現象が起きているかもしれないわけで、これから先も、新たな現象に出会えるかもしれないと思うと楽しみです。
この彩雲現象については、また気が向いたら、このコーナーでお話したいと思います。

さて、夏休みは、私にとっては、普段会わない人や子どもたちと会う機会です。
今回は、夏休みが始まると同時に狛江の一年生の子どもたち、それから大人の方たちと講座を共にしました。そして、4、5日おいて今度は子どもたちとの合宿をやりました。この狛江の講座は数年前からの付き合いで、そこで熱心に活動されているSさん(名前を出したほうが良いかどうかわからないのでとりあえず)との出会いから始まりました。Sさんはとても活動的で実践的、かつ、いろいろな人たちとの関係をつなぐ創造的な方で、そういう人の周りにはやはりそういう人々が集まってきます。昨年は東京都民の森の近くの桧原村で4日間かけて家作りをしました。雨が続く悪天候の中たいへんな思いをしながら全員が一丸となって、森の中に大きな家(小屋?)と上学年の子どもたちはそれぞれの家を建ててしまいました。


本当に建ててしまった、という表現が適当なほど、大変な思いをして作り上げました。午前中は私の授業と田村先生の水彩の学び、午後はとにかく家作りに励みました。そして、できあがったメインの家の中で焚き火をし、その中で40人ほどの子どもたちが古谷さんという語りの方のお話を聞きました。

今年は、奥多摩の日原というところで3日間の合宿を行いました。ここには険しい山、きれいな川、鍾乳洞、巨樹など、自然が豊富なところです。そこで、午前中に堀先生、田村先生、私の三人による学びの後午後からは、鍾乳洞の中の真っ暗闇、山登り、巨樹ツアー、焚き火、カムイの火の儀式(カムイノミ)などの体験を行いました。食事はすべて、そこに参加している子どもたちのお母さん方がマクロビオティックの食事を作っていただくという贅沢なものでした(昨年もそうでした)。今年の分は残念ながら写真がありません。

日々の教室で子どもたちに、大人の人たちに育てていただき、このような特別講座に臨むことができるのですが、この狛江の特別講座では、夏の特別企画ということもあり、スタッフの方々も創造的で柔軟なので、いつも私が普段考えないし、やったことのないような水準の高いことに自分自身が取り組めて、とてもいい機会になっています。合宿が終わった次の日から、シルクスカーフに絵を描く講座、ライア作り講座、アルゴー船の合宿と続き、なんとか今日までたどり着きました。
そんな中で、普段の教室も含めて感じることは、お母さん方がとても熱心に活動されていて、そんな中に包まれている子どもはとても幸せだろうな、ということです。子どもに、「ああしなさい、こうしなさい。」と指図ばかりするよりも、子どものために皆で何かを作り上げていくというその行為そのものが子どもたちにとって一番いい教育になるのではないか、と思います。現に、そういうところに来ている子どもたちは、表面的にはとても腕白だったりしますが本質的にとてもいい子たちです。そのために、私のほうで何らかのお手伝いができれば、といつも思います。そして、講座が終わった後、子どもたちの表情、そしてその表情に射しているその子たちの気持ちが思い起こされて、なんともいえない気持ちにさせられ、また頑張ってみようという気になります。


04.08.06    井手芳弘 ide@perol.net